新潟のイタリアンはまずい?それともおいしい?B級グルメの真相!

お出かけ&旅行

全国各地、至る所にB級グルメなるものが存在します。

有名どころから全く知らない物まで様々。

 

今回はその中でも新潟の代表的なB級グルメ
「イタリアン」に焦点を当てたいと思います!

 

「イタリアン」はテレビで取り上げられることもあるので、新潟県民でなくても知っている方も多いかと思います。

 

知らない方のために簡単に説明しますが、「イタリアン」はあなたが想像している物とは恐らくまったく違うものです。

 

「イタリアン」と聞くとイタリア料理の総称?なんて感じがしますが、
新潟県民が愛する「イタリアン」はまったく別物です。

 

「焼きそばっぽいものにトマトソースのような
ミートソースのようなものがかかったもの」です。

 

ずいぶんあいまいですみません。

でも実際そうなんです。

 

「イタリアン」を知らないあなたは「なにそれ?」と思ったでしょ?

それのどこがイタリアンなんだと。

私もそう思います。

 

私は新潟出身で幼い頃から「イタリアン」を食べていますが、
なぜこれが「イタリアン」なのかなんて考えたことはありませんでした。

 

幼い頃から存在しているものだから

 

「雲」がどうして「雲」という名前なのか?と聞かれているのと同じようなものです。

 

「イタリアン」と検索すると「まずい」と出てきますが、そんなことありませんよ!

 

個人の好みもあると思いますが、
新潟県民のほとんどが「好き」と答えることでしょう。

 

私も、もちろん好きです!すっごく美味しいです!

では、なぜまずいという口コミがあるのでしょう?

 

みかづきのイタリアンってまずいの?気になるイタリアンとは?

スポンサードリンク

 

「みかづきのイタリアンはまずいのか?」

と聞かれれば、「おいしいよ!」と私は即答します。

 

子供の頃は家族と買い物に行ってよくフードコートで食べたものです。

高校の学校帰りにもよく食べました。

 

まさに思い出の味。

 

そんな「イタリアン」。

 

先ほどはずいぶんあいまいに説明してしまったので
ここでもう一度しっかり説明しようと思います。

 

みかづきのイタリアンは自家製太麺とキャベツ、
もやしを特製ソースで炒めて粉チーズで味付けされています。

 

そこに特製トマトソースをかけたら出来上がり。

 

横には白ショウガが添えられています。

 

それをフォークで頂きます。

 

麺の見た目や歯ごたえは焼うどんのようなんですが、
中華麺を使用しているので焼きそばのくくりのようです。

 

この説明で「本当においしいの?」と思うかもしれません。

この聞いただけでは美味しそう!と思いづらいところが、
「イタリアンはまずい」という噂になってしまうところなのかもしれませんね。

 

でもね、不思議なもので食べると
焼きそばとトマトソースが絶妙にマッチしておいしいんです!

 

他にもカレーソース、ホワイトソースが定番メニューとしてあります。


出典:travel.navitime.com

 

季節によっても別バージョンが販売されます。

他にもエビチリイタリアンとか、チーズハンバーグイタリアンとか、トマトツナイタリアンなんてのもあります。

 

どれもおいしいですが、私はやっぱりトマトソースが一番好きです!

 

イタリアンが食べられる場所はどこ?オススメのお店はここ!

みかづきは新潟に約20店舗を展開しています。

そのほとんどがショッピングモールやスーパーなどのフードコートにあります。

 

でも私の中でみかづきと言えば万代

 

万代シティバスセンター2階にあるみかづきです。

 

高校生の頃、帰り道によく行ってました。

友達がバイトしていたりして親近感のある思い出のお店です。

 

みかづきの本店でもあるので万代店がおすすめです!

 

新潟に住んでいないけど、
みかづきのイタリアンが食べてみたいあなたに朗報です。

みかづきのイタリアン、実は通販化されています!

お店の味そのままに、ご自宅で食べられるんですよ!

 

みかづきTシャツも可愛い❤️

まとめ

 

新潟の「イタリアン」は太麺の焼きそばにトマトソースをかけたもの。

 

和風なのか洋風なのかよくわかりませんが、
なぜかすっごくおいしいんです!

 

他にもカレーソース、ホワイトソースが定番としてあります。

 

多くの人がイタリアンと聞いて想像するものとはかけ離れていますが、
昔から新潟県民に愛されているB級グルメであり、ソウルフードです!

 

まだ食べたことがないというあなたにはぜひ一度食べてみて欲しいです!

 

コメント

  1. […] イタリアンについてもっと詳しく知りたい方はこちら […]

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました