スーツの見分け方!ズボンの春夏と秋冬も見た目でバレるので注意!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





スーツのズボンが
夏物と冬物ごっちゃになってしまって、
よくわからなくなってはいませんか?

また、
「面倒だからスーツはこのままで…」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ズボンだけなら
夏と冬どっちを着てもバレない
と思っているそこのあなた!

もしかしたら
周りにバレているかもしれませんよ!?

恥ずかしい思いをする前に、
今回はズボンの夏物と冬物の違い
ご紹介したいと思います。

サラリーマンの皆さん、必見です♪

スーツの夏用と冬用の見分け方!ズボン編!どこで見分けるの?

スポンサードリンク

スーツのズボンには
ちゃんと違いがあるのをご存知ですか?

一番わかりやすいのが生地の違いです!

夏物の生地は?

まず、夏物は生地は薄く繊維が粗くなっています

夏物には綿や麻、
モヘアなどの素材が使われており、
夏でも涼しく着用できるようになっています。

冬物の生地は?

一方、冬物は夏物の逆で、
生地が厚く繊維が細かいんです。

ウールやカシミアなどの
暖かく着用のできる素材が使われています。

もう一つは生地の重さです!!

夏物と冬物は比べると数十グラムの差ですが
わずかに違います。

これは生地の厚みに関係していて、
生地が重なって重くなればなるほど
空気が外に逃げづらくなり
保温効果を発揮し、
冬は暖かく着用ができるんです。

夏はその逆で生地を軽くし、
重なりを無くすことで隙間ができます。

風通しが良くなるので
涼しく着用ができるというわけです。

生地の重さまでは相手に分からずとも、
素材の違いは見た目ですぐ判断出来てしまいます。

ジャケットは春夏物と秋冬物で使い分けているのに、
スボンだけはどちらかの素材で通す場合、
ジャケットとの素材の違いはすぐにバレてしまいそうです。

スーツは春夏秋冬で逆の季節の素材を着てもバレないか?

残念ながら、
バレる場合が大半でしょう。

ズボンの生地の重さまでは
相手にわからなくとも、
生地の素材や色合いで簡単にバレてしまいます

特に外回りが多い方は要注意!!

相手への印象に
影響が出てしまうかもしれません!!

「衣替えをしていない、だらしない人」
という印象を持たれてしまうより、
当然、
「衣替えをしっかりしていてキッチリしている人!」
と見られたいものですよね。

スーツもしっかり衣替えをして
TPOに合わせられるようにしておきましょう!

春夏スーツと秋冬スーツの見た目の違いや見分け方について、
また、春夏秋冬でスーツを買い換えたくない方に
オススメの方法についてこちらの記事で詳しくご紹介していますので
ぜひ参考にされてみてくださいね。

春夏のスーツを冬に着るのはおかしい!?一目でわかるので注意!?

スーツは見た目でバレる!しっかりと衣替えを!

冬物、夏物には
しっかり違いがあることがわかりましたね。

ズボンだけだからといって
真夏に冬物を着ていたり、
逆に真冬に夏物を着ていたら
やはり変ですよね…。

少し面倒でも、
スーツも季節に応じてしっかり衣替えをし、
気持ちも入れ替えるようにしたいものですね♪