水冷た!海水浴を楽しむためには水温と気温を両方チェックすべき?

季節のイベント

 

待ちに待った海開き。

 

気分はもう夏!

 

でも、日によっては
肌寒く感じる日がありますよね。

 

 

せっかく来た海水浴、
でもいざ入ってみると寒くて楽しめない…。

 

そんなことは避けたい!

 

海水浴を楽しむためには、
快適に泳げる水温と気温が重要です。

 

それでは、快適な海水浴を実現する方法を
ご紹介致します。

 

快適に海水浴を楽しめる 水温と気温は何度なの?

スポンサードリンク

 

小学校のプール授業。

 

雨は降っていない、
むしろちょっとだけ太陽も出ているのに、
今日は中止です。

 

そんな記憶もあると思います。

 

これには、水温と気温が関係しています。

 

海水浴でも、
水温と気温を知っておく必要があります。

 

快適な気温は?

 

海水浴での快適な気温は、
28度以上あれば寒さを感じることはないと
考えられています。

 

水着姿の場合、25度前後以下になると、
肌寒く感じることがあるようです。

 

他にも、28度以上あっても風が強い場合は、
気温のわりに肌寒く感じることもあります。

 

まずは、快適な気温は28度。

 

25度以下は肌寒く感じると
把握しておきましょう。

 

 

快適な水温は?

 

水温は、気温によって左右されます。

 

気温が高い方が水温も高くなります。

快適な水温の目安は、
それぞれの体感もありますが、
温水プールでは水温28度から29度
設定されているところが多いようです。

 

温水プールのあの体感温度を思い浮かべて、
あの程度なら快適!と感じた場合は、
水温は29度前後が快適と考えられます。

 

海水浴場での基準は、
水温21度以上なら遊泳可能としている場所も
あるようです。

 

水温が快適かどうかは、
個人差もあると考えられます。

 

どうやったら調べられるの?


気温は、海水浴に近い場所の天気予報
こまめにチェックしましょう。

 

気温と同時に、太陽が出ているのか
曇りの度合い風の強さも要チェックです。

 

水温についても、天気予報で
海水温を公表していることがあります。

 

テレビよりも、インターネットでの
検索のほうが見つけやすいようです。

 

特定の海水浴場では、
ホームページ上にその日の水温と気温を
公表している場合もあるようです。

 

水温は、実際に入ってみた体感温度も
大きく影響するので、日焼け止めもかねて、
水着の上に長袖のラッシュガードを
持参することをおすすめいたします。

 

まとめ

海水浴場で、快適に泳げる
水温と気温についてご紹介致しました。

 

気温は、28度以上というのが
ひとつの目安のようです。

 

水温についても、
気温が大きく影響していますので、
天気に関する情報を事前入手しておくと、
より快適な海水浴を
楽しみやすくなると思います。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました