タワーオブテラー通常期とレベル13の違いは?

ディズニーのあれこれ

言わずと知れた
東京ディズニーシーの人気アトラクション
タワーオブテラー”。

 

 

乗る度に
「あれ?この間と違うかも?」
なんて思ったことはありませんか?

 

実は、エレベーターシャフトが
A、B、Cと三種類あり、
落ち方が微妙に違うんです。

 

さらに、
2012年から学生を対象にした
キャンパスデーに合わせて導入されている
レベル13というバージョンをご存知でしょうか。

 

冬の期間限定となっているため、
こちらは未体験の方も多いと思います。

 

そこで、レベル13について詳しくご説明します。

 

タワーオブテラーレベル13の落ちる回数は?

スポンサードリンク

タワーオブテラーは
エレベーターに乗り込んだ後、
ハイタワー氏の部屋や鏡の部屋など、
段階的にエレベーターを上っていきます。

 

そして最上階から一気に落下します。

 

しかし2012年に実施されたレベル13では、
この部屋と部屋の途中にも落ちる箇所が増え、
合計4回の落下を体験できます。

 

2015年には
レベル13“シャドウオブシリキ”と変わり、
落下回数も7回に増えました。

 

さらにシリキウトゥンドゥが
迫ってくるような演出もプラスされて
過去一番に怖いと思えるほどの
特別バージョンです。

 

そして、2019年には“アンリミテッド”と題して、
・通常バージョン
・レベル13
・レベル13“シャドウオブシリキ”
の3種類を体験することができる、
何とも贅沢な期間限定イベントとなりました。

 

タワーオブテラーレベル13の怖さはMAX級?

タワーオブテラーは通常期でさえも、
東京ディズニーシーの中では
最もスリリングなアトラクションですが、
それがレベル13となると
怖さもMAX級です。

 

絶叫系が大好きな学生たちのために、
春休み期間に毎年実施されてきました。

 

アンリミテッド期間では、
まずハイタワー氏の書斎に入る部分から
分岐が分かれます。

 

有名な
「シリキウトゥンドゥが消えてしまう?!」
トリックシーンですが、
その後の演出が2パターン用意されています。

 

書斎を出ると、
いよいよ乗り場まで移動しますが、
シャフトがA~Cの3種類あり、
どこに案内されるかによって、
通常バージョン、レベル13、
レベル13“シャドウオブシリキ”の
どのパターンが体験できるかが決まります。

 

せっかくの期間限定イベントですから、
通常バージョン以外を体験したいものですが、
それは運次第

 

ぜひこの期間は
ファストパスなどを駆使して、
1日に何度か体験したいですね。

 

ちなみに、
2020年以降の実施予定は発表されていません

 

アンリミテッドを実施するのか、
新しいバージョンになるのか、
そもそも実施しない可能性もあります。

 

実施が決まるとリリースにて発表され、
テレビCMでも放映されますので、
タワーオブテラー大好きな学生さんたちは
ぜひ発表を心待ちにしていてくださいね。

 

通常期でもガッカリしないで!より楽しむポイント

レベル13は
冬の3ヶ月弱程しか実施されないため、
ほとんどのゲストが通常期しか
味わったことがないと思います。

 

いつでもレベル13になっていると勘違いして
東京ディズニーシーに行くと、
ガッカリしてしまうかもしれません。

 

しかし、そんな通常期でも
タワーオブテラーには
楽しむポイントがたくさんあります。

 

まずは定番の隠れミッキー

 

スタンバイ列では
ホテルのロビーをじっくり眺めることができますが、
上に飾られているハイタワー氏の
「やってやったぞ!」的な
自慢の絵を見たことはありますか?

 

数々の貴重な品を持ち帰ってきた
ストーリーが描かれているのですが、
そのすべてに隠れミッキーがあります。

 

ファストパスでの入場時や空いている時には
なかなかゆっくり見ることができませんので、
混雑している時こそ
全制覇を目指して探してみてください。

 

次にハイタワー氏が
その魅力に翻弄されたシリキウトゥンドゥですが、
エレベーターに乗り込む前に
その存在を確認することができます。

 

もし、あなたが書斎を出て階段を上り、
2階に通されたのならチャンス到来です!

 

A~Cシャフトに通される直前、
右側に大きな顔のような
遺跡が吊り下げられていますが、
その口の中をよ~くよ~く見ててください。

 

緑色に光るシリキウトゥンドゥの目が?!

 

見つけた時は恐ろしくて
ギョッとしてしまうはずです。

 

その他にもさすがホテルとあって、
色々な施設や展示物を見つけることができます。

 

薄暗い中を目を凝らして探してみてくださいね。

 

 

まとめ

タワーオブテラーのレベル13は
期間限定イベントとなります。

 

通常バージョンとは
落下回数や落ちるタイミングなどが
変更されています。

 

レベル13も
“シャドウオブシリキ”にバージョンアップすると、
落下回数や演出がより怖いものに変化しました。

 

さらに2019年には
“アンリミテッド”と題して、
通常バージョン、レベル13、
レベル13“シャドウオブシリキ”の
3パターンが用意されました。

 

2020以降の実施予定は発表されていません。

 

オリンピックイヤーとなる年、
今まで以上に
最恐のタワーオブテラーに期待したいですね。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました