新学期の自己紹介で好印象になるには?誰でもできるモテ自己紹介!

学校のあれこれ

新学期になってクラスが変わると必ず行うのが「自己紹介」ですよね。

 

誰でも一度は経験があると思います。

 

 

周りには初対面の人ばかりということも多いかと。

 

そんな環境で自己紹介をするとなると緊張してしまいますよね。

 

私もどの場面でも自己紹介は苦手です。

 

 

何を話そうか迷いに迷って考えたのに、結局簡単な自己紹介になってしまうことが多いんですよね……。

 

それに自分の順番を待ってると異様に緊張してきます。

自分の番になった時には心臓が飛び出しそうなくらいになっています。

 

でも新しいクラスや学校、部活等の第一印象はかなり重要です!

 

緊張しているからといって失敗はできません。

 

好印象を与える自己紹介をしてみんなと早く打ち解けたいものです。

 

好印象な自己紹介をすればモテちゃうかもしれませんしね!

 

今日は自己紹介で好印象を与えるコツやポイントについてお伝えしたいと思います。

新学期の自己紹介をどうしよう?好印象になるポイントとコツ!

スポンサードリンク

 

自己紹介は言うまでもなく相手に向けて行うものですね。

 

相手にとって心地良いもの、わかりやすい自己紹介を目指すようにしましょう。

 

笑顔

 

笑顔はとても大切です!

 

無表情の人より笑顔の人の方が親しみやすく、話を聞こうという気持ちになりますよね。

 

緊張してつい顔がこわばってしまうことが多いと思いますが、できるだけ笑顔を心がけましょう。

 

姿勢

 

姿勢が悪かったり下を見て話したりすると自信がなく、おどおどした印象を与えてしまいます。

 

背筋を伸ばすだけで自信があるように見えますし、自分の気持ちも前向きになります。

 

ぜひ試してみてくださいね!

 

 

緊張すると小さな声になってしまったり、早口になってしまったりします。

 

それでは相手に伝わりにくいですよね。

 

大きめの声ではっきり、ゆっくり話すようにしましょう。

 

普段から早口の人は特に気をつけてくださいね。

 

目線

 

緊張しますがしっかりみんなの方を見て話しましょう。

 

みんなにあなたの顔をしっかり見てもらい覚えてもらいましょう。

 

みんなの方をしっかり見て話すと堂々として見えます。

 

 

自己紹介はみんな緊張します。

 

上手な自己紹介を目指すのではなく

「この子は話しかけやすそうだな」とか「雰囲気がいいな」

と思ってもらうような自己紹介を心がけましょう。

 

 

 

新学期の自己紹介でモテるには?興味を持ってもらう話し方!

 

自分に興味を持ってもらう、話してみたいなと思ってもらうことはモテの第一歩です。

 

 

以下の項目を組み込んでみてください。

 

  • 出身校
  • 部活動
  • 好きな教科や嫌いな教科
  • 好きなスポーツ
  • 好きな食べ物、嫌いな食べ物
  • 趣味

 

人と違うことを言って注目してもらうのも一つの手です。

 

特殊なことでなくていいです。

 

他のクラスメートが言っていないこと、言わなそうなことを盛り込んでみましょう。

 

 

自己紹介の時点で名前を覚えてもらえたらラッキーですよね。

 

名前を覚えてもらえると声をかけてもらいやすくなります。

 

その分早く仲良くなれます。

 

ニックネーム

 

ニックネームと由来を話してみましょう。

 

印象に残ります。

 

ニックネームがない場合でも自分で考えて話すのもいいでしょう。

 

名字

 

例えば宮崎さんの場合。

 

「宮崎駿監督と同じ名字です。ジブリ作品も大好きです!」

 

など。

 

有名人と自分の名前をひっかけて話すと名字も趣味も覚えてもらえます。

 

一石二鳥ですね。

 

 

 

避けた方がいいこと

 

・受け狙い

 

すべってしまうことが考えられます。

 

クラスの雰囲気を見て考えましょう。

 

・短すぎる、長すぎる

 

短すぎると印象に残りません。

 

逆に長すぎると飽きられてしまいます。

 

・上から目線に注意

 

偉そうに話すと嫌われることが多いです。

 

また話す内容が自慢話にならないようにも気をつけてくださいね。

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

自己紹介では親しみやすい雰囲気を作ることが大切です。

 

今回お伝えしたコツとポイントを参考にしてみて下さいね!

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました