日差しと陽射しと日射し…同じ読みで意味も一緒?使い分けの方法は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





「日差し」
「陽射し」
「日射し」

スマホやパソコンなどで
文字を変換すると、候補がたくさん出てきますよね。

どれが正しいのか、どう使い分ければいいのか
迷ってしまいます。

日本語には、こんなふうに間違えやすい言葉が
たくさんあります。
間違えて使って、恥ずかしい思いをしたくありません。

恥ずかしい思いをしないためにも、
この3つの「ひざし」について意味や使い分けを
調べてみました!

3つの言葉を調べてみた結果、
3つの「ひざし」の意味はほとんど同じです。

では、
使い分けの間違いや正解はあるのでしょうか?

詳しく見てみましょう。

日と陽に差と射…似ている気がするけど意味に違いはあるの?

スポンサードリンク

「日差し」
「陽射し」
「日射し」

使用されている漢字を1文字ずつ見ていきましょう。

3つの「ひざし」の言葉の意味には違いは
ありませんが、使われている漢字の意味には
違いがあります。

そのため使い分けることによって、読み手の
「ひざし」の感じ方が違ってきます。

「ひざし」に関して言えば、
「日」は太陽そのものであり、
「陽」は日の当たる場所を指します。

漢字としての「差」はふぞろいな様子を表しますが、
「差す」は広く色々な「さす」として使われます。

「射」は勢いよく出すという意味、「射す」はまさに
「光が当たる」という意味です。

同じ読み、意味でも使われている漢字が違うと、
このように違ったイメージとなるのです。

それぞれの漢字の意味を見ていきましょう

・「日」
意味 太陽、太陽の光、昼、24時間、毎日、
日々、日本の略、日曜、日数の助数詞など。

・「陽」
意味 日、ひなた、日の光が当たる場所、
山の南側、川の北側、明るい、積極的など。

・「差」
意味 たがう、ちがう、くいちがう、そむく、
ふぞろい、さす、いれるなど。

・「差す」
意味 あるものが表面にあらわれる、
あるものが生じる、かざすなど。

・「射」
意味 いる、矢をいる、発する、うつ、
勢いよく出す、あてる、ねらう、さす、
光がさす、嫌になるなど。

・「射す」
意味 光が当たる

漢字の意味をよく理解した上で使い分けると、
文章としての表現が広がりそうですね。

より魅力的な文章になりそうです。

日差しと陽射しと日射しの使い方!使い分けの考え方とは!?

読みと意味が同じ言葉の使い分けについては、
基本的に正解も間違いもないようです。

しかし、使い分けることによって文章のイメージを
より豊かに表現できます。
内容にあった「ひざし」を使い分ければ、
文章が生き生きとします。

また、見た目で使い分けることもあります。
書や俳句は漢字と仮名のバランスや文字の形も
含めて作品とされるので、イメージに合う
漢字を選びます。

文字が重なる場合、見た目や読みやすさを
考えて使い分けましょう。

例 「日傘を差して、日差しを避けた」

「日傘を差して、日射しを避けた」

こちらの方が読みやすくてステキですね。

最後にそれぞれの「ひざし」の用例をご紹介

<日差し>
日差しに目を細める
日差しを浴びて目が覚めた

<日射し>
焼けつくような日射し
真夏の日射し

<陽射し>
ぽかぽかと暖かな春の陽射し
やわらかな陽射し

上記はほんの一例です。

「ひざし」という言葉を使う時の
参考にしてみてくださいね。

まとめ

「ひざし」を表す言葉は色々ありますが、
意味はほとんど一緒です。
意味が一緒なので、その使い分けについては
正解も間違いもありません。

しかし、その言葉を作る漢字の意味をよく
理解して使い分けることによって、
文章をより豊かに表現することができます。

同じ意味、同じ読み方でも使い分け1つで、
表現したいイメージを読み手に伝えられる
なんて、日本語は素晴らしいですね。

文字の変換中に疑問を感じたらそのままにしないで、
調べる習慣をつけると知識が増えそうです。

私も日本語の良さを活かした使い方ができるように
なれればと思います!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする