卒業式で泣かない方法!効果抜群で簡単な涙を止める5つの方法!

疑問解決法

楽しかった高校生活。

いよいよ卒業も間近です。

 

充実した高校生活を振り返ると、

「卒業したくない!」
「寂しい!」

そんな気持ちから
泣いてしまう生徒もたくさんいますよね。

でも、

「泣いてしまいそうだけど泣きたくない!」
「泣くところをみんなに見られたくない!!」

そんなあなたの気持ち、わかります。

 

泣いているところを親に見られたくない、
泣くなんて友達からバカにされる、
自分の泣く姿が好きじゃない、
恥ずかしい、
そんな理由があるようです。

 

それでは、
卒業式で泣かない方法!
涙をこらえる方法をご紹介致します。

 

卒業式で泣かない方法!なんとか涙をこらえる方法はある?

スポンサードリンク

 

卒業が辛くて寂しい、
きっと自分は泣いてしまう。

でも、泣く姿を誰にも見られたくない。

涙をこらえたいときの対処法はこちらです!

 

頭のかなでは卒業とは別のことを考える

卒業や高校生活のことを考えると、
感情が高ぶって涙の原因となります。

 

そんなときには、
卒業とは無関係のことを考えましょう

 

例えば、好きな曲を頭で歌う、
面白かった本やテレビを思い出す、
一人しりとり、
歴史上の人物を挙げていくような
一人古今東西など、
卒業式から気をそらす方法です。

 

深呼吸をしてみる

深呼吸は、
緊張した時に気持ちを
落ち着けることも多いように、
感情をいったんリセットしてくれる
役割があります。

泣きそうになれば、
深呼吸をすることで
気持ちを落ち着かせられるようです。

 

口を動かしたり舌を出したりする

人は食べながらないたりするのが難しいようにできています。

涙を堪えるには飲み物を飲むのもオススメなのですが、
卒業式では飲めないですよね。

そこで、泣きそうになったら、
口を動かしたり、舌をちろっと出すと涙がひっこみます。

気持ちで気を反らせない場合にオススメの方法です。

 

目をきょろきょろ動かしたりまばたきをする

涙が出そうになると、
目を動かすと涙が出にくくなります

目玉を上下に動かしたり、
まばたきをしたりする動作が効果あり。

 

身体の一部に刺激を与える

手を強く握ったり、
つねってみたり、咳ばらいをしたり。

身体の一部に刺激を与えると、
悲しい、寂しい気持ちをそらすことが出来ます。

 

出てしまった涙をごまかす方法

つい涙が出てしまった、
でも泣いてると思われなければ
泣いていることにはならないですね。

ごまかす方法は、
涙をあくびに変えてみる、
目が痛いふりをして
そっとハンカチで拭いてみる、
下を向いて何も起こっていないフリをする。

試してみてください。

 

卒業式に泣く理由ってなんだろう?卒業式の心理とは?

 

卒業式で泣いちゃう理由、
わたしはコレです!

  • 普段無口な男子が泣いているのを見てもらい泣き。
  • 生徒指導の強面の先生が泣いているのを見てもらい泣き。
  • 高校生活の楽しいことを振り返ると泣けてくる。
  • 仲良しの友達との別れが寂しくて…。
  • 高校が楽しかったから、この日常が終わって欲しくなくて涙が出てくる。
  • 卒業式の歌を歌っていると、歌詞に泣ける。共感して泣ける。
  • 卒業式の歌のメロディー、ピアノの音で泣ける。
  • 卒業後の不安な気持ち、これからの将来を思うと不安が大きくて寂しくなって泣ける。

 

卒業式は、
これまでの思い出を振り返りながら迎える別れです。

別れは、
新しい環境への不安も入り混じると
寂しさや不安を伴いますね。

 

卒業式に泣いてしまう心理は、
日常が終わる、
楽しかったころには戻れない寂しさ、
懐かしむ気持ちからくる感動、
周囲への感謝からくる
感情表現からくるのではないでしょうか。

 

もらい泣きは
泣くつもりはなかったのに
泣いてしまった理由に多いようです。

特に、日頃涙とは程遠い人が
泣いている姿を見ると、
自然と心に響きますよね。

卒業式という厳かな雰囲気も合わさり、
感傷的になりやすいのもあるでしょう。

 

ピアノの音も涙を誘うようです。

音に感情が宿るのか、
もしくは感情を宿して音になるのか、
音楽の世界にも
感情を動かす役割があると思います。

 

まとめ

 

卒業式は、
寂しい、悲しい、別れたくない、
そんな気持ちになりますよね。

別れは寂しいですが、
それだけ良い関係を築けた、
良い体験をしてきたという
嬉しい結果でもあります。

 

泣かない方法を試しながら、
どうしても泣いてしまったときには
良い思い出として
覚えていてくださいね。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました