ハニーハントは妊婦さんOK?NG?マタニティディズニーを楽しむ方法

ディズニーのあれこれ

妊娠中期を過ぎると、外出することも増え、
中には東京ディズニーリゾートへ遊びに
行きたいという妊婦さんも多いと思います。

そこで、妊婦さんが気になるのは、
乗れるアトラクションがあるのかどうか?
ではないでしょうか。

今回は、東京ディズニーランドの
“プーさんのハニーハント”を例に、
妊婦さんが楽しめるオススメの遊び方
ご紹介します。

 

ハニーハントは妊婦さんが乗れるアトラクションなの?危険はない?

スポンサードリンク

 

プーさんのハニーハントは妊婦さんが
乗っても大丈夫なアトラクションなのでしょうか?

まず、乗ることが可能かどうかで言えば、
答えは可能です。

ただし、
乗ることに関しては自己責任になってしまいます。

 

“プーさんのハニーハント”は、
くまのプーさんと一緒にハニーポットに入って
はちみつを探しに行くというアトラクションです。

絵本の中に入り込み、
おなじみのキャラクターたちと出会い、
憧れの冒険へと連れて行ってくれます。

 

気を付けてほしいのが、
プーさんというキャラクターと世界観は、
ほのぼのしていて可愛らしいイメージですが、
このアトラクションは乗り物がコーヒーカップの
ように回ったり、飛び跳ねたりと意外に激しく動きます。

そして、安全バーがお腹あたりに当たることから、
遠心力や食い込みが気になってしまうかもしれません。

 

妊婦さんは乗ることができますが、
オススメできるアトラクションではありません。

 

ディズニーで妊婦さんが乗れるアトラクションは何がある?

 

ハニーハント以外で、東京ディズニーランド・
東京ディズニーシーで妊婦さんが乗れる
アトラクションはあるのでしょうか?

絶叫系などの激しいアトラクションでなければ、
妊婦さんでも乗ることが可能なアトラクションはあります。

ただし、
必ずアトラクションごとに注意書きで表記されていますので、
乗る前にご確認ください。

 

オススメのアトラクションは、

  • 船や電車などの移動式の乗り物(高低差や速度が速くないもの)
  • 自分の足で歩いてまわるもの
  • シアタータイプで座席が揺れないもの

です。

トランジットスチーマーライン

例えば、東京ディズニーシーの
“トランジットスチーマーライン”という
アトラクションは、船でパーク内を
移動することができます。

シーの見事な景色と
船内を通る風にあたって、まるで海外旅行を
しているかのような気持ちにさせてくれます。

お腹が大きくなってくると、なかなか歩くのも
大変ですので、このような移動手段を使えば
広大なパークを楽に移動することができます。

 

シンデレラのフェアリーテイル・ホール

自分の足でまわるアトラクションは、
東京ディズニーランドの
“シンデレラのフェアリーテイル・ホール”
などがあります。

シンデレラ城の中に入ることができて、
なんとあのガラスの靴も飾られています!

マタニティ姿を記念に撮影するにはぴったりの
場所なので、ぜひ行ってみてくださいね。

 

スティッチ・エンカウンターとタートル・トーク

シアタータイプのアトラクションでは、
東京ディズニーランドの
“スティッチ・エンカウンター”や
東京ディズニーシーの“タートル・トーク”は
いかがでしょうか。

キャラクターとのおしゃべりを体験して、
笑いのある楽しい時間を過ごせます。

 

並ぶのが大変な時はゲストアシスタントカードを!キャストさんに相談しよう!

もし、お腹が大きくなって、長時間
アトラクションに並ぶことがつらい場合は、
キャストさんに相談すると、
ゲストアシスタンスカードというものを
もらえる場合があります。

 

ゲストアシスタンスカードは、
お手伝いが必要な方の負担を軽減するための
カードなのですが、妊娠中の方も利用することが可能です。

 

このカードをもらうと、
グループで利用する場合は、代表者が列に並び、
妊娠中の方は別の場所で待機することが可能になります。

アトラクションへはグループ全員揃った状態で
キャストさんに相談してくださいね。

 

また、このカードはアトラクションだけでなく
グリーティング施設でも利用することができます。

妊娠中にミッキーに触ってもらうと安産!
なんていう可愛らしい噂もありますので、
アトラクションが不安な方は、
普段なかなか会うことができないキャラクターたちと
マタニティフォトを撮ってみてはいかがですか?

(ゲストアシスタンスカードを以前利用された
ことのある方は、2019年からルールが変更と
なっていますのでご注意ください。)

 

まとめ

 

ハニーハントは妊婦さんが乗車することができますが、
ハードなアトラクションなため注意が必要です。

船や電車などのパーク内を移動するアトラクションや、
自分で歩くタイプのアトラクション、
シアタータイプで座席が動かないアトラクションなどは
比較的妊娠中でも負担が軽いと思われます。

 

アトラクションが不安な方は、
グリーティング施設でキャラクターと記念写真を撮って
ゆっくり園内を散歩するだけでも気分転換になりますので、
ぜひ試してみてくださいね。

 

ディズニー大好きさんには年パスがオススメ!
年パスならゆったりディズニーを楽しめます^^

ディズニーの年パスを買うと後悔するのはどんな人?元を取る楽しみ方!

ディズニーの年パスについてこちらの記事で詳しく解説していますよ〜

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました