明日学校が休みになる確率や注意報や警報の基準は!?誰が決める!?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





台風が近づいてくると、
とたんに天気予報が気になること、
ありますよね。

「明日は学校が休みになるか!?」

自然災害の被害は
起こらない方がもちろん良いと思いながらも、
日々学校へ通う学生にとっては、
急な学校のお休みを期待してしまう気持ちは
少なからずあると思います。

では、注意報や警報で
学校が休みになるときってどんな時なのでしょう?

何を基準に学校は休校するの?

スポンサードリンク

主に自然災害などを理由に
学校が休校になるかどうかは、
各市町村の教育委員会が判断
しているようです。

判断基準は、
気象庁が発表する
警報や注意報によるものです。

まずは、教育委員会の判断基準に従って、
学校長が休校の指示を出します。

一方で、教育委員会が
各学校長に判断をゆだねて
休校の判断をする場合もあります。

その場合は、近隣の学校長同士で
連絡を取り調整することもあるようです。

「教育委員会が休校の判断を
下しているのに、
学校長が休校にしない」

ということはありません。

しかし、警報と言っても
いくつかの種類があります。

「大雨警報では休校にならないけれど、
暴風警報は休校になる」

というように、
警報の種類によって
各市町村の教育委員会、学校長が
休校にするかどうかを決定しています。

警報と注意報の違いは何?

警報とは

予想される被害の度合いが大きく、
一定の基準を上回る危険が
予想される場合に発令されます。

自分が気をつけるだけでは
安全を保てないため、
警報を発令に従って
学校への登校を禁止し、
自宅待機をすることになります。

注意報とは

警報よりは
緊急度や予想される被害の度合いが
小さくなります。

予想される自然災害は、

「自分で注意することで
安全が保たれているレベル」

となりますので、
学校へは通常通りの登校
となることが多いようです。

地域によって違うの?

学校休校は、
気象庁が発表する警報や注意報に基づき、
各市町村の教育委員会、学校長が
判断するとわかりました。

しかし、この判断基準というのは、
地域によって異なります。

山沿い、海沿い、
雪が降りやすい地域かどうかなど、
それぞれの地域の特性に合わせて、
大雨で被害が
大きくなる可能性が高い地域は
大雨警報でも
休校になる判断が下されます。

学校を休校にする目的は、
安全を保つためです。

地域によって安全が
保たれる状況は異なるので、
学校休校の判断基準も異なります。

公立の学校は、
発令されている
警報の地域によって
休校になりますが、
私立の学校などで
学校の所在地が居住地と異なる場合は、

「学校の所在地に
警報が出ていない時は登校する」

ということもあるようです。

また、校区内が広い場合は、
休校になる地域と
そうではない地域もあるようです。

休校の体験談

私が住んでいる地域は、
校区が山沿いから平地まで広がっています。

暴風や降雪の際に
山沿いの地域
交通手段が運休してしまうため、
その地域に住んでいる生徒のみ
休校扱いになることがあります。

このように、
学校の所在地、校区内でも
居住地によって
被害の度合いが異なる場合も、
休校になる・ならないに違いがあります。

注意報や警報で学校が休みになる確率は?

警報による休校は、
朝、各学校が設定した時間
例えば7時の時点で
発令されているかどうかを判断
としているところが
多いようです。

登校時刻前後に、
災害の被害が大きくなっている、
または大きくなると予想される場合は、
警報になる確率も高くなりますので、
休校になりやすいです。

夜遅くに被害が出そうな場合は、
「登校時間は安全」
と判断される事が多いため、
下校時刻を早める措置をとる
場合もありますが、
休校になる確率は低くなります。

登校時刻前後の状況が、
学校が休みになる確率を左右します。

まとめ

注意報や警報で
学校が休みになるかどうか、
判断基準についてご紹介致しました。

一定の基準は、
気象庁が発令する警報に
基づいています。

警報が出るかどうかは、
天気予報を見ることで、
休校になりそうかどうかを
予想することは出来そうです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする