男の子のランドセルの色は派手だと高学年で後悔する!?強度も必要!

学校のあれこれ

男の子のランドセルは黒。🎒

 

しかし、いつしか時代は
男の子でもおしゃれなランドセルを選ぶことも
普通になっているようです。

 

しかし、いざ我が子が
派手なランドセルを選んだ場合、
親としてはちょっと待って、
本当にそれ選んで大丈夫?と
戸惑う気持ちもありますよね!

 

近頃のランドセルは、
色やデザインを自由に選べるからこそ
楽しい面もありますが、
一度きりのお買い物ゆえに、
迷うことも多いはず。

 

それでは、男の子のランドセル選び、
後悔しない選び方をご紹介致します。

 

男の子が派手なランドセルを選ぶと 高学年で後悔する?

スポンサードリンク

 

幼稚園や低学年の気持ちと、
高学年になった時の気持ちは異なります。

 

男の子なら尚更です。

 

個人が自由に選べる
ランドセルや所有物については、
誰かがダサい!と言えば、
自分が気に入っていても
なんだか恥ずかしい、持ちたくない、と
いうこともよくあるようです。

 

 

小学校の6年間は、児童から少年、青年へと
心が揺れ動きながら成長する期間です。

 

ランドセルについては、今は良くても
高学年になると浮いてしまう、
周囲と違い過ぎて恥ずかしくなるという気持ちに
なる子供も中にはいます。

 

子供自身が良ければ、
どんなランドセルを持っていてもOKです。

 

しかし、男の子が派手なランドセルを選ぶと
高学年で後悔することがある理由は、
高学年になると周囲の友達の影響が
あるためのようです。

 

6年間で成長していくといってもまだまだ子供。

『◯◯君のランドセル変ー!』

と、悪気の無い一言を言われてしまう事もありますし、

『それを自分が好きだからいいんだ!』

と、なかなか思えない事もあります。

 

ランドセルの色! どうやって決めるのがいい?

 

ランドセルは、6年間毎日使用するカバンです。

 

子供が毎日同じカバンを、
6年という期間使用し続けるという経験は、
小学校で初めてであることが多いです。

 

飽きたら買い換え、
他の物をたまには持って行っても良い、
そんなことはありません。

 

子供と、小学校で使用するランドセルについて、
どういったカバンであるかを一緒に確認しながら選びましょう。

 

1.ランドセルって、こんなカバンです!

  • 6年間毎日使うカバンです
  • 大体の色は、男の子は黒が多いです
  • 途中で買い換えは、出来ないカバンです

 

子供には、
ランドセルは小学校に通う期間、
使い続けるものであるということを
理解してもらってから選びましょう

 

2.高学年になっても使うことを イメージしてもらうために

高学年になればなるほど、
キャラクターや個性的なデザインは飽きたり、
周囲の友人からの意見に左右されると
恥ずかしくなったりすることがあるようです。

 

ランドセルのイメージを伝えるためには、
実際に学校に行く小学生を見ながら
想像を膨らませることが効果的です。

 

登下校中のお兄さんを見ながら、
大体こんな色だね、こんな形だね、と
子供と一緒に小学生とランドセルの光景を
見てみましょう。

 

カタログや店舗だけでランドセルを選ぶより、
実際に使用している小学生の姿の方が
実用的で現実味がありますので、
子ども自身が小学生になる自分を
イメージしやすいです。

 

3.友達の力を借りましょう。

わが子が、何を言っても
明らかに派手で個性的なランドセルがいいと
気に入ってしまった場合は、
友達はどんなのを選んだのかを
聞いてみましょう。

 

例えば他のお友達は黒を選んだよ、と言うと
子供もそれなら自分もそうしようと
なることがあります。

 

それでも、自分はこれがいい!と
譲らない場合は、子供の気持ちを信じて
子供に任せたランドセル選びをしても
良いかもしれません。

 

ママが心配なのは、
他の人と異なるランドセルであっても
今、選んだランドセルを6年間使えるのか、
ということだと思います。

 

子供が良ければそれが一番良いランドセルです。

 

子供の意思確認をする上で、
他のお友達はこうしているよ
という事例を挙げたのは、
子ども自身が本当に
このランドセルが良いのかどうかを確認する上で効果的だからです。

 

みんな同じが良いというのは日本の教育方針から生まれたもので、

個性をなくしてしまうものでもあります。

 

子供が絶対これがいいんだ!

というものがあれば、

それは個性です。

大切にしてあげましょう。

 

高学年になってランドセルの色で後悔した時も、その後悔の理由が

【みんなと違うから】

だった場合は、

自分がその時、その色のランドセルを選んだ気持ちを大切にするように。

他の人と同じでなくても良い、

だからあなたもみんなの個性を認めてあげようね。

 

なんて教えてあげるのも良いと思います。

 

体験談として…

 

息子の場合は、テレビアニメの効果で、
ランドセルは黒がいい!と
早いうちから気持ちが固まっていました。

 

青や、ライン入りのランドセルを見せても、
ランドセルというのは黒だから、と
思っているようでした。

 

私自身は、値段、素材、デザイン、色合わせて、
子供が持っていて子供相応のものであれば
良いと思っています。

 

特に値段は、高価すぎる物は
子供相応ではないと思います。

 

あまりに高価なものや、
学習面に必要のないデザインは
ふさわしくないという考えですので、
親がこの中ならどれがいい?と
どれを選んでも親が納得できる
範囲内のランドセルから選ばせる方法を
とりたいと思っていました。

 

子供の持ち物ではありますが、
小学生の内はまだ親が管理する部分は
あって良いです。

 

選択条件を親が調整してから、
子供に任せることも必要ですね。

 

 

薄い色は汚れやすい!?

 

よくランドセル選びの失敗談で聞くのは、

キレイだという理由で薄い色を選んだはいいけど、めちゃめちゃ汚れが目立った!

という事です。

 

男の子の場合は濃い色が多いと思いますが、水色やラベンダーなど薄い色は最初は良くても汚れて古くなった感が早く出やすいみたいです。

 

でも、そこをキレイに使うよう努力したり、帰ったら拭くなどするように教えてあげることも子供の良い教育にもなりそうですけどね!

 

そんな中、私が気になるのはこれ。笑

コンバースのランドセルめっちゃかっこいいです!

 

 

♀女の子のランドセル選びはこちらから

女の子のランドセル選び!派手or可愛い高学年で後悔するのはどっち?

 

まとめ

 

男の子のランドセル選びについて
ご紹介致しました。

 

子供が使用するランドセルですが、
親も一緒に悩みますよね。

 

ランドセルの色で後悔するかは
お兄さんになってみないとわからない
ところも多いです。

でも、ランドセルの好みが変わったり
することは子供の成長を読み取れるチャンスでもあります。

 

もし、『ランドセル買い換えて!』なんて言ってきた時は
しっかりと話を聞いてあげましょう。

また、気に入って使えるようになるかも
しれませんし、
子供なりに気持ちを切り替えられるかもしれません。

 

大切なのは、
親が子供の気持ちに寄り添ってあげる事ですね!!!

 

楽しいランドセル選びをして、

一年生になるワクワクを子供と

一緒に楽しんであげましょう〜!!!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました