インディ・ジョーンズの怖さはどれくらい?ディズニーシーで何番目?

ディズニーのあれこれ

ディズニーシーのロストリバーデルタにある
「インディ・ジョーンズ・アドベンチャー:
クリスタルスカルの魔宮」

 

映画「インディ・ジョーンズ」シリーズを舞台にした
ライド系のアトラクションです。

ゲストは12人乗りのジープに乗って、「若さの泉」を
探す魔宮ツアーに参加します。

もちろん映画を観たことがなくても楽しめます!

 

ロストリバーデルタでも特に目立つ大きな古代神殿。

一見するとなんだか怖そうなアトラクションですよね。

では、
実際のところ怖さはどのくらいなのでしょうか?

 

 

インディ・ジョーンズはディズニーシーのアトラクションの中で何番目に怖い?

スポンサードリンク

 

ズバリ、 4番目に怖いです!

ただしあくまでも個人的な意見ですが・・・。

インディ・ジョーンズはディズニーシーの中でも、
怖いアトラクションの一つとして知られています。

でも実はそれほど怖くありません。

 

わたしの周りのディズニー好きな人に聞いても、
シーの中では3番目か4番目に怖いアトラクション
という人が多いですね。

 

なぜなら、タワー・オブ・テラーや
センター・オブ・ジ・アースほどの
スピードや浮遊感はありませんし、
レイジングスピリッツのような360度回転1回もないからです。

 

乗ってみると、とても速く走っているような感じがしますが、
本当はそれほど早くありません。

 

怖いと言われていれる原因、それはゲストが乗るシープの
動き方にあると思います!

 

乗車中は急停車や急カーブ、真っ暗闇の中を車がどちらに
進むかわからないまま、左右上下に体が激しくゆさぶられます。

ジープから投げ出されそうな感覚です。

まるで本物の車でオフロードを走っているようです。

 

乗車時は、荷物などは足元のネットに入れるように
アナウンスされます。

中途半端に持っていたらきっと振り落とされるでしょう。

それが怖いんですよね!

 

絶叫系が大丈夫なわたしでも、真っ暗闇の中で進行方向が全く
分からずにガタガタと急発進をくり返している時は怖かったです。

 

他にアトラクション内部の不気味さも怖さをあおっていると
思います。

怪しく光るクリスタルスカルやドクロの形をした大岩。
壁一面を覆う虫の大群や大蛇の群れ。
回廊には口から矢を吹く無数の戦士の彫像。

・・・気味が悪いですよね。

他のアトラクションに比べるとリアリティのある怖さです。

 

お子さんや怖がりな方は乗り物自体の怖さよりも
その雰囲気で怖がってしまいそうな感じです。

 

インディ・ジョーンズは絶叫系が苦手でも大丈夫?

絶叫系が苦手なあなたでも大丈夫ですよ!

なぜなら、インディ・ジョーンズは急降下が一度あるくらいで、
高低差のある落下や、他のジェットコースターのような
浮遊感はほぼありません。

もちろん1回転もありません。

スピードもキッズ向けコースターより遅い時速24キロ

これを聞くと意外に思うかもしれませんね。

 

実は「フランダーのフライングフィッシュコースター」や
「ガジェットのゴーコースター」よりも遅いのです。

こちら2つのコースターの速さはどちらも時速33キロ。
インディ・ジョーンズは9キロも遅いんです!

 

どうでしょう?
インディ・ジョーンズがあまり怖くなくなったのでは
ないでしょうか?

車が急停止、急発進するため、ひょっとしたら絶叫系が苦手な
人よりも、乗り物酔いしやすい人の方が危険かもしれませんね。

 

ただ、乗車時間は約3分と短めなので、きっと夢中になって
楽しんでいるうちに降り口に着いてしまうと思いますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ディズニーシーのロストリバーデルタに立ち寄ると、
高くそびえ立つ神殿が気になる。

でも絶叫系は苦手だし、何だか怖そうだから乗ったことがない
というあなた。

ぜひ一度チャレンジしてみてください。

 

他の絶叫系とは一味違った、インディ・ジョーンズの世界が
楽しめます。

また乗りたくなること間違いなしですよ!

 

ディズニー大好きさんには年パスがオススメ!

ディズニーの年パスを買うと後悔するのはどんな人?元を取る楽しみ方!

ディズニーの年パスについてこちらの記事で詳しく解説していますよ〜

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました