就活にフレアスカートでもいい?就活の服装ってどこまで気にする?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





就活において外せないアイテムの1つであるスーツ。

第一印象を決定づけたり、与える印象を操作出来たり大事なアイテムです。

スーツ選びは大事だと思うと、どれにしようかと色々と迷ってしまいますよね。

私も若かりし頃、出来るだけよく見せたいという欲にかられ全然決められなかった記憶があります。

特に女性の場合はパンツスタイルとスカートがあります。

それに加えて一口にスカートと言ってもタイトスカート、台形スカート、フレアスカートと種類があります。

それぞれのスカートに特徴があり、どのスカート選ぶかで与える印象が変わるということを知っていましたか?

第一印象が決まるのは最初の6秒と言われています。

こうなってくるとスーツ選びは非常に重要です。

気が抜けません!!

好印象を与えるためにもスカートの特徴をしっかり理解しましょう

結論から言うと、就活ではタイトスカートを選ぶのが無難です。

フレアスカートでも問題ない場合がありますが、業種が限られます。

スカート選びは志望する業界や企業に合わせましょう

就活でフレアスカートの印象ってどうなる?マナー的にOKなの?

スポンサードリンク

それぞれのスカートの特徴を説明していきます。

タイトスカート

リクルートスーツの定番です。

よく見るタイプですね。

あなたがおてんばで落ち着きがなくても、これを着れば清楚で落ち着いた印象を与えてくれます。

タイトであるので動くにくいというデメリットがあります。

台形型

裾に向かって広がっているタイプのスカート。

ゆとりがあり動きやすさが特徴です。

こちらもリクルートスーツの定番で真面目な印象を与えてくれます。

フレアスカート

朝顔型の広がっていてAラインのシルエット。

波のような形状をしており優雅で華やかなイメージを作り出します。

体型をカバーしてくれて歩きやすいというのも特徴の1つです。

しかしカジュアルな印象が強く、軽薄に映る可能性もあります。

それぞれのスカートに特徴がありますがフレアスカートだけはOKな業種が限られてきます。

新聞、出版、広告、マスコミ、ゲーム、映画などの華やかな業種であればフレアスカートでも問題ない場合があります。

アパレル業界もOKな場合もあります。

上記の職種では服装の自由度が高いことが多いからです。

逆に言うと、一般的に堅いとされる銀行、証券、保険、公務員、ホテルなどの業種ではフレアスカートはNGです。

これらの業界では一般的でオーソドックスなリクルートスーツが好まれます。

タイトスカートや台形型を選びましょう。

このようにあなたがどんな業種を志望するかで、どのタイプのスカートにするのか決める必要があります。

迷うのであればタイトスカートを選ぶのが無難です。

失敗することはないでしょう。

就活のスカート丈は膝からどのくらい?座った時のことも考えて!

就活時のスカート丈の基本は「立った時に膝丈になるように」と覚えておきましょう。

スカートの丈が膝頭にかかる、あるいは膝頭を隠すくらいの丈がすっきりと見えます。

スカート丈が膝より短くなってしまうと露出が多くなってしまい、ビジネスシーンでは不適切と思われてしまいます。

逆に膝を全部隠してしまうような長さだと野暮ったい格好になってしまいます。

動きにくいし、スーツをちゃんと着こなせているという印象からはほど遠くなってしまいます。

膝丈のスカートは座った時に少し丈が上がってしまうのでどうしても膝が見えてしまいます。

しかし座った時に膝上5cmくらいになるようなサイズ感、長さであれば問題ありません。

必ず試着をして立った時、座った時の丈やサイズ感に問題がないか確認しましょう。

まとめ

就活スーツのスカートはどの業種を志望しているのかでどれにするか決めましょう。

スカート丈の基本は「立った時に膝丈」です。

TPOにあったスカートを選び、就活を優位に進めていきましょう!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする