服屋の店員が怖い!?うまくやり過ごすためのコツとは!?

疑問解決法

 

高校生までは制服が主流で、
休日でも適当なジーパンが中心の
カジュアルスタイルだった男子。

 

大学生になると、髪型も髪の色も自由になり、
服装もおしゃれという要素が
多くなってくると実感することが
多いのではないでしょうか。

 

しかし、いざ、服屋さんに行ってみると、
慣れないお買い物のうえに、
慣れない店員さんの存在が…。

 

 

服屋さんの店員が怖い、
どう対処すれば
楽しく好きな洋服を買うことが出来るのか?!

今回は、男子大学生が
楽しくおしゃれな洋服を
買い物できる方法をご紹介致します。

 

服屋の店員が怖く感じる人は多い?

スポンサードリンク

 

なぜ、服屋の店員さんが怖い、と
感じてしまうことがあるのでしょうか。

なんか怖いな…、と感じる理由とは?

  • 何かお探しですか、
    今日はどうされましたか、というように
    話しかけられると、返答に困ってしまう。なんとなく見たかったり、
    価格を調べに来たりしているだけなのに、
    申し訳なくなる
  • 試着をすると、断る時に
    どう伝えると良いのかわからないから。
  • 店員さんがかっこよすぎて、
    自分が見劣りしていると実感すると
    落ち着いて服を見られなくなる
  • 広げないと分からない服の形や丈の場合、
    買うつもりがなくても広げてよいのか、
    触ってみていいのかわからない。店員さんに嫌な気を与えてしまわないか、
    触っていたら試着を進められたりすると思うと、
    動けなくなる

 

店員さんに話しかけられると、
どうすれば良いのか変わらないと言う理由で、
服屋の店員さんが怖いと感じることが
多いようです。

これは、服屋に来た自分がしたいことと、
店員さんから話しかけられることで
しなければいけないと感じてしまうことに、
誤差があるからだと考えられます。

 

(服屋に来て、まずしたいこと)

どんな服があるのか色々見ながら、
気になる服を自分のペースで見たい

価格帯をまず把握して、
お財布事情とすり合わせたい。

ただなんとなく、服を見ていたい

 

(店員さんから話しかけられると感じてしまう気持ち)

何を話せばいいのか、分からない

何か買わないといけない気持ちになる。

何を探しているか、
何が似合うか分からないけど、
会ったばかりで店員さんには
相談しにくい

店員さんがおしゃれ過ぎて、
自分が恥ずかしくなってしまう

 

お店に入ってすぐ、また確認中の段階で、
店員さんに話かけられると、
その自分のペースが一旦停止してしまいます。

このまま自分のペースを貫いてよいのか、
もしくは店員さんのペースに
合わせた方がよいのか、という
選択を迫られているような気持ちが大きくなると
自分のペースが乱れることになりますよね。

 

 

店員さんとのコミュニケーションを迫られたとき、
どういった方法で
コミュニケーションをとればよいのか
わからないと言うところに、
服屋の店員さんが怖いと感じる理由が
隠されていると考えられます。

 

この感情、誰しも抱く感情です。

 

店員さんと言っても、
ほとんど普段関わりのない人との
コミュニケーションには、
戸惑いや不安、緊張が存在します。

突然迫られる、ほとんど初対面の人との
コミュニケーションの場では、
警戒してしまう人は
多いのではないでしょうか。

 

うまく対処する方法は?

店頭で販売されている服の利点は、
実際に見て、触って、
試着してみることが出来る点です。

購入後、後悔しないためには、
いろいろ見て試着もして選んでいくのが、
服のお買い物ですので、
触っても、ただ広げるだけでも、
怒る店員さんはいないと思ってOKです。

 

次に、
店員さんから話しかけられた場合の対処法として、
ご提案させていただきます。

1.便利な言葉「はい、大丈夫です。」

自分のペースを貫いて、
はい、大丈夫です。と
何を言われてもかわすと決めておく。

大丈夫です、という表現は、
本当は何が大丈夫か
よくわからない正しくない言葉ですが、
あえてあいまいにしておき、
距離を一定感保ちたい場合には
便利な言葉だと思います。

店員さんに話しかけられたからと言って、
積極的に話さなくても良いです。

2.試着後に断りたいときは。

まず、試着中に店員さんが側にいる場合は、
試着室のカーテンは開けない
閉めたままにしましょう。

試着して、自分の服に着替えた後に、
自分には合わなかった・
もうすこし考えてからにします、と
商品を返しましょう。

このとき、試着後の商品は、
出来るだけキレイに
たたんでおきましょう。

試着させていただいていると言う
謙虚な気持ちを伝えることが出来ます。

試着段階では
まだお店の商品でもありますので、
キレイにたたむ、ただそれだけで
服に対するマナーを表現できると思います。

3.店員さんの服装をチェックしてみましょう。

店員さんが来ている服は、
大体その店の商品であることが多いです。

そのため、店員さんが、
自分好みの服を着ていれば、
自分に合った服も見つかりやすいです。

着こなしの参考にもなります。

なんとなく、
自分と好みの似た服装の店員さんは、
話しやすい傾向にあるような気がします。

 

まとめ

服屋の店員が怖いと感じる時の、
うまくやり過ごすためのコツについて
ご紹介致しました。

 

店員さんとの
コミュニケーション方法について、
なにか参考になればよいなと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました