手作りの生チョコの賞味期限って?冷凍すれば期間をのばせるの?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





バレンタインに合わせて手作りチョコを作りたい女性を応援いたします!

今回は、
生チョコを手作りしたいけど賞味期限が気になっているので、
何か対策はないかという悩みを解決!

生チョコは普通のチョコより傷むのが早く、
温度管理も必要なチョコなんですよね。

なるべく出来たてで渡せるように、
家を出るギリギリでつくりたいものの、
失敗して作り直す場合もあるかな!?なんていう心配も。

前もって作って冷凍すれば期限を延ばすことが出来るのでしょうか?

できますが、普通にやったら味か落ちるので注意!

それでは、手作り生チョコの賞味期限と、
味を落とさない冷凍方法のポイントをご紹介いたします!

手作りの生チョコは冷凍すれば長持ちする?味が落ちない冷凍方法!

スポンサードリンク

手作りの生チョコは冷凍すれば、賞味期限を延ばすことは可能です。

冷凍すると、劣化のスピードを遅くさせることが出来る、ということなので劣化が止まるわけではありません。

また、作ってすぐに冷凍は、風味が落ちる原因になるのでやめましょう。

生チョコを冷凍しても味が落ちない方法はコチラ!

生チョコが完成したら、
まずは冷蔵庫でしっかりと冷やして固めましょう。

生チョコが完全に冷えたら、冷凍庫に入れましょう。

生チョコの冷凍保存は、1か月まで可能と言われています。

味の劣化を防ぐために、まずは冷蔵庫で冷やすことがポイントです。

冷蔵保存なら、1日~2日が目安と言われているので、随分と期限を延ばすことが可能ですね!

これなら、練習用に前もって作ることが可能で安心です。

手作り生チョコでよくあるのが、作ったのに固まらない!ってことがあります。

それ植物性の生クリームを使っているからなんですね。

生クリームには、動物性と植物性があります。

生チョコに使う生クリームは、動物性の生クリームを使用しましょう。

動物性の方が、風味と口当たりが良いと言われています。

また、植物性の場合は、生チョコに使用すると固まりにくいんです。

値段は高めでも、失敗しない生チョコづくりには動物性の生クリームで、レシピ通りの作り方が基本ですね。

冷凍した生チョコを食べるときは?

食べる時は冷凍庫から冷蔵庫へ移動させた冷蔵庫内での解凍がおすすめ。

これは、急激な温度変化による表面が白っぽく変色するのを防ぐためです。

健康上は問題ありませんが、見た目が悪くなる、多少味が落ちると言う理由から、解凍は冷蔵庫内での自然解凍で。

そもそも手作り生チョコの賞味期限はどれくらい?日持ちの目安!

手作りの生チョコには保存料を入れないことが多いため、
賞味期限は1日~2日が目安です。

渡してから、当日、翌日中には食べてもらうように伝えましょう。

生チョコの場合は、

・生クリームが入っている

・チョコレートを一度溶かしてから作っている

ことから賞味期限が短くなります。

さらに、家庭用台所の環境で、衛生管理にも限度があります。

使用する材料、道具、保存容器に至るまで、衛生面には注意を払って作成する気持ちも大事ですね。

バレンタイン当日はどうやって持ち歩く?

当日の持ち歩きには、
保冷剤を付けて保冷バックに入れた状態が良いでしょう。

季節は冬と言っても、暖房のきいた室内で過ごすことがおおいので、出来るだけ空調の聞いていない場所に保管することも忘れずに。

渡す時には、生チョコだから早く食べて欲しいことを伝えましょう。

せっかく上手に作れた生チョコも、持ち歩き方を間違えると台無しに…
生チョコの正しい持ち歩き方はこちらでマスターしておいて下さい↓

手づくりチョコが溶けない方法ってある?持ち運びのポイントとコツ!

まとめ

手作りの生チョコの賞味期限についてご紹介致しました。

冷凍すれば、賞味期限は1か月まで伸ばせるようです。

注意点は、一度冷蔵庫で冷やしてから冷凍すること、食べる時は急激な温度変化を避けるために冷蔵庫解凍がおすすめ、ということです。

生チョコは、本来傷みやすいチョコです。

とはいっても、おしゃれでグレードアップしたように見えるチョコでありながら、実は簡単にできるところが手作り生チョコの魅力でもあると思います。

賞味期限と日持ちの特徴をおさえながら、冷凍保存を上手く活用してみてくださいね。