胎教の音楽をイヤホンで聞いても効果はある?ちゃんと聞こえるの!?

妊婦さん

「妊娠すると
赤ちゃんのために
少しでもいいことを!」
って思いますよね。

 

妊娠や赤ちゃんのことに
詳しくなくても、
胎教にいいことをした方がいい
ということは
あなたも知っていることと思います。

 

「胎教にいいこと」
と聞いてまず思い浮かぶのが音楽

私たち大人も
音楽を聴いてリラックスしたり、
ワクワクしたり感動したりします。

学校でも必ず
音楽の授業がありますし、
音楽って人間に欠かせない
要素の一つなんだと思います。

 

だから、赤ちゃんにとっても
良い影響を与えてくれそうだな
と簡単に想像できます。

 

そこで次に気になるのが
音楽の聴かせ方

私が音楽を聴くタイミングとして
一番多いのが移動中です。

移動中となると
イヤホンで聴きます。

 

そこでふと気になったのが、
イヤホンで聴いていて

「赤ちゃんにちゃんと
聞こえているのかな?」

「これで意味があるのかな?」

ということです。

 

疑問に思ったので調べてみました。

 

結論から言うと、
イヤホンで聴いても効果はあります。

これからその理由を
お伝えしていきますね。

 

胎児の聴覚はいつから発達するの?ママがイヤホンで聞いてもOK?

スポンサードリンク

 

赤ちゃんの目や耳の原型は
妊娠4~6週目にかけてつくられます。

そして妊娠10週目頃から
刺激に対して反射行動をするように
なってくるそうです。

目は6週頃に、
耳は31週頃までに完成して、
耳と脳と神経がつながります。

 

その結果、
はっきりと外からの刺激を
感じ取れるようになります。

 

ですので、
妊娠中期には
音楽やママの声といった「」や
太陽の光などを
感じ取っていることとなります。

胎教を考えるなら、
遅くても妊娠中期までには
始めた方がよさそうですね

そして、そもそも
「胎教とは」なんですが、
なにも赤ちゃんに
教育的なことをするのが
胎教ではありません。

 

ママが良い音楽を聴いて
リラックスすると、
心穏やかに過ごせますよね。

その気持ちよさは
赤ちゃんにも伝わっています。

そして赤ちゃんも
穏やかでいられて、
良い成長につながります。

それが胎教です。

 

 

ですので、
イヤホンで聴いても
ちゃんと意味があります。

効果はあります。

 

胎教のための音楽の聞かせ方!ママのリラックスが一番大事!

 

胎教のための音楽の聞かせ方ですが、
特別なことはいりません。

イヤホンで聞いても、
スピーカーから聞いても
効果があります。

大事なのはママの状態です。

 

ストレスが溜まり、
イライラしながら音楽を聴いても
良い胎教にはなりません。

音楽を聴くことで、
ママであるあなたが
リラックスできるなら
良い胎教となります。

ママがリラックスして
心穏やかでいられることが
良い胎教につながります

 

お腹にいる間、
同じ気持ちでいるなんて思ったら、
なんだかますます
愛しくなってきちゃいますね。

 

そんな愛しい赤ちゃんのためにも、
ママが無理をするのはダメです。

心穏やかにいられるように
過ごして下さいね。

 

まとめ

 

胎教のためにと
イヤホンで音楽を聴いても
効果はあります

 

赤ちゃんは妊娠中期には耳が完成し、
音楽やママの声といった「音」や
太陽の光などを
感じ取るようになります。

 

胎教を考えるなら、
遅くても妊娠中期までには
始めた方がよさそうですね。

 

赤ちゃんに
教育的なことをするのが
胎教ではありません

 

ママが良い音楽を聴いて
リラックスすると、
心穏やかに過ごせます。

その気持ちよさは
赤ちゃんにも伝わっています。

そして、
赤ちゃんも穏やかでいられて、
良い成長につながります

それが胎教です。

 

この観点から言えば、
イヤホンで聴こうが
スピーカーで聴こうが
そんなことは関係ないのです。

 

妊娠中は身体も重いし、
体調が悪いこともあったり…

色々と不安になることも
多いと思います。

 

赤ちゃんのためにも
ママであるあなたのためにも、
決して無理はしないで下さいね。

それがいい胎教につながります。

 

参考にしていただき、
元気な赤ちゃんを産んでください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました