生チョコが腐るとどうなる?常温で保管する時の食中毒の可能性は!?

季節のイベント

チョコレートや生チョコは、
バレンタインやおみやげで頂く機会が多いですよね。

チョコ好きであれば、もらったその日のうちに食べるでしょう。

でも好きでも嫌いでもない場合。

もらったことを忘れてカバンの中に入れたまましばらく放置しまった……

という経験があるのではないでしょうか?

 

普通のチョコはまだいいですが、生チョコを放置してしまった場合。

「食べて大丈夫かな?」

「お腹を壊したりしないかな?」

なんてことが頭をよぎります。

 

生チョコは常温で保存がきかないですから。

 

生チョコは普通のチョコレートより賞味期限も短く、腐りやすいです。

常温で保管してしまった場合、腐るスピードも速くなります。

そして、腐った生チョコを食べてしまった場合、食中毒にかかる可能性が高くなってしまいます。

 

では、味の変化から食中毒になる可能性のある
状態になるまでを見てみましょう!

 

生チョコが腐ると味はどう変わる? 傷んだ生チョコの変化とは?

スポンサードリンク

 

普通のチョコレートは水分をほとんど含んでいないので、
腐りにくく賞味期限も長いです。

しかし、
生チョコは材料に生クリームを使用しているので傷みやすく賞味期限も短いです。

 

食材が腐るのは微生物が増殖するから。

水分がなければ微生物は増殖できません。

ですので、普通のチョコレートはかなり保存がききます。

でも、生チョコはそうはいきません。

 

たまにチョコレートに白いものがついていることがあります。

これを見た時にカビだと考え、腐っているのでは?と思う人もいると思います。

ですが、これはカビではなくチョコレートに含まれている油が浮きあがって固まったものです。

賞味期限内なら腐っていることはないので食べても全く問題はありません。

見た目で腐っているかどうか判断するのは難しいです。

賞味期限が切れると、生チョコはその油や生クリームが酸化していきます。

酸化すると味が変になり食べられません

古い油で揚げた揚げ物の味を想像してみて下さい。

あんな感じでまずいです。

 

生チョコは常温だと食中毒になる? 生チョコの賞味期限はどれくらい?

 

生チョコは冷蔵庫で保存しないといけません。

ですが、数時間であれば常温保管でも大丈夫です。

何日も常温で放置してしまった場合は食中毒の危険性が高まります。

特に夏場はアウトです。

絶対に食べないで下さいね。

もしも食べてしまったら……

数日間、下痢とおう吐に悩ませられることでしょう……

 

生チョコの賞味期限ですが短いもので2~3日。(冷蔵状態で)

長いもので1週間程です。

商品によって異なりますので、あくまでの目安です。

 

普通のチョコレートは6カ月~1年程。

それに比べると、生チョコの賞味期限はかなり短いですね。

賞味期限は消費期限と違っておいしく食べられる目安の期間です。

賞味期限が切れたら即、腐るという訳ではありません。

生チョコの場合は賞味期限から1~2日くらいは大丈夫でしょう。

ただし、
手づくりの生チョコの場合は1~2日以内で食べきるようにして下さい。

それを過ぎてしまったら食べない方がいいかもしれません。

市販のものと違って保存料などが入っていないので傷みやすいからです。

まとめ

 

生チョコは常温で保存がききません。

生チョコは普通のチョコレートより賞味期限も短く、腐りやすいです。

常温で保管してしまった場合、腐るスピードも速くなります。

そして、腐った生チョコを食べてしまった場合、食中毒にかかってしまう可能性があります。

特に夏場はアウトです。

絶対に食べないで下さいね。

見た目で腐っているかどうか判断するのは難しいです。

生チョコが腐ると油が酸化したような味がします。

 

商品によって異なりますが、生チョコの賞味期限は短いもので2~3日。

長いもので1週間程です。

手づくりの生チョコの場合は1~2日以内で食べきるようにして下さい。

市販のものと違って保存料などが入っていないので傷みやすいです。

 

賞味期限は消費期限と違っておいしく食べられる目安の期間です。

賞味期限が切れたら即、腐るという訳ではありません。

市販の生チョコの場合は、賞味期限から1~2日くらいは大丈夫でしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました