スーツの春と冬の違いは見た目でわかる?初めてのスーツ入門!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





今年から社会人になったあなた。

または転職をして毎日スーツを着るようになったあなた。

ちゃんとスーツを着こなせていますか?

季節に合ったスーツを着用しているかどうか。

それで仕事のしやすさって変わります。

また、相手に与える印象も変わります。

商談相手や上司などには良い印象を与えたいものです。

一般的にスーツには春夏物と秋冬用。

そしてオールシーズンといったように季節ごとに合ったスーツがあります。

その季節に合ったスーツを着るのがいいです。

ですが、スーツってなにげに高いです。

「春夏用で1年をカバー出来ないかな?」

と考える方もいるかと思います。

でも、その際に冬なのに春夏物を着てる。

周りにばれたらちょっと恥ずかしいですよね。

そこで気になるのが、

見た目ですぐわかるのか?ということ。

ぱっと見では春物か冬物かはなかなかわかりません。

でも触ったりすると違いに気づきます。

毎日スーツを着ているビジネスマンの中にはスーツ好きな人も多くいます。

そういった人には見た目で気づかれてしまうかもしれないですね。

その季節に合ったスーツを着用することをおすすめします

春夏スーツを冬に着るとばれるの?
スーツの違いの見分け方は?

スポンサードリンク

冬に春夏スーツを着ていてもわからない人はわからない。

ですが、わかる人にはばれます。

春夏と冬のスーツの違いはまず生地の違いです。

春夏用は薄く織り方が粗い軽い物が使用されます。

反対に冬用は厚く織り方がきめ細かい重い物が使用されます。

触ったり、持ったりするとわかりますね。

ちなみに大体の重さの目安があります。

夏用 約230g
冬用 約260g以上

あくまでの目安でメーカーやスーツの種類によって違ったりもします。

もう一つの違いは裏地です。

夏用では背中部分の生地を省いた「背抜き」が主流です。

冬用は裏側すべてに裏地がついている「総裏」が主流です。

以上が夏用と冬用の大きな違いです。

当たり前のことですが夏用は涼しく冬用は暖かく作られています。

オールシーズンスーツがオススメ!
万能スーツのおすすめポイント!

オールシーズンスーツとは……

「背抜き」や「総裏」の組み合わせで出来ているスーツです。

生地や織り方はやや冬寄りで背抜きをすることで通気性が良くなっています。

1年中着れるようになっています。

近年はクールビズスタイルを取り入れている企業が増えています。

夏場にジャケットを着る機会は減ってきていますね。

より着る機会が多い秋冬に焦点を絞り、総裏仕様のオールシーズンスーツを着るのがおすすめですね!

  • 室内でお仕事をしている人
  • 時々しかスーツを着ない人
  • 電車や車移動が多い人

このような方には特にオールシーズンスーツがおすすめです。

また、暖かい地域にお住いの方もオールシーズンスーツが良いのではないでしょうか。

まとめ

一般的にスーツには春夏物と秋冬用。

そしてオールシーズンといったように季節ごとに合ったスーツがあります。

その違いは、ぱっと見だけではなかなかわかりません。

違いは生地と裏地。

春夏用の生地は薄く織り方が粗い軽い物が使用されます。

反対に冬用は厚く織り方がきめ細かい重い物が使用されます。

夏用 約230g
冬用 約260g以上

メーカーによって異なることもありますが大体の重さの目安があります。

裏地の違いでは……

夏用では背中部分の生地を省いた「背抜き」が主流です。

冬用は裏側すべてに裏地がついている「総裏」が主流です。

オールシーズンスーツは……

「背抜き」や「総裏」の組み合わせで出来ているスーツです。

生地や織り方はやや冬寄りで背抜きをすることで通気性をよいです。

1年中着れるようになっています。

  • 室内でお仕事をしている人
  • 時々しかスーツを着ない人
  • 電車や車移動が多い人
  • 暖かい地方にお住まいの方

当てはまるあなたはオールシーズンスーツがおすすめです。

季節やスタイルに合ったスーツでお仕事の効率をあげていきましょう!