息抜きさせて!?仕事の休憩くらい一人になってもいいじゃない!

お仕事

 

午前中の仕事が終わればランチタイム。
ホッと一息つきたい貴重な時間ですよね。

しかし、社風によっては、
上司と同僚と一緒に
ランチも過ごさないといけないような
雰囲気の場合があります。

 

 

ランチくらい一人でしたい!
ゆっくり自分のペースで休憩したい!

 

そんなとき、会社の雰囲気を乱さず、
やんわり本心を伝える方法をご紹介致します。

 

ランチを断って一人で休憩するには?

スポンサードリンク

 

本当は

「ランチは一人で
ゆっくり過ごしたいので行きません。」

と言ってしまいたいですが、
上司や同僚の関係を考えると、
本心をストレートに伝えるのは難しいです。

 

日頃の業務にも支障が出たり、
社内での立場が悪くなったりすることも
避けたいですよね。

それでは、うまい言い訳、
うまい伝え方をご紹介致します。

 

1.電話をしたい要件があるので、 今日は控えさせてください。

電話やメールなど、
休憩中にしか出来ない
個人的な要件を理由として、
いけない理由を伝えてみる方法です。

 

2.読んでいる本の続きが気になるので、 一人で休憩したいと思います。

「誰かと一緒にいると
相手に気を遣わせてしまうから
あえてひとりで過ごします」
というニュアンスを伝える方法です。

 

3.お弁当を作ってきているので 一人でランチします。

お昼ご飯を持参して、
ランチにはいかないという習慣を
作ってしまう方法です。

 

ランチタイムは、昼食とそのあとの
ちょっとした自由時間が貴重ですよね。

 

自由に食べて、自由に過ごしたい。

 

つかの間の休息ですから、
上司や同僚と一緒にいたくないわけではなく、
ただ一人でいたい。

という気持ちが大きいのではないでしょうか。

 

実際、プライベートな楽しい食事というより、
仕事の延長上のつきあいという要素もあるので、
疲れると感じる場合もありそうです。

 

一人での休憩と誰かと休憩、 どっちが自分の為?

休憩時間と言っても、
勤務場所の拘束内の時間です。

 

会社によって、
位置づけや過ごし方の雰囲気にも
差があるようです。

 

「一人で過ごしたいな」
と感じる場合は断りの言葉と一緒に、

「また次回ご一緒させてください」

というような、
相手に対する丁寧な気遣いを添える
だけで印象が変わってきます。

 

社内の人と一緒に食事をして、
気軽な雰囲気で
勤務時間とは別の顔を知れたり、
気分転換となる時間を
共有できたりすることもあるでしょう。

一人で過ごす時間は、
本を読んだり自己啓発に充てたり、
勤務時間内の合間に
リラックスする時間として活用するのも
質の良い時間を過ごすことになります。

 

「どちらが自分の為か」
というのは、
その都度変化するのではないでしょうか。

誰かと一緒に過ごすことで、
自分の気持ちが晴れて
リフレッシュすることもありますし、
一人の時間が必要な時もあります。

自分がどうすれば心地よいか】を基準に、
一人での休憩と誰かと休憩を
選択できるようになれば良いと思います。

 

体験談として、
社外に出てランチへという立地ではない会社で、
社内でお弁当が基本の会社でした。

各自お弁当を持参して、
休憩時間の1時間を一緒に過ごすのが、
なんとなくランチタイム
というようになっていました。

ご飯は一緒に食べていましたが、
食後の時間はサッと席を立って
一人で過ごすことを選択していました。

一緒に過ごしたくなかったのではなく、
一人の静かな時間を過ごす方が、
自分にとってはリラックスできるからです。

本を読んだり、
ぼーっとコーヒーを飲んだり、
メールを確認したり…。

その場合は、
「休憩室へ行ってきます」とか、
「ちょっと電話してきます」とか、
なんとなくそばにいる人に
一言かけていました。

別に何も言わなくても
差支えはありませんが、
なんとなく勤務時間内の輪を意識すると、
「一言くらいかけてから自由に過ごそう」
と思っていました。

周囲の人は、
私以外はみんなで一緒に
おしゃべりをしていましたが、
別に後ろ指をさされることもなく、
休憩時間が終われば
また通常業務がスタートし、
また次の日同じように一日が始まる
という具合でした。

 

一緒に過ごしたい人は一緒に過ごすし、
社会人になれば
自由に個人が選択していいのでは
と感じます。

 

まとめ

仕事の休憩時間に
ランチを断って一人で休憩する方法について
ご紹介致しました。

 

それぞれの会社の雰囲気や
社内の人間の人柄にも
大きく左右されるとは思いますが、
休憩時間まで拘束するほど
周囲の人は各個人について
関心がないのではないでしょうか。

 

当たり障りなく、
やんわりと
「一人で休憩します」
と伝えられたら、
それ以上は詮索されないように思います。

 

社内で

「この人の誘いだけは断れない」
「今日のランチは
一緒に過ごしたほうが良さそうな雰囲気」

というような場合は、
その日だけは業務の一環として
付き合いを優先し、
臨機応変に対処するのも必要だと思います。

 

自分がどう過ごすのが
落ち着くかを考えながらも、
一応勤務時間内での休憩時間なので、
そのあたりの微調整は
社会人の気遣いのマナーとして
兼ね備えておくことも必要だと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました