取っておいて大丈夫?良いおみくじをずっと持っているとどうなる?

季節のイベント

 

おみくじをひいて、
大吉だったり、
書いていることがとても良かったりすると、
持ち帰ってお守り代わりにしよう
と思うこと、ありませんか?

 

お守りやお札などは、

1年で返すべき

ということは聞いたことがあるけれど、
おみくじってずっと持っていても
良いのでしょうか?

 

 

それでは、おみくじをずっと持っていると
どうなると言われているのか、
何か注意点はなるのか
ご紹介します。

 

良いことが書いてあったおみくじを ずっと持ってるとどうなる?

スポンサードリンク

 

おみくじは家に持ち帰っても良いそうです。

 

もちろん、おみくじをひいたときに
神社やお寺の
木などに結びつけるのもOKです。

ずっと所有となると、
いくつかの考え方があるようですので
ご紹介します。

1.ずっと持っていても良い

おみくじを持ち帰って所有しておき、
神様からの御言付け
として、日々の生活に役立てることも出来る
とも言われているようです。

たまに読み返して気を引き締めたり、
勇気づけられたりすることもありますよね。

良い運勢のおみくじは、
お守り代わりとして
所有していても良いようです。

2.持ち帰ってもいいが、  いずれ返しに来るべき

おみくじは、
神様からのお告げ
という意味があります。

いったん家に持ち帰っても良いですが、
神様からの授かりもの
という意味もあるので、

納得出来たら、
改めて神社やお寺に持ってきて
木に括りつける方が良い

という考え方もあるそうです。

 

神社やお寺に結びつけられたおみくじは、
定期的にお焚きあげといって、
火で燃やしています。

火で燃やすことにより、
煙とともに願いが天に昇る
と考えられています。

返すタイミングは長くて1年
と言われていることが多いようです。

 

 

初詣に行くときは、
昨年のおみくじやお守りを
持っていくのが良さそうです。

1年以内でも、
おみくじに書かれている
願いが叶ったときには、
叶ったタイミングで
お礼も込めて
返しに行っても良いようです。

 

お気に入りのおみくじは どこに入れて持っているのがいい?

大吉や、大切にしたいおみくじは、
キレイに扱いたいものです。

縁起物という意味も込めることが多いので、
おみくじを持っていたいと思う人は、
雑に扱うことも自然と避けますよね。

 

正しいおみくじの保管方法をご紹介します。

カバンやお財布、定期入れなどの
肌身離さず持つものと
一緒に入れておくのが良いようです。

 

重要なのは、
身に着けておくこと
のようです。

身に付けることにより、
神様からのご加護をいただく
という意味があります。

 

お守りやお札は家を守るもの
と考えられているので、
仏壇や神棚などに祀ると良いそうです。

 

【肌身離さず】という条件となれば、
やはりお財布や手帳、
化粧ポーチのような
移動の際にも持ち運ぶもので、
よく使うものの中に
入れるのが良いようです。

 

まとめ

良いおみくじを
ずっと持っていても良いのか、
という疑問にお答えいたしました。

 

持っていても良いという考え方と、
持っていても良いが、
いずれは返しに行くべき
という考え方があるようです。

いづれにしても、
おみくじを所有する場合は
大切に扱いましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました