JALの幼児2名連れの方専用優先座席ってなに?予約は?どんな席?

お出かけ&旅行

遠出や帰省などの時にとても便利な飛行機。

しかし、子ども、特に幼児がいると
簡単には遠出などがしづらいですよね。

 

幼児2名連れの時は注意が必要です。
酸素マスクの関係、つまり安全面の問題でなかなか
【家族みんな一緒に座れる席】の確保が難しくなったりします。

 

そこで登場するのが、幼児2名連れ用座席!

 

また、子供が小学生など大きくなると
連れていきやすいですが、
幼児だと大人しく乗るなんてまず無理です。

 

でも、JALの飛行機には、
そんな幼児連れのお客さまの
快適な空の旅をサポートしてくれるサービスや、
今回のテーマの幼児2名連れ用座席があるんですよ!

知っていましたか?

 

という事で、

・JALの幼児2名連れのお客さま用座席について

・その他の幼児連れの方向けのゆったり過ごせる席について

・JALとその他の飛行機での座席について

ご紹介しちゃいます。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

JALの幼児2名連れのお客さま用席ってどんな席?

スポンサードリンク

 

まずは、
JALの幼児2名連れのお客さま用座席が
どのようなものなのか
おおまかにご説明しちゃいますね。

 

JALの幼児2名連れのお客様専用席とは、

満3才未満の幼児2名連れであれば、
大人が隣同士一緒に座ることができる
座席のことを言います。

つまり、
大人2人が隣同士の席に座れて、
その膝の上に満3才未満の幼児を
1人ずつ乗せて座れる座席のことです。

 

幼児2名連れのシートと聞くと豪華なの?
とか思ってしまいますが、
席の仕様などは普通と全く変わりません。

 

要は酸素マスクの数なんです。

 

通常、2名掛けの席では、
何かあった時に酸素マスクが人数分+もうひとつの合計3つが上から下りてきます。

しかし、大人2人+幼児2人の場合で、
大人2人の膝の上に幼児を乗せている場合は、
合計人数が4名となるので、
3つの酸素マスクでは一人分足りない!
という事になってしまうわけです。

 

そこで、必要なのが、
JALの幼児2名連れのお客さま用席!

 

2人の大人がそれぞれの膝の上に1人ずつお子様を乗せていても
酸素マスクが足りなくならないように、更にプラスして、
1個余分に酸素マスクが用意されている座席、
つまり酸素マスクが4つ用意されている席が、
JALの幼児2名連れのお客さま用席なのです。

 

この席が一杯になってしまうと、
大人2名+幼児2名で座る場合、
隣同士では座れないんですね。

なぜって?
先程説明した通り、酸素マスクが足りないからですね。

 

この場合、通路を挟んだり、前後で座る事になってしまいます!

家族みんなでうるさくない程度に
お話などしながら乗りたいですが、
安全が第一ですもんね。

飛行機の予約は早めにしておくのが得策です!

 

予約自体はできてしまうことも

ちなみに予約段階では、
JALの幼児2名連れのお客さま用席じゃない席でも、
大人隣同士の指定だけならできたりします。

子供を膝の上に乗せる場合、
大人用の席を確保するだけなので!

が、当日お子様が2名一緒な事が確認されると必ず、
前後や通路を挟んだ酸素マスクが足りる席に
変更させられますのでご注意を。

 

その他の席ならクラスJの赤ちゃん同伴のお客さま優先座席がオススメ!

JAL(日本航空)の飛行機内には、
通常のエコノミーシートよりも
ひとつ上の座席クラスであるクラスJという席があるんです。

そこには、
【赤ちゃん(3歳未満のお子さま)同伴のお客さま優先座席】もあります!

乳児や幼児を連れた旅行や帰省向けの座席ですね。

 

エコノミークラスではなく、
ワンランク上のクラスJといわれる、
座席が広く、ゆったりとした座席間隔がある席なので、
子ども連れ、特に幼児連れのパパやママに
ありがたい座席になっています。

 

乗る飛行機の機種にもよりますが、
だいたいお手洗いの近くにあります。

お手洗いの近くという事は、
クラスJの中でも後方部分の座席に当たります。

 

パパやママには後方座席は
とても嬉しいサービスの一つです。

1歳くらいまでなら
大人しく膝に座っていてくれますが、
1~2歳になると
全然今までとは違い膝に座ってなんてしてくれません。

後方なら少しうるさくしてしまっても気が楽です。

また、
幼児が座る席には、

チャイルドシートがつけてもらえるため、
安心して空の旅をすることができます。

 

クラスJの座席は、
普通席といわれるエコノミークラスよりは
だいぶゆったりした座席。

子どもだけでなく、
パパやママも移動での疲れが少しは軽減出来るはずです。

お子様連れの優先座席が空いていなかったときは!?

優先座席が予約できなかった時にオススメの席があります。

窓側よりも通路側の座席の方がオススメです!

窓側よりも通路側の方が突然の移動など、
色々と対応しやすいので、
どうしても優先座席が取れない場合は、
せめて通路側の席を確保しておきましょう。

 

その他の航空会社で幼児連れにオススメの座席は?

 

JALでは、
・幼児2名様連れのお客様用席
・クラスJに赤ちゃん同伴のお客さま優先座席
が、設けられていますが、
他の飛行機はどうなのでしょう?

また、オススメの座席は
どんなものがあるのか
をご紹介していきますね!

ANA

優先席というのはないみたいですが、
体重10㎏までの幼児は
バシネットといわれる
簡易的なベビーベッドを予約することで
設置してもらえます。

 

スカイマーク

授乳カーテン席という
授乳中のママには
嬉しいサービスがあります。

スカイマークでは、
バシネットは扱っていないようなので、
ママやパパの抱っこや
膝に座らせておくことになります。

 

ジェットスター

2歳未満の幼児で、
予約時にベビーバシネットも
予約することで
設置してもらえます。
(運航機種により
設置出来ないこともあるので
確認してください。)

 

ピーチ

バシネットやチャイルドシートなどの
貸し出しはしていないようなので、
幼児(2歳未満)を2名連れだと
膝に座らせておく、
もしくは幼児用に座席を確保して
チャイルドシートを持ち込んで
座らせておくことになります。

 

 

以上が、JAL以外の
幼児連れの座席についてでした。

 

 

私は、以前妊娠中に
当時2歳の息子連れで
ANAを利用しましたが、
その際は通路側を確保してもらって、
抱っこしやすいようにしてもらいました。

帰りの際は、
後方の座席を貸切状態にしてもらったりして、
幼児連れにはとても優しい感じでした。

もちろん、満席などの場合は
そのようなことは出来ませんが、
空席がある場合は
ちょっとした優遇はしてくれるかも
しれないですよ。

 

JALやANAのような大手航空会社は、
幼児連れのお客さまに対しての
サポートやサービスが充実しています。

小さなお子様連れの場合は、大手航空会社の利用がおすすめですね~!

 

まとめ

幼児2名様連れのお客様用席は、酸素マスクが4つ降りてくる席でした!

安全が第一の規定になっているんですね。

また、幼児連れだと、
今までだとエコノミークラス以外
受け入れ体制があまり整っていませんでした。

それが、JALのクラスJで
優先席を作ってくれたことにより、
幼児連れにはだいぶ助かる状態になりました。

 

これからも
幼児連れのお客さまに対する
サービスやサポートが
徐々に浸透していくんじゃないかと思います。

 

幼児連れのお客さま用座席を予約して、
少しでもママやパパ、
子どもも快適な空の旅を
満喫できる優先席で過ごしてみてくださいね!

 

お子様連れで飛行機に乗るのなら、
おもちゃをもらえるシステムを知っていますか?

長いフライト時間にお子様が飽きずに遊べる情報です。
知らなきゃ損ですよ〜!

ANAでおもちゃをもらう方法はこちから

JALでおもちゃをもらう方法はこちらから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました