ご祝儀が少ないって後から気づいた!後悔してももう遅い!?

結婚式・新婚旅行&結婚祝い

周りが
「結婚ブーム続き!」
という方も多いと思います。

 

そこで、
結婚式に欠かせないのがご祝儀です。

 

「ご祝儀貧乏」
という言葉があるように、
立て続けだと
お財布も厳しくなってしまいますよね。

 

そんな結婚式…

ご祝儀に包んだ金額を
少なくしてしまい、
後悔をしていませんか?

 

そこで、
追加でお詫びは
出来るものなのでしょうか?

 

今回は、ご祝儀に追加で
お詫びをしたらマナー違反なのか?

また、お詫びをするなら
どのようにしたらいいのかを
ご紹介致します!

 

ご祝儀が相場よりも少ない…お詫びに後から何かできる?

スポンサードリンク

 

ご祝儀は
一般的には3万円が相場
と言われています。

 

お食事代、引き出物、お祝い金を
含めて考えると
3万円が妥当なんです。

その
「3万円より
少ない金額を包んでしまった…」
という方もいらっしゃると思います。

 

実はご祝儀は気持ちなので、
お詫びというのは
特に必要がないのです!

あまりシビアに考えなくても
大丈夫なんです!

 

例えば、
少なかったからといって
お金を追加で渡すと、
「またお返しをしないと!」
と相手を悩ませることに
なってしまうんです。

 

でも、
「後悔をしちゃうから
どうしてもお詫びしたい!!」
という方も
多いのではないでしょうか?

 

そこで、
相手に気を遣わせない方法があるんです!

それは別の機会に
お詫びをすることです!

 

出産祝い

出産祝いで少し奮発して
お詫びをする方法です。

ご祝儀の追加として渡されるより
こちらの方が相手は
断然受け取りやすいですよね♪

特に赤ちゃん用品
洋服おもちゃなどが喜ばれます!

2人を応援するためにも
この方法はおすすめです♪

 

食事

2つ目は食事をご馳走する方法!

食事で話を切り出して
素直に謝る方法です。

特に親しい友人でしたら
この方法も良いかと思います!

相手は多少
気を遣ってしまうと思いますが、
素直に謝ることで
スッキリとするはずです!

 

ご祝儀の追加ってありなの?マナー的に考えるとどうなる?

 

ご祝儀の追加はマナー的には
特には問題ありませんが、
少なからず
相手に気を遣わせてしまうので、
追加の方法にもよると言えるでしょう!

 

例えば、
追加でお金を渡すと
相手は気を遣ってしまいますよね。

なので、なるべくなら
別の機会に品物を贈るようにするのが
いいかと思います!

これなら相手も
受け取りやすいですよね!

 

相手の気持ちになって考えよう

 

いかがでしたか?

ご祝儀の追加は
なるべくならしないのが
一番いいのですが、
モヤモヤしたままにしておくのもどうかな…
と私は思います!

 

後悔するようなら
行動あるのみですよね!!

 

お詫びはお金を渡すのではなく、
品物贈るようにしましょう!

 

相手がこうだったら受け取りやすい!など、
相手の気持ちになって考えて
行動することが大事ですね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました