チョコを持ち運びして溶けない方法はある?上手な持ち運びのコツ!

季節のイベント

チョコはお好きですか?

私は大好きです!

女子は甘いもの大好きですよね。

 

でも、私は甘いものに関しては、そうでもないのです。

どちらかと言えば、おせんべいとかおかきなどしょっぱいものが好きなんです。

 

でも、チョコだけは大好きなんです。

食べるとなんだか幸せな気持ちになるんですよね~。

あなたもそんなことありませんか?

私に幸せを与えてくれるそんなチョコは、やっぱりベストな状態で食したい!

だから、溶けちゃったりするともう大ショック!

暑い夏場は、もうそれだけですぐ溶けますよね……

冬場は寒いので外はいいけど、電車や車の暖房で溶けてしまったり……

 

ベストな状態でチョコを持ち運びおいしく食べるためにはどうしたらいいのか調べてみました!

持ち運びの際には温度や湿度に気を付けて、保冷剤や保冷バックを上手に使うのがポイントです!

溶かさずに持ち運びができるようですよ!

 

チョコが溶けない入れ物って? 温度を上げない持ち運びグッズ!

スポンサードリンク

 

普通のチョコは17度~34度で溶けます。

気温が20度以下であれば常温でも溶けてしまう心配はありません。

逆に、20度以上であれば持ち運ぶにしろ、家で保存するにしろ溶けない工夫をする必要があります。

 

季節的には春や秋くらいがなんの苦労もなく食べられるのかな?

 

多くの人がチョコを持ち運ぶバレンタインデーも冬で寒い時なので、溶ける心配はなさそうですね!

だたし、冬は室内が暖かすぎたりするので、やはりチョコが溶けない工夫をするべきです!

 

気温が20度以上になった時の持ち運びに役立つのは

「保冷剤」と「保冷バック」です

 

保冷剤は気づくと冷凍庫にありませんか?

ケーキなど生菓子を買うと付けてくれたりしますよね。

私の冷凍庫は気づくと保冷剤の山になっている!

なんていうことがよくあります……

 

保冷剤をラップで包む。もしくは、ビニール袋に入れます。

それから、保冷バックに入れておくだけでOK。

クーラーボックスと同じ効果があります。

保冷バックを持ってないという場合は、フリーザバッグでも十分。

フリーザバッグとは、有名なところで言えばジップロックですね!

溶かさずに持ち運びできます。

最近は100均にもかわいい保冷バックがたくさん売っています。

かわいくて、108円とは思えない物もたくさんあります。

個人的には、セリアとダイソーがかわいいものが多い気がします。

保冷バックはチョコの持ち運びだけでなく、夏場のお弁当の持ち運びや保存にも大活躍します。

持っていて損はないと思います。

持っていないというあなたはぜひ100均を覗いてお気に入りを見つけてください。

 

チョコが溶けない方法が知りたい! 持ち運ぶ時のポイントはこれ!

 

チョコは17度~34度で溶けます。(環境により前後します。)

当然ですがそれ以下だったら溶けません。

ちなみに保存に適している温度は15度~22度とのこと。

チョコは高温に弱いですが湿気にも弱いです。

保存に適切な温度の15度~22度でも湿度が高い場合は溶けることもあります。

チョコを溶かしてしまわないようにするには、気温と湿度に気を付けなければいけません

持ち運ぶ時には、フリーザバッグにチョコを入れ、密封した方がより溶けにくいかと思います。

それから保冷剤入りの保冷バックに入れたら、これで完璧です!

 

まとめ

 

普通のチョコは17度~34度で溶けます。(環境により前後します。)

気温が20度以下であれば常温でも溶けてしまう心配はありません。

保存に適している温度は15度~22度とのこと。

気温が20度以上になった時は溶けないための対策が必要です。

さらにチョコは湿気にも弱いです。

そんな時に持ち運びに役立つのは「保冷剤」と「保冷バック」です。

持ち運ぶ時には、フリーザバッグにチョコを入れ、密封した方がより溶けにくいかと思います。

それから保冷剤入りの保冷バックに入れたら、これで完璧です!

保冷剤とフリーザバッグと保冷バックを上手に使えば持ち運びも安心です。

チョコを持ち運ぶ際には試してみてください!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました