春夏のスーツを冬に着るのはおかしい!?一目でわかるので注意!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





春夏のスーツと冬のスーツ、
ちょっと見た目ではわかりづらい…

いえ!ちゃんと違いがあります!

違いを知っておかないと相手に悪い印象を与えてしまう場合も…

そこで今回は、
春夏のスーツと冬のスーツの違いをご紹介します!

春夏のスーツと冬のスーツの違いは?素材や見た目!

スポンサードリンク

スーツには春夏用、冬用、オールシーズン用
3つのタイプがあります。
まずは春夏のスーツと冬のスーツの
違いを見てみましょう!

生地の違い

春夏のスーツは生地が薄く比較的軽いです。
それに比べ冬のスーツは生地が厚くて重い
持ってみるとわかりやすいです!
また、春夏のスーツは織り方が粗いのに対して
冬のスーツは織り方がきめ細かいのです。

素材の違い

春夏のスーツは感触がさらっとした
サマーウールが一般的です。
通気性にも優れている為、
夏でも快適に着用する事が出来ます!

そのほかではリネンモヘアで作られたものがあります。
リネンはどうしても印象がカジュアルになってしまう為、
ビジネスではサマーウール素材がベターでしょう♪

冬のスーツではウールカシミア綿などの
暖かい素材のものがあります。

裏地の違い

大体は裏地を見れば違いがわかってしまいます…
春夏のスーツは涼しく着用が出来るよう、
背中部分の裏地が無いのです。
いわゆる「背抜き」と言います。
それに比べ、冬のスーツは
背中部分にも裏地が付いている「総裏」です。

※長期間、着用が出来るよう
冬のスーツでも背抜きしてあるものもあります。

春夏のスーツを冬に着るとおかしい?

春夏のスーツを冬に着ると
裏地は見えなくても生地から春夏スーツとわかります。

恥ずかしい思いをするだけでなく、

衣替えが出来ず、だらしがない!
相手にマイナスなイメージで見えてしまう事も…

また春夏スーツを着ていると冬の時期は寒いですよね。

衣替えはしっかりとして
相手にきちんとした印象を与えたいものですね♪

一年中使えるオールシーズンスーツがある!

春夏のスーツと冬のスーツをご紹介しました!
一般的には季節でスーツの衣替えをした方が
無難かと思います!

どうしても一年中を通して着たいというあなたには
オールシーズンスーツをおすすめします♪
春夏のスーツに比べ少し重量はありますが、
背抜きがしてあり、一年を通して
快適に着れるようになっています。

ただ四季がちゃんとある日本では
スーツの衣替えをした方がより快適に過ごせますよ♪

快適なビジネスライフを

一年中を快適に過ごす為にも
スーツの衣替えはしっかりとしましょう!

不思議と気持ちも引き締まりますよね!

スーツをかっこよく着こなして
相手に好印象を与えたいものです♪

今日も一日頑張りましょう!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする