新幹線の切符の払い戻し方法って?当日OK?後日でも受付できる?

お出かけ&旅行

せっかく準備した新幹線の切符も、
急な都合で利用できなくなることは
誰しもあり得ることです。

 

いざ、そういった状況に遭遇した場合、
払い戻しについては
どうすると良いのでしょうか。

 

少なくとも何一つ
手続きを行わなければ、
全額失ってしまうことになります

事前に手続きの
ルールを知ることで、
スムーズに行動でき、
損失を回避することが
できることでしょう。

 

今回は万が一の
予定変更に備えて、
払い戻し方法について
準備しておきましょう。

 

新幹線の払い戻しっていつでもできる?当日の場合はどうなるの?

スポンサードリンク

 

新幹線切符の払い戻しには
手数料がかかりますが、
購入した窓口へ行けば対応してもらえます。

必要なモノは
払い戻し対象の切符です。

クレジットカードによる購入であれば、
購入時に使用したクレジットカード
お忘れにならないようご注意下さい。

 

払い戻し対応時間は、
もちろん窓口営業時間内に限られます。

当日でも対応可能ですが、
指定席券は対象列車が発車する前に
手続きを行う必要があるため、
予定が変わった時点で
なるべく早めに手続きを行う必要があります。

 

 

自由席特急券や乗車券に関しては、
有効期限内であれば
いつでも払い戻し可能です。

 

新幹線の切符の払い戻しは後日でも受け付けてもらえる?手数料とかあるの?

 

前述の通り後日対応に関しては、
指定席券の場合は不可能です。

自由席券や乗車券については
有効期限内であれば
乗車予定日を超えても
払い戻しを受けることができます。

ただし、できるだけ早めに
窓口へお出かけになることを
お勧めいたします。

後回しにして、
「気がつけば
有効期限を越えてしまっていた」
などと言うことがあると
目も当てられませんので…

さて、続いては
払い戻しの手数料について
ご案内いたします。

基本的には
自己の都合による払い戻しは
手数料がかかりますのでご注意下さい。

料金内容は次のとおりです。

 

1. 普通乗車券・自由席特急券の払戻手数料

220円
ただし、未使用であり
有効期限内に限ります。

 

2. 指定席特急券及び指定席グリーン券

  • 列車発車日二日前までは330円
  • 出発日の前日から出発時刻直前までは
    購入金額の30%
    ただし最低330円

このように
切符の種類により
手数料に違いがありますのでご注意下さい。

 

まとめ

 

仕事であれ旅行であれ、
快適は移動のためには
事前準備が必要です。

 

けれど、
不意に予定が変わってしまうこともありますので、
その場合、無駄を出さないために
どうすれば良いのか、
予め知っておくことで
慌てることもないでしょう。

 

もちろん、
実際に手続きを行う上で
不明な点があれば、
購入窓口へ問い合わせると
より詳しい手続き方法を
案内してもらえるはずです。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました