車のUVカットフィルムには寿命がある!?効果に期待しすぎはNG!?

疑問解決法

暑い夏、
強い太陽の日差しが
気になります。

車に乗っていても、
窓越しに日焼けをしてしまいます。

 

その対策として
まず考えられるのが、
窓にUVカットのフィルムを
貼り付けることです。

 

 

UVカットフィルムの貼り付けと言っても、
着色フィルムの貼り付けは
フロントガラスと
運転席・助手席のドアガラスは
法律により禁じられています

仮に透明フィルムの貼り付けであれば、
透過率70%以上
である必要があります。

 

 

さて、いざUVカットフィルムを
貼り付けたとして、
その効果は
実際どれほどあるのでしょうか。

また、その効果は
どれほど持続するのでしょう。

 

今回のテーマは
自動車用UVカットフィルムの
効果と寿命についてです。

快適なカーライフのために
参考にしていただければ幸いです。

 

UVカッフィルムの寿命とは?

スポンサードリンク

 

自動車用フィルムに関する記事で、
分かりやすいサイトがありましたので
ご紹介いたします。
https://genesisofnext.net/2568.html

 

 

着色フィルムでも、
透明フィルムでも、
時間の経過と共に
劣化は必ず起こります。

 

傾向としては、
量販店で販売されているフィルムは、
ガラス専門店で使用されている
フィルムに対して
寿命が短い傾向にあります。

 

一般的によく聞くのが、
量販店のフィルムの寿命は3年程度です。

一方専門店で使用されているフィルムは、
製品の特徴にもよりますが、
大体1.5倍から2倍程度は長持ちする
と言われています。

 

 

寿命を迎えた
フィルムの外観の影響は、
着色フィルムであれば、
濃度が薄くなったり
くすんだりします。

透明フィルムであれば、
光の透過率が落ちます。

当然寿命を迎えたフィルムは
貼っていても意味を成さないため、
効果を期待するなら
再施工の必要があります。

 

 

ちなみにフィルムを剥がすとき、
ご自身で行う場合は、
ガラススクレーパー
ガラスクリーナー
準備されることを
強くお勧めいたします。

フィルムのノリが
確実にガラスに残り、
視界がかなり悪くなり、
パワーウィンドウが
正常に作動しなくなるため、
しっかりノリを除去する
必要があります

 

UVカットフィルムの効果をきちんと知ろう

 

UVカットフィルムの効果とは、
光の透過率紫外線遮蔽率でしょう。

 

どの様な濃さのフィルムで、
紫外線をどれほどカットするのか、
まず製品の特徴を
しっかり確認しておきましょう。

せっかくお金を掛けて
貼り付けるのですから、
後悔のないように
しておきたいものですね。

 

まとめ

 

古い車でなければ、
最近は純正の窓ガラスでも
UVカットの効果があります。

 

したがって、
フィルムは純正の窓ガラスの
UVカット効果を補う形になるため、
どちらかというと、
プライバシー性を高める目的で
貼り付ける傾向があるのではないか
と思います。

 

また、フィルムの種類によっては
熱反射機能など、
車内温度対策に
有効なフィルムもありますので、
性質をよく確認しましょう。

当然、付加機能が増えれば
材料費が高くなりますので、
ご予算の確認も必要ですね。

 

 

最後に、
日焼けを気に掛けるのであれば、
やはり自動車に乗る場合でも
肌の露出をできる限り控えることが
一番だと思います。

万全の対策で、
夏のドライブを満喫しましょう。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました