良い言い訳ない!?連休を取りにくい人がなんとか連休をとる方法!?

スポンサードリンク





連休が欲しい。

そう思っていても、
仕事があると
なかなかそうもいかない
現実があります。

会社の体制によって、
連休が取りにくい
もしくは取れない環境の
労働条件も存在します。

会社の決まり事だから仕方ない…

と解ってはいても、

どうしても連休が欲しい!

ということもありますよね。

そんなとき、
なんとかして連休を獲得できる方法は
ないのでしょうか?

それでは、取れない連休、
なんとかして取る方法について、
一緒に考えていきましょう。

さて、どうやって連休をとるか?

スポンサードリンク

国の法律や権利があるとはいっても、
現実的には会社の体制で連休がとれない、
休みがとりにくい状況があります。

そんなとき、
どうすれば連休が取れるのでしょうか?

具体的方法をご提案いたします。

1.日々の勤務態度や勤務実績は
 しっかりとしたものを作っておきましょう。

まず、日ごろの勤務についての評価は、
出来るだけ良好だと
周囲に広く認識してもらうことが重要です。

遅刻や早退、欠勤が目立つようであれば、
人的な信用に欠ける
というイメージを付けてしまします。

勤勉でまじめ、
というある程度の良い印象は
持ってもらえるように、
日々勤務しておくことは重要です。

社内での日々の
良好な人間関係とコミュニケーションは、
休んだ時のフォローを
してもらいやすくなります

2.人員的な余裕がない現実を
 しっかりと理解しましょう。

自分が休めばその間会社は、
他の社員はどうなるのか、
しっかりと考えましょう。

自分さえ良ければ…
という気持ちは、
やがて周囲の人に伝わります。

自分が休んでいる間、
どうすれば支障なく業務が進んでいけるか、
まず仕組みづくり、準備が必要です。

事前に出来る業務は済ませる
自分にしかできない仕事は引き継ぎか、
不在の間の連絡先を伝えておくなど、
自分が不在中に
どうすれば他の社員が
スムーズに出来るかを考えましょう

3.協力者を選定してみましょう。

連休が欲しいのに取れない場合、
他の社員も同じように
感じていることが多いと思います。

その場合、
【自分が休暇の場合は相手に協力してもらう】
【相手が休みの時は自分が協力する】
というような、
ウィンウィンの関係を築ける協力者
作ってしまうのが手っ取り早いです。

4.連休が欲しい理由を打ち明けるかどうか。

正直な理由を伝えるかどうかは、
社風によるのではないでしょうか。

協力者を作れそうなら、
その協力者には明確に伝えておき、
会社用には別の理由を伝えておく方が
スムーズな場合もあると思います。

会社用に作る架空の休む理由としては、

親族の法要、
家庭の事情、
健康的な問題

を挙げることが多いようです。

何日くらいなら常識的?

連休をとる場合、
休めば休むだけ他の社員に
しわ寄せがくるのは間違いないです。

請け負っている仕事や内容にもよりますが、
自分と同じ立場の人が休んだ場合を想定し、
自分ならどのくらい休まれても
なんとかOKかを考えてみましょう。

与えられている休日の翌日に休みをとると、
2日の連休を獲得できます。

もともとの休日は
与えられているものですから、
実際に他の社員に
お願いする意味での休日は
1日だけとなります。

与えられている休日プラス何日であれば
他の社員や会社の業務に差支えがないかを
考えてみましょう。

何日くらいなら常識的か、
その会社の体制と業務内容にもよると思います。

与えられている休日プラス1日の連休であれば、
休んでいる間の態勢さえしっかり整えておけば、
周囲へのしわ寄せも最小限に抑えながら、
連休を獲得できるのではないでしょうか。

連休を作る場合、
会社の繁忙期は避けるべきです。

連休を作るタイミングも
しっかりと選別しましょう。

また、休暇後は
お詫びと感謝の気持ちは
しっかりと伝えましょう。

出勤時には、連休の疲れが残っていても
隠して普段以上に勤務に努めましょう。

まとめ

連休を取りにくい人が
なんとか連休をとる方法について
ご紹介致しました。

会社独特のしくみや社風も
大きく関係していると思うので、
実行できるかどうかは解りませんが、
何かの参考になれば良いなと思います。

スポンサードリンク





シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする