自分だけ独身で惨め…既婚の友達の集まりに行きたくない時の対処法!

未婚の悩み

学生時代からの友人で、
定期的に会う女子仲間。

自分だけが独身で、
あとはみんなママで妻。

 

 

話題となるのが
夫のこと、子供のこと…

なんだか話に入っていけない。

 

 

つながりを断ちたくない
大切な友人はみんな既婚者でママ!

でも自分だけ独身の集まりで、
どのような気持ちで会えば
楽しく会えるでしょうか?

 

自分だけ独身で旦那さんや子供の話に付いていけない!

スポンサードリンク

 

結婚すれば、
女性は自分の立場が変わります。

 

ワーキングママであっても、
帰宅すればママであり妻です。

生活の中心が
家族の生活となるため、
自分のこと以上に
夫のことや子供のことを
一番に考えた生活になってくることが
日常的にあります。

久しぶりに集まった
昔からの友人が集まれば、

「共感したい」
「共通の話題で
分かってもらいたい」

という気持ちが
強くなると思います。

 

 

大多数の
仲良し女子が
楽しそうであれば、

「自分も楽しい、みんなも楽しい」

という雰囲気になるのが
女子の集まりです。

 

 

そこに悪気はないようです。

 

ママで妻という
共通する立場の女性が
大多数という集まりでは、
話題は自然と
子供のこと・夫のことという、
その場における大多数が
共感している
内容になりがちです。

 

独身である立場の女性が一人だけ、
という状況になれば、
共感の場に入りにくくなります。

 

 

自分だけ独身の集まりで、
旦那さんや子供の話に
付いていけないのは当たり前です。

 

大人げないということではなく、
当然の気持ちだと思います。

 

やっぱりみんなそうだった!自分だけ独身の時こんな言葉が嫌だった事例

・結婚したらわかるよ。
(独身であることを
下に見られた言い方で、
結婚していることが
偉いような言い方で腹が立つ。)

 

・独身は楽、今のうちに遊んだほうが良いよ。
(独身なりに悩みはあるし、
生活も自立した人生を送っています!)

 

・旦那さん同行の食事会
(友人と会いたかったのに、
旦那さんがいると気を遣います!)

 

・結婚も出産もまだ間に合うよ。
(結婚も出産も焦っていないし
今の生活に満足しているのに、
話も聞かずに結婚するのが幸せ
という価値観を
押し付けられると困ります)

 

 

自分だけ独身の女子の集まりでは、
既婚ママの友人たちが
独身だった頃の気持ちや生活を
想像しにくい状況が生まれます。

その結果、
独身者の話や気持ちを聞く前に、
その場における
【既婚ママ】という
大多数の日常や価値観が普通
という認識になってしまうと、
独身者にとっては
居心地の悪い場に
なることが多いです。

 

自分だけ独身…この状況をどうやって乗り越えるか

 

自分の今の生活環境や立場を
基準にする伝え方は、
時に人を傷つけます。

 

 

独身、既婚、
子供がいるいないに関わらず、
友人であれば
まずその人の話を聞くことから
スタートしたいですね。

 

話すのではなく、
聞くことをみんなが意識すれば
少数派だけが居心地が悪い
という状況にはなりにくいです。

 

しかし、
少数派から発信することは
受け入れられにくいため、
自分だけ独身の集まりが
しんどくなるのでしょう。

 

友人であれば、
そんな独身である
女性の気持ちも
察して欲しいところですが、
久しぶりに会った友人では、
とにかく
「自分が話したい!」
と積もり積もった話で
盛り上がることもあると思います。

 

「聞くより、話したい!」
という気持ちが多い場であれば、
少数派の気持ちを察する話題が
少なくなりがちです。

 

この状況をどうやって乗り越えるか…
ご提案いたします。

 

・聞くに徹する

人は、聞いてもらうと満足します

【聞いてくれることが
共感してくれること】
だと捉えられることもあります。

 

まずは、
自分がその
聞き役になってみましょう。

特別なアドバイスは必要なく、
相手が話しやすいように
するために聞きます

すると、
話し終えた相手は
今度は聞きたくなります。

 

・話題の内容を自分が調整する

独身である
自分にしかわからない
と思うことは言わない。

「結婚したらそうなるのかな」
と想像を膨らませるだけにとどめておく。

その場の話題について深く考えすぎず、
一緒に今でも集まれる関係ということに
焦点を充ててみましょう。

大切な友人とつながっていたい、
元気な姿を見られるだけでOK、
という気持ちです。

 

・疲れる、  嫌な気持ちにしかならないなら…

一緒に過ごして帰宅して、
疲れしか残らないのなら
会う頻度減らすことも
必要かもしれません。

昔はとても仲良く過ごした
大切な友人であっても、
立場や日常が変われば変化します。

今の自分に必要な人や
時間も変化します。

【独身であるから
一緒に過ごすことが苦痛】
ということではないと思います。

既婚の友人と独身の友人で
うまく付き合いが
続いていることもあります。

相手の立場や状況を第一にした
話のやり取りができる関係は、
お互いにとって
有効な時間を
生み出せる関係だと思います。

 

まとめ

自分だけ独身の
集まりに行くのが
辛くなってきた
独身女性の悩みについて
ご紹介致しました。

 

 

友人とのつながりは
当事者同士にしか
わからない関係が
多くあります。

明確な解決法は、

【自分がどれだけ
その友人とつながっていたいか】

という気持ちが
答えだと思います。

 

ただ、
自分だけ独身の集まりに行くのが
辛くなってきた
独身女性の気持ちは、
普通の気持ちです。

 

大切な友人との付き合い方を
今一度見直す
きっかけになるかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました