嘘でしょ!却下!?新婚旅行なのに仕事休めない状況の方は必見!

スポンサードリンク





新婚旅行のための
休暇が取れるのは
当然と思っていたら、
まさかのNO。

働いている立場として
休暇を取ることは
権利でもあります。

しかし、
休ませてくれない会社には
どんな理由があるのでしょうか。

新婚旅行に行かせてくれない会社ってどうなの?

スポンサードリンク

そもそも会社として
結婚や新婚旅行のための休暇や
有給休暇についての
規定があるはずです。

それなのに休みをくれないのは
イラッとしますよね。

数週間前とかに
上司に切り出すのは問題ですが、
だいたい数か月前には
申請しているはずですし、
その間の仕事の割り振りも
できるはずです。

日本は他の国に比べて
休みが取りづらい、
働きすぎだと
よくいわれますよね。

休みが取りやすい会社では
既婚者が多い
というデータがありました。

未婚者が増えている時代ですが、
仕事も大事だけど
家族との時間も大切にしよう
という意識が
この結果に
表れているのかもしれませんね。

なんとか新婚旅行に行くには?

会社側で休みを
あげたくない理由には

「繁忙期などの
忙しいシーズンだから」

というものがあります。

これが理由なら、
仕方がないですが、
時期をずらしてみるのは
どうでしょうか。

「今は繁忙期だから
しょうがないけど
この時期には
新婚旅行に行きますから
休みます!」

と念を押しておくこと。

新婚旅行に人気のハワイなどは
秋などには
安くなっていることもありますから
金銭的な面でも
お得になるかもしれません。

「新婚旅行のための
休暇を許してしまうと、
他の人たちの休暇も
あげなくてはいけない」

と変な理由をつけてくる会社も
あるかもしれません。

本来、休む権利があるので、
繁忙期だろうと
人手が足りなかろうと、
休むことはできるのです。

「このあたりに
新婚旅行に行きたいんだけど…」

と一緒に
働いている人たちにも相談をし、
問題なければ
休んでしまっていいと思います。

休みをもらえたのなら、
自分が担当している仕事があれば、
しっかり引き継ぎや取引先などに
不在の連絡をしておきます。

自分が不在の間にも
会社に迷惑がかからないように
気を配ることで
休み明けも
気持ちよく出社できると思います。

まとめ

実際に新婚旅行のために
長期休暇が取れない、
という人もいました。

一生に一度の新婚旅行を
快く送り出してくれる
会社ならいいのですが
繁忙期など、
どうしても難しいという
会社側の理由もあり、
その時期の見極めが
大切になってきそうです。

周囲の人の協力や
自分でできることをして、
しっかり休暇が取れるといいですね。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする