お局さんのストレスは気にしないが1番!心をコントロールする方法

スポンサードリンク

スポンサードリンク





新入社員の頃から、

「なんとなく嫌な感じかも?!」

と感じていたあの女性先輩社員。

おそらくその女性は、
お局様です。

女性が多く集まる会社では
よくあることが
お局様がらみのストレスです。

上司でもあり、
会社にとても仕事上は
力のある社員でもあり、
敵に回すと
自分の立場は苦しくなります。

面倒なことは避けたいですね。

ただ自分が過ごしやすい
環境を作れたらいい、
何とかストレスなく
過ごせる方法について
ご紹介致します。

お局さんからの嫌がらせを気にしない方法は?

スポンサードリンク

お局さんはどういった気持ちで、
いじわるや遠回りな嫌がらせを
しているのでしょうか。

お局さんは、

「自分の優位さを実感したい」

という気持ちが
とても強いようです。

自分の優位さを表現するために、
年下・社歴が浅い
というだけで
攻撃対象となります。

自分より綺麗、
秀でている能力がある場合においても、
お局さんのターゲット
されてしまうようです。

お局さんは
自分の地位を守り、
自分の能力を示すために
いじわるや
やっかみを手段として、
自分の地位を
確立しているようです。

お局さんにとって、
年下・社歴が浅い
部下に対する嫌がらせは
コミュニケーション方法の
一部であるため、
お局さんの嫌がらせは
回避したくても
できるものではありません。

そこで、
お局さんからの
嫌がらせを気にしない!
という対処法が効果的です。

ではその対処法、
具体的にご紹介致します。

1.自分の仕事だけに集中する

お局さんの御小言も
仕事の一部と割り切って、
業務の一環として処理しましょう。

会社では、
「仕事をするためだけに過ごす自分」
を演じるようにふるまうと
良いと思います。

お局さんの言葉一つ一つに
反応し過ぎず、
「予想通りのことが来たな」
というくらいに
受け止める体勢を
整えておきましょう。

2.お局さんの言葉を
自分の言葉に変換する

お局さんの伝え方に問題があって
ストレスになっていることが多いため、
言い方を自分で変換すると
仕事が良い方向へ進む助言として
受け止められることがあります。

お局さんの言葉には、
いちいちストレスの発端が
含まれていても、
柔軟に自分で解釈をして、
お局さんのお小言を
ありがたいお言葉に
変換してみましょう。

3.お局さんを味方に付ける

会社のことを知っている、
一定の業務について
スムーズに行える能力があるのも
お局さんです。

自分の仕事の進め方は、
実はお局さんの方法の方が
うまく行くこともあります。

お局さんが味方に付いてくれると、
怖いものはありません。

お局さんをどうにかする方法はないのか?

ストレスとなる原因が
お局さんの言動である場合、
職場でする仕事全てに
支障が出るくらい
追い込まれることもあります。

「お局さんをどうにかしたい!」
でも、面と向かって
意見するのはやはり出来ません。
お局さんを何とかする
うまい方法をご提案いたします。

・「人を変える事は出来ない」
と割り切る

嫌なお局さんを改心させて、
居心地の良い社内に
出来ればよいのですが、
人を変える事は
どんな状況においても出来ません。

人の行動は、
自分自身の意思が
伴って変化します。

お局さんは変えられない。
そのうえで、
どうすればこの状況で
自分の仕事が
スムーズに出来るかを
考えてみましょう。

「嫌だな」と思うことは一旦無視して、
他の頑張りたいことに集中します。

お局さんの言動を諦めて
自分の仕事に徹する、
仕事と割り切って接する、
お局さんと同様の仕事が出来るように
自分なりのキャリアアップに努める点。

このような、
【働くためのモチベーション】
を自分が設定し、
課題をクリアしていくと
良いと思います。

自分の仕事に対する
取り組み方が前向きになれば、
お局さんの存在や言動もまた
異なる一面が
見えてくるかもしれません。

・上司に相談してみる

信頼できる上司に、
お局さんからの嫌がらせについて
相談してみましょう。

女性より、
男性に間に入ってもらう方が
良い方向へ進みやすいようです。

ここで重要なことは【伝え方】です。

主観的な視点から伝えるのではなく、
客観的判断の視点から説明します。

一人ではなく、
同じ体験をしている同僚も交えて、
上司に伝えると
より客観性が出てきます。

上司に、

「こういったやり取りについて
どう思われますか?」

と、上司の意見を聞きに行く姿勢で
相談してみると、
お局さんについての情報を
少しずつ上司に伝えられます。

一度に全ての問題点を伝えるより、
まずは少し相談というところから
アクションを起こしてみましょう。

その後、
上司が以前より意識して
お局さんの言動について
気に掛けることがあります。

人としてどうかと思うくらい、
度を越えた嫌がらせの場合は、
会社の企業倫理、
社会的な道徳規範に反する要素を
含んでいることもあるため、
会社が判断することもあるでしょう。

まとめ

社会に出てみると、
仕事上で
人間的に受け付けない人とも
一緒に成果を
上げていかなくてはならない
状況があります。

職場での人間関係で、
自分の職務を全うできないのは
とても辛いことです。

自分なりの
心のコントロール法をもっていると、
考え方一つで
問題となっている現象を
変化させることが出来ます。

参考になれば良いなと思います。