おみくじに「待ち人 遅いが来る」ってあったけど…意味は何なの!?

季節のイベント

初詣に行ったらおみくじを必ず引くという方って多いと思います。

初詣だけでなく、神社に参拝の度に引くという方もいるはず。

金運、健康はもちろん重要ポイント。

 

 

もう一つの重要ポイントと言えば・・・

 

そう!「待ち人」です!

 

「待ち人来る」なんて書いてあった日には、心躍りますよね~♪

初詣に来ている異性すべてが運命の人に見えちゃったりして。(笑)

 

そんな妄想しながら気合いを入れて引いたおみくじが、

「待ち人 遅いが来る」

だった時のなんとも言えない気持ち。

 

来るらしいけど「遅い」って??

いつ!?

まさか10年後!?

 

「遅いが来る」なんてあいまいで意味深な書き方ですよね。

でも「来る」と書かれているので、「待ち人」は来ます。

 

問題は「遅い」ですよね。

この「遅い」ですが、あなたにとって、
「遅い」という意味らしいです。

 

そんなこと言ったら、引いた人次第で
意味が変わってくるじゃないと思ったあなた。

でもおみくじって本来そういうものなのですよ。

 

おみくじにあった「待ち人 遅いが来る」! 内容を詳しく解説!

スポンサードリンク

 

「遅いが来る」っていつなのよ!?って誰もが思うはず。

10年後とかだったら・・・

そんなに待てません。

 

「遅いが来る」について調べてみると

  • 次のおみくじを引くまで
  • 次の初詣まで
  • その年の後半
  • いつか

などさまざまです。

 

 

しかし、おみくじに書かれた意味の捉え方は、
引いたあなたの気持ち次第です。

 

 

あなたが「一週間も待てない」人だったら、
今日から一週間後がその「来る」日と言えるかもしれません。

「今日までずっと待っているのに・・・もう待てない!」

と考えるなら明日かも。

 

つまり「おみくじを引いたあなたにとって遅い」という意味。

「遅い」なんて言われたらなんだか気持ちが萎えますが、
来ないよりマシです。

 

遅いけど来るのだから、いつか来るだろう。

そんな気持ちで待ってみましょう。

 

おみくじの「待ち人」の種類は他にもある!どんな内容?

 

「待ち人」ですが、ほかにも色々あります。

「待ち人」って好きな人のことだと考える人が
ほとんどだと思います。

でも、そうとは限らないんですよ。

 

「待ち人」=あなたにとっての運命の人、出来事、もの。

 

その運命の人は、人かもしれないし、
人生の転機となるような運命的な出来事かもしれません。

 

会いたいなと待っているその人かもしれない。

思いもよらない他の人かもしれません。

新しい仕事かもしれない。

自分の長年の夢がかなうことかもしれないんです。

 

でも、何であってもいいことです。

それでは他の待ち人の種類をご紹介します。

  • 来たる
    ⇒来る。
  • 来たる 早し
    ⇒速やかに来る。すぐに来る。
  • 来るが遅い
    ⇒遅いが来る。来るけど遅くなる。
  • 来るとも遅し、往きて利あり
    ⇒来るけど時期的に遅い。こちらから行動した方が利がある。
  • 牛歩なり
    ⇒牛の歩みのようにのんびりと来る
  • みちにさわり有りておそし
    ⇒来るまでの道のりに何かしらの障害があり、遅くなってしまう。
  • 早く来ず、音信あり
    ⇒すぐには来ないけど、何かしらの連絡がある
  • 便りありて来る
    ⇒手紙・電話・SNSなど相手から連絡があってから来る。
  • 来る、驚くことあり
    ⇒来ると同時に、驚くような出来事(または物)を持ってくる。
  • おとずれなし来る
    ⇒おとずれなく来る
  • たよりなし来る
    ⇒連絡がなく突然来る。
  • 来る、つれあり
    ⇒一人ではなく誰かと一緒に来る。
  • 粘り強く待て
    ⇒粘り強く待っていれば、いつか必ず来る。

 

まとめ

 

おみくじは、

人間の幸せを祈ってくれている神さま・仏さまからのメッセージ

 

あなたが幸せになるような解釈をしましょう。

「遅いが来る」と言われても、来ることは来るのです。

 

ポジティブに受け止め、毎日を過ごしましょう。

きっといいことがありますよ。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました