花火が嫌いな理由って?意外と多い花火大会に行きたくない派の人!

お出かけ&旅行

夏の花火大会を毎年楽しみにしているという人は多いと思います。

 

しかし中には「花火大会が嫌い」、「花火が苦手」、「花火大会に誘われても行きたくない」という人もいるのです。

 

花火が嫌いで花火大会に行きたくない

そんなあなた。

 

友人や彼氏、彼女を花火大会に誘ったのに断られてしまったというあなた。

 

なぜ花火大会が嫌いで行きたくないのでしょう。

 

ひとそれぞれの理由がありますが大きな理由としては・・・。

 

  • 場所取りが面倒。
  • 人混みが苦手、嫌い
  • 暑いから
  • 行き帰りの電車が混み過ぎ
  • 花火の大きな音が苦手

 

という理由で花火大会を敬遠している人が多いようです。

 

花火が嫌いなのはなぜ?花火のここを苦手に感じていた!

スポンサードリンク

 

花火が嫌いで花火大会に行きたくないという人の心理についてみていきましょう。

 

場所取りが大変

花火大会に出かける人達が皆、少しでもいい場所でゆっくりと見たいと思うものです。

そのため、いい場所を確保するためには早めに行って
場所取りをしなければいけません。

 

夏の暑い中、早めに行って場所取りをし、
始まるまで待っていなければならないのは苦痛ですよね。

 

人混みが苦手

花火大会に一度でも行ったことがある人なら
わかると思いますが、激混みですよね。

 

人混みが嫌いな人にとってはこれもまたとても苦痛です。

人混みが好きという人は少ないと思いますが・・・。

 

特に女性は背が低いので男性より人混みの圧迫感を強く感じます。

 

なかなか前に進めなかったり、相手とはぐれてしまったり、
痛い思いをしてしまったり・・・。

 

トラウマになってしまうこともあります。

 

暑い

花火大会は真夏に行なわれることが多いですよね。

夜とは言っても気温は高いし、人が密集しているので気温が上がります。

 

暑くて汗だくになってしまうこともあるでしょう。

 

汗をかくと体のべたつきや、汗臭くないか?ということが気になりますよね。

 

恋人と一緒だとますます気になってしまい、花火に集中できなく楽しくない花火大会となってしまいます。

 

行き帰りの電車の混雑

行きはまだマシかもしれませんが、帰りの時間はかぶってしまいます。

 

みんなが一斉に帰ろうと駅に向かうので、
改札にたどり着くのも一苦労ということが多いです。

 

電車に乗ったところで当然座れるはずがないし、ぐったりしてしまいます。

 

花火の大きな音が苦手

花火が上がると「どーん!」と大きな音がします。

この大きな音が怖い、苦手という人もいます。

 

花火嫌いを克服するには?上手にやり過ごせるようになりたい!

花火嫌いを克服するには自分に合った方法で
花火大会を楽しむことがおすすめです。

 

暑いことが嫌だったり、人混みが嫌な場合は
涼しい室内から花火を楽しむことをしてみましょう。

 

窓際やベランダでお酒を飲みながらゆっくり観賞すれば、
暑さや人混みを避けられます。

 

また、テレビ中継で花火観賞も一つの方法です。

 

そういった余裕のある状態であれば花火を楽しめるのではないでしょうか。

 

そうすれば花火大会にも行ってみようかなという気持ちが
自然とわいてくるかもしれません。

 

ここまで話してきましたが個人的には無理をして克服する必要はないと思います。

 

行きたくないなら誘われた時に
行きたくない理由をちゃんと話しておきましょう。

 

それであればと代案を考えてくれるでしょう。

 

花火の音に恐怖を感じてしまう場合は克服することは難しいし、
克服できるとしても時間がかかります。

 

「私は大きな音恐怖症です」と公言しておきましょう。

 

あなたの気持ちも楽だと思いますよ。

 

まとめ

花火が嫌い、花火大会に行きたくないという人は意外と多くいます。

 

人混み、暑さから苦手意識を持っている人が多いですが、
中には花火の大きな音が怖いという人もいます。

 

無理に克服する必要はないと思いますが、
自分に合った方法で花火大会を楽しんでみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました