おもちゃカボチャって置いといたら腐る?次のハロウィンでも使える?

季節のイベント

 

おもちゃカボチャってなに?

初めて言葉を耳にする方も
いらっしゃるかもしれません。

 

簡単にご説明しますと、
食用には向かないカボチャの一種で、
一般的な食用カボチャ
(スーパーで緑色で販売されている)より小型で、
観賞用として扱われている物です。

 

色や形にバリーションがあり、
かわいらしい印象を受けます。

 

 

近年、日本でもハロウィンが
一般的なイベントとして
認知されるようになってからは、
知らず知らずのうちに
おもちゃカボチャを
目にする機会が
増えているのではないでしょうか。

 

 

今年はハロウィンの飾り付けを
自宅でもやってみようとお考えの皆様に、
簡単に雰囲気作りができる
アイテムの一つとしておすすめできるのが
おもちゃカボチャなのですが、
使った後は捨てるべきなのかどうか・・・。

 

やっぱり腐ったりするのかな?
持つなら次回も使いたいと思うのが
自然な心理ですよね。

 

 

それでは今回、
おもちゃカボチャについて
知見を広めてみましょう。

 

おもちゃカボチャって腐るの?

スポンサードリンク

 

まず初めに断言でますのが、
いつかは干からびたり腐ったりします。

おもちゃカボチャも植物ですからね。

 

食用のカボチャと
同じ取り扱いになります。

 

 

もちろん保存方法などで、
比較的長持ち(延命)させることは
出来そうですが、
1年以上の現状維持は厳しいでしょう。

 

 

ちなみにカボチャの保存期間について
説明されているサイト見つけましたので、
ご紹介いたします。
https://保存方法.com/かぼちゃ/

 

 

実際収穫されて、
おもちゃカボチャが
だめになっていく様子を試された方も
いらっしゃるようです。
こちらもご参考に。
http://yayoi-blog.info/12627.html

 

 

腐るだけではなく、
カビが生えることもあるようです。

また、保存中に
色抜けなどもあるみたいなので、
カボチャそのものの
劣化も考慮すると、
翌シーズンの使用は
考えない方が良さそうですね。

 

おもちゃカボチャを長持ちさせる方法は?

1年保存は無理だとしても、
せめてハロウィンシーズンは
綺麗な状態で楽しみたいですよね。

 

それでは、まずカボチャにとって
傷みやすい条件を確認してみましょう。

 

  1. 傷がついている、
    ナイフなどで加工する。
    (冷蔵保存で少し延命可。
    ただし冷凍はタブー。
    解凍時に返って傷みが早くなる。)
  2. 直射日光を避ける
  3. 高温多湿を避ける
    (10℃程度が適温なようです。)

 

 

長持ちと言いましても、
持って数ヶ月ですから、
ハロウィン前後数ヶ月で
ディスプレイを楽しむのが
ちょうど良いのかな。

 

まとめ

毎シーズンの飾り付けに
同じカボチャが使えないことは
分かりました。

 

けれど、保存方法を知ることで、
楽しめる期間が
伸ばせることも分かりました。

 

例えば、
初めはそのままディスプレイし、
少し色抜けなど
様子が変わってきたところで、
くり抜いたりして
加工した形を楽しんで、
処分するという方法も、
無駄にしない
楽しみ方ではないでしょうか。

 

 

さぁ、今年のハロウィンも
飾り付けから大いに楽しみましょう。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました