サンゴの死骸を持ち帰りしたら罰金って本当?沖縄のルールは厳しい!

お出かけ&旅行

沖縄と言えばきれいな海!

沖縄旅行でシュノーケリングをしたり、ダイビングをしたりする人は多いことと思います。

そういったマリンアクティビティーをしなくてもきれいな海辺を散歩するだけで心は癒されますよね!

そんな美しい沖縄の海岸を歩いているとサンゴがちらほら……。

「沖縄旅行の思い出に持ち帰ろう♪」

ってなりますよね?

 

でもダメなんです!

それやっちゃダメ。

 

知らない人もいるかもしれませんが、サンゴを持ち帰ることは立派な法律違反なんです。

「え!うそ!」

と驚いたあなた。

そんなあなたのためにサンゴの取り扱いについてお話ししていきますね。

 

サンゴの持ち帰りは禁止?沖縄の砂浜にいっぱいあるのに!?

スポンサードリンク

 

海に生息しているサンゴはもちろんのこと
海岸に転がっているサンゴも持ち帰ってはいけません

 

これは日本の法律で決められていることです。

沖縄県のHPでもサンゴの採取禁止について紹介しています。

サンゴは海全体に大きな影響を及ぼす大切な生き物です。

石に見えますが生きています。

サンゴは海の生き物のすみかでもあります。

光合成をして酸素を排出し海の酸素濃度のバランスを保つ大きな役割を担っているのです。

 

きれいな海や魚たちはサンゴのおかげです。

サンゴは海の生態系を守ってくれているんですね。

 

さて、沖縄に限らず日本全国の海岸は「国有財産」となっています。

その国有財産の地にあるものはサンゴの死骸であっても、そして砂や貝でも拾ってはいけないことになっています。

それを許してしまったらたくさんの人が拾って持ち帰ってしまい、どんどん減ってしまいます。

 

最終的には地形すら変わってしまうかもしれません。

地形が変わるなんていうことはあってはなりません。

このような理由から拾って持ち帰ってはいけないと法律で定められているのです。

 

サンゴを持ち帰りたい!方法はあるの?沖縄の決まり事とは?

 

旅行の時に小さな子供が数個ほど貝殻やサンゴを持ち帰ってしまうという範囲であれば目をつむってくれることが多いようです。

厳しく罰せられるのは密漁レベルです。

罰金や懲役もあります。

ですが、基本的には持ち帰ってはいけません

 

もしもあなたのお子さんがサンゴを持ち帰ってきてしまったら、ちゃんと説明してあげてくださいね。

環境について親子で話す良い機会です。

沖縄のきれいな海のためにルールをきちんと守り、サンゴを大切にしていく必要があるのです。

 

これまでの説明でサンゴを持ち帰ることはダメだということを理解していただけと思います。

だけどサンゴが欲しい!

というあなた。

海に生息するサンゴも死骸のサンゴも拾ってはいけませんが養殖のサンゴならお土産屋さんで購入できます

サンゴを採取することを許可されている業者もありますが、基本的にはお店で売っているサンゴは養殖のものが多いようです。

自分や友人へのお土産としてサンゴのアクセサリーや置物なんてどうでしょう?

養殖といっても立派なサンゴです。

きっと沖縄を感じることができますよ。

 

こちらでは、
本物のサンゴのかけらと
貝殻をSETで購入できますよ〜!

楽天なら安心ですね。

 

まとめ

 

海の生態系を守ってくれているサンゴ。

そのサンゴを持ち帰ることは日本の法律で禁止されています。

密漁レベルは罰金や懲役刑もあり得る犯罪となります。

海岸に落ちているサンゴもたとえ死骸であっても、拾って持ち帰ってはいけません。

今回お話しした通り、持ち帰ってはいけないきちんとした理由があります。

絶対にだめですよ~。

知らない人がいたらちゃんと教えてあげてくださいね。

沖縄旅行の思い出にサンゴが欲しい場合には、お店で売っている養殖サンゴを購入しましょう!

アクセサリーになっていたりして養殖と言ってもきれいですよ。

沖縄のきれいな海を守るため、持ち帰りたい気持ちをぐっとこらえてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました