手作りが食べられない心理とは?手作りお菓子を受け入れられない!?

季節のイベント

バレンタインと言えば手作りのチョコやケーキですね!

彼氏や想いを寄せるあの人のために、女子は何週間も前から試行錯誤したりして頑張るわけです。

気合い入りまくり!

 

でも、中には手作りの物を食べられないっていう人がいます。

彼女のことが嫌いとかではなく、むしろ大好きだし頑張って作ってくれて嬉しい!

 

でも、「どうしても食べられない……」

「気持ちだけで十分ですと言いたい……」という人です。

 

そう、あなたのことですよ。

もしくは、あなたの彼氏ですね。

でもね、あなたやあなたの彼氏だけではありません。

そういう人って最近は意外と多いんです。

 

原因として一番多いのは、潔癖症であるという事ですね。

作る時にちゃんと手を洗ったのか?

調理器具はきれい?

いや、消毒した?

自分の目で見ていないから心配で不安で食べられないんですよね。

私の友人にも手作りは食べられないけど、自分も一緒に調理に関わっている場合だけは食べれるという人もいます。

 

無理をして食べたら気持ち悪くなってしまったり……

最悪の場合、吐いてしまうかもしれない。

恐怖ですね。

潔癖症だけでなく、幼い頃のトラウマがあったりすると手作りに拒否反応を示してしまいます。

 

でも、それを気にしすぎる必要はありませんよ。

現代では仕方の無い事でもあるんです。

 

ただし、しっかりと対策をしないと作ってくれた人を傷付ける恐れがあります。

大切な人を傷付けて、関係を壊したくないですよね!

では、手作りの物が食べられない原因と対策を見ていきましょう。

手作りお菓子が食べられない…… これってやっぱり潔癖症?

スポンサードリンク

 

手作りお菓子が食べられないというのは、潔癖症だからです。

汚いかもしれない。

細菌がついてるかもしれない……。

そんなことを思ってしまうから食べられない。

潔癖症ですね。

 

潔癖症と言っても程度の差はもちろんあります。

電車やバスのつり革に絶対触れない。

そのため、ビニール手袋をしている人をたまに見かけます。

結構重度の潔癖症なんだな、と思いながらみていますが。

 

そこまでいかなくても手作りの物が食べられないのは、やはり潔癖症に入るのではないでしょうか。

全然平気!と言う人もいるのですから。

 

手作りのお菓子は気持ち悪い! 意外と多い手作りが苦手な人!

ちょっと潔癖が入っていて手作りが食べられない人は、どうしても
気持ちが悪いと思ってしまうものです。

だって菌がついているかもしれないから。

その菌ってなんだ!と言われてもわからないんですけどね。

想像するだけで鳥肌です……。

 

でも、最近はそういう人達が急増しているようです

 

潔癖ではなくても、子供の頃に友達のお母さんのおにぎりが化粧品臭かった……

なんていうことがトラウマとなって食べられなくなってしまったという人もいます。

 

いつからか様々な抗菌グッズが出回るようになりました。

空気清浄機がある家庭も多いですよね。

そういう背景もあり、体に悪影響を及ぼす菌だけではなく、すべてのあらゆる菌に対して恐怖を抱く。

無条件に怖いと思ってしまう人が増えているようです。

 

近所の人や親戚などと一緒に食事をする機会が減りました。

他人の手作りのものを食べるという経験をしてきていない人もいます。

それだけ現代は人と人のつながりが薄くなってきているということですね。

ちょっと悲しいですが。

人は慣れていないことに抵抗を感じるものです

そんな背景があるため、手作りが食べられないということもあります。

でも、母親の手作りは食べられますよね。

慣れているから。

安心だから。

 

そういうものなんです。

 

まとめと手作りの食べ物対策!

手作りの物が食べられないという人は意外と多くいます。

最近は様々な抗菌グッズが出回るようになりました。

そういう背景もあり、体に悪影響を及ぼす菌だけではなく、すべてのあらゆる菌に対して恐怖を抱く。

無条件に怖いと思ってしまう人が増えているようです。

いわゆる潔癖症です。

 

潔癖症以外の理由としては、子供の頃に友達のお母さんのおにぎりが化粧品臭かった……

なんていうことがトラウマとなって食べられなくなってしまったという人もいます。

母親以外の手作りを食べるという経験をしてこなかった人も少なくありません。

他人の手作りを怖いと思う人もいます。

このように、様々な理由から他人の手作りを食べられない人がたくさんいます。

 

あなたやあなたの彼氏がそうでも、おかしな事でもショックを受けることでもありません。

高所恐怖症の人がいたとして、あー高いとこが怖いんだ。としか思いませんよね?

今や、手作りのものが食べられない事も普通になってきているのかもしれません。

 

ただ、バレンタインなどでせっかく手作りで頑張ってくれた場合や、心を込めて使った料理を出してもらった場合は、相手を傷付けないようにしてあげるのがマナーです。

相手に悪気は全くありません。

 

・その場だけ頑張って食べる

・昔手作りのおにぎりを食べて食中毒になってからトラウマでどうしても手作りが食べられないなど、わかりやすい言い訳を作っておく

・その場で断らなくていいように、予め手作りの物が苦手だと周囲にアピールしまくっておく

こんな感じで対策を立てておきましょう!

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました