子どもがいない劣等感から解放される!自分の人生を歩む方法!

子供いない系悩み

子どもがいないことで、
長年劣等感を感じて、
ずっと辛い日々の生活を
送ってきたあなた。

 

「いずれは子どもが出来るから~」

と若い頃は
思っていたことでしょう。

 

気づくと30代が過ぎ、
40代になってしまい、
諦めざるをえない…

と思ってはいても、

「やっぱり子どもが欲しかった…」tr

と心の中で思ってしまい、
余計劣等感が
増してしまっているはずです。

 

 

では、
なぜ子どもがいないことに
劣等感を感じてしまうのか、
そして、
これからの人生を幸せにする、
感じる方法について
一緒に考えながら
見ていきましょう!

 

なぜ子供がいない事に劣等感を感じてしまうのか

スポンサードリンク

 

子どもがいないことに
劣等感を感じてしまう主な原因は、
年齢があがることで
劣等感が増えてしまうこと…

40代のあなたに当てはまる
7個の原因を見ていきましょう。

 

①長年求めていたのに 恵まれなかったから

ずっと待ち望んでいたのに、
なかなか子どもに恵まれなく、
恵まれなかったのは
自分のせいだと
思い込んでしまう

 

②集まりの度に 年頃の子どもの話ばかりだから

子どもの進学や
子どもの学校行事の話しに
恋人の有無など、
とにかく子どもの話題ばかり

 

③子どもの将来の話しや 結婚話を振られる

将来の話しや結婚話について、
関係ないのにも関わらず
意見を聞いてきたり、
話しを振ってくる

 

④子どもがいないことで 老後の心配をされてしまうから

「子どもがいないから
今後の世話は誰がするの?」
など、関係のない人から
ムダな心配をかけられる

 

⑤老後の心配をされてしまい、 自分でも心配になってくるから

今後の世話などについて
根掘り葉掘り聞かれているうちに、
自分でも不安にかられてしまう

 

⑥親戚や身内の集まりで 遠回しに子どもについて 言われるから

「子どもってかわいいのにね~!」
「あなたのところって
子どもいたんだっけ?」
など、ちょいちょい遠回しに
チクチク攻撃を受けるから。

 

⑦親戚や身内の集まりで 孫の話しをされてしまうから

「もうすぐ孫が生まれるんだ~!」
「孫はいつ見れるかね~?」
など、
言われたくもないし
聞きたくもない話題を
わざわざ
集まりの度に話されるから

 

 

以上が
40代の人に当てはまる
子どもがいないことで
劣等感を感じてしまう
と言われる原因になります。

 

若い頃よりも
年齢があがることで
子どもがいない劣等感よりも…

老後や孫の話題で
更に劣等感が
強まってしまうのです。

 

劣等感を感じやすいのは、
男性よりもやはり私たち女性です。

男性よりも女性の方が
ズバズバ物事を
はっきり言ってくるし、
どちらかというと
集まりがあると
自分を優位に置きたいがために、
相手のないものを
わざわざ話題にしたりするため、
劣等感を感じることが多いです。

 

これから人生を幸せにする方法

 

まだ40代だから、
これからの人生楽しまなくては
いけませんよ!

 

まず、あなたにはないものよりも
あなたにあるもの
をきちんと見つめてください!

 

40代でこれからの人生を
幸せにするあなたのあるもの…

一緒に考えながら
一つずつ見ていきましょう♪

 

①自由に使うことのできる 時間がある

子どもがいるってことは、
子どもに時間を
取られているということ。

あなたには
その時間はないのです。
すなわち、
あなたの自由な時間が
たくさんあるということ!

 

②行きたい場所に 気軽に行くことができる

自分の予定が立てやすいため、
行きたい場所に
気軽に行ける時間も
余裕もあるってことです。

子どもがいると…
行きたくても
気軽になんていけません。
予定だって立てづらいですよ。

 

③好きな趣味に 没頭することができる

趣味にお金も時間も
かけることが可能です!
子どもがいると、
お金も時間も
余裕なんてありません。
趣味があっても
なかなか出来たりすることはないですよ。

 

④「大人の時間」 とよばれるときを 楽しむことができる

時間を気にすることなく
語り合ったり、
飲み明かしたり
することができる。
(仕事などで
終電の時間などを除く)

子どもがいると、
どうしても時間が限られてしまうし、
場所も限定されてしまうので、
「大人の時間」
は確保できません。

 

⑤これからも 「女」として生きていける

ずっと女として生活していける
独身なら
恋愛を楽しむことができるし、
既婚者なら
旦那さんと旅行などを楽しめ、
年月を重ねても
異性関係でいられます。

子どもがいると…
「女」ではいられません。
「母親」が先行するので
「女」である
楽しみがないと言えます。

 

 

以上が、
これからの人生を
楽しめて幸せに過ごすことができる
と考えられる方法などです。

 

「子どもがいないから
人生幸せじゃない。」

なんてことはありません!

 

どちらにも
人生が幸せになる方法は
たくさんあります。

その方法を
あなたに合ったものを
見つけ出すことで、
この先の
幸せいっぱいの人生に
なっていきます。

 

もう一度見て、
参考にしながら
あなたに合いそうな
幸せ人生プランを
考えてみてください!

 

まとめ

 

いかがでしたか?

はじめは
子どもがいないことで
長年劣等感を感じて
辛かった日々だったと思います…。

 

今回の内容を見て、
少しでも辛さがなくなって、
ちょっとでも
「前に進めそう!」
と思ってもらえたらと思っています。

 

まずは、
あなたにはたくさんの
「あるもの」が隠されているので、
見つけ出してみてくださいね♪

 

そして、
見つけ出したら
内容を参考に、
明るく幸せな人生プランを
考えてみてはどうでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました