災いがあるかも!?おみくじを落として無くした時の対処法!?

季節のイベント

 

おみくじを持って帰ったはいいけど、
落として無くしてしまった…

 

そんな経験ありませんか?

 

もしかしたらそれには災いがある?
神様からのメッセージかも?

 

 

今回は、

おみくじはそもそも持って帰っていいものなのか?

 

また、おみくじを無くした場合の対処法などを
ご紹介したいと思います。

 

そもそもおみくじを持って帰って良いのか?

スポンサードリンク

 

おみくじは神様からのメッセージなのです。

 

大吉などの運勢が良かったものは
持って帰っても良いとされています。

 

ただし、大凶や凶など運勢が良くないものは
木にしっかりと結ぶことをおすすめします!

 

これは凶の運勢を持ち帰ってしまわないよう、
「境内に留めておいてもらう」
という意味があります。

 

 

ただし、お財布に入れるなどして
大事に保管出来るのであれば、
吉凶関係なく持ち帰っても良いのです。

 

ふとした時におみくじ読み返し、
自分を戒めることも大事なことなのです。

 

おみくじを木に結ぶ意味

おみくじを「結ぶ」という行為は、

神様と縁を結ぶ

という意味があるのです。

 

また、木には神や精霊が宿るとされているため、
木の生命力にあやかり、

願い事がしっかり結ばれるように…

という意味が込められています。

 

おみくじの保管に自信のない方は、
ぜひ木におみくじを結んでおきましょう。

おみくじを落とした時はどうすれば良い?

そんなおみくじを
万が一落として無くしてしまっても
安心して下さいね!

 

お守りとは違い、
おみくじは運勢の結果を見るものなので
バチが当たるなどはありません。

 

ただし、故意にゴミとして
捨てたりするのは良くありませんね。

自分を守り、助けていただいているという
神様への日々の感謝の気持ちや
心が一番大事なことなのです。

そうすればきっと、
神様からご利益がありますよ。

 

また、おみくじを無くしたこと自体が
神様からのメッセージなのかもしれません

 

不注意に気を付けて過ごしていれば、
きっと良い運勢に向かっていくことでしょう。

 

大事に保管しよう

神様のバチは当たらないとはいえ、
やっぱり無くさないことが一番ですよね。

おみくじの保管に自信のない方は
木にしっかりと結ぶことをおすすめします!

 

そんなメッセージをくれた
神様へ感謝の気持ちを忘れずに
日々過ごしていきたいものです。

 

また、おみくじの運勢が良くも悪くも
自分を戒めることも大事なことです。

気を引き締めて
毎日を過ごすように心掛けましょうね!

 

皆さんに神様からのご利益がありますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました