家賃の値引きの相場はどのくらい?お得に交渉する方法とは?

疑問解決法

 

毎月のお給料のうち、
一番コストをかけているものが【住居費】。

 

つまり、賃貸物件における毎月の家賃です。

 

共益費や管理費も含めると、
そこそこの金額がかかってきますよね。

生活するうえでは必要な費用です。

 

 

しかし、
出来れば出費を
抑えられるなら抑えたい。

 

賃貸物件の家賃交渉が
もしかしたら叶うかもしれない方法
についてご紹介致します。

 

家賃の値引きの相場はいくら?

スポンサードリンク

 

家賃の値引き交渉は、
入居を決める前に行うのが
比較的交渉しやすい
と言われています。

 

入居後、しばらくしてから
「家賃を下げて欲しい」
と交渉しても構いませんが、
入居前と比べると
実現しにくいと言われています。

 

今回は、入居前に行う家賃値引き交渉について
ご紹介致します。

家賃の値引き、
いったいいくらなら「OK」と
言ってもらいやすいのでしょうか。

大きすぎるあり得ない金額を言って
断固拒否されるのか、
「そのくらいなら仕方ないか」
と思わせられる金額で
双方納得に持っていけるか。

家賃の値引きを交渉する場合、
まずは家賃値引き交渉の範囲内である
具体的金額を知りたいですよね。

1.家賃値下げ交渉の金額は、  2000円から3000円程です。

一つの例として、

5万円以下の家賃の場合は、
2000円下がれば大成功。

5万円以上の家賃の場合は、
3000円~5000円下がれば大成功

と言われている様です。

一つの目安として、
家賃が5万円を境に、
交渉金額にも差があるようです。

 

家賃の値引きの相場は
2000円~3000円
と言われています。

それ以上の値下げでないと納得できない場合は、
その物件が合わないので、
他の条件と家賃の物件を
再度検討する必要がありそうです。

2.値下げ交渉ってしてもいいの?

借りる側なのに、そもそも
「値下げして欲しい」
って言ってもいいの?

物件を探す場合、

  • 不動産会社に行って
    数件案内してもらいながら探す方法
  • 直接大家さんのところへ行って探す方法

の主に2通りがあります。

 

どちらの場合も、
家賃交渉はしてもOKです。

 

しかし、値下げ交渉をしたからと言っても
断られる場合もあります。

 

値引き額を大きくする交渉方法は?

家賃の値下げ交渉を
成功させるポイントがあれば
知りたいですよね。

 

「絶対に成功する」とは言えませんが、
成功しやすい、
また値引き額を大きくしやすい方法
についてご紹介します。

1.値下げ交渉のタイミングはいつ?

どんな交渉の場でも、
タイミングはとても重要です。

チャンスは一度きり、
そのチャンスをいつととらえるか、
いつ一歩踏み出すかによって、
進んでいく未来は変化します。

 

家賃交渉においてのタイミングは、
物件案内のときと言われています。

 

「借りたいな」と思う物件を見ながら、

「あと家賃がこれだけ下がれば
すぐに契約したいのですが、
いかがでしょうか?」

こう切り出してみましょう。

 

不動産会社の担当者は、
契約できる条件を
具体的に示してもらえると、
大家さんにも交渉しやすいようです。

 

2.値下げ交渉しやすい物件、 しにくい物件ってあるの?

一概には言えませんが、
大家さん次第
という部分は大きいようです。

 

年配になるにつれて、
家賃の値下げにはシビアで応じにくく、
若い大家さんだと
柔軟に対応してくれる場合もあるようです。

 

空き家が多く、
「なんとか入居して欲しい」
と思っている大家さんであれば、
家賃交渉にも応じてくれやすいようです。

 

条件面で不便な点がある場合は、
その不備な点を考慮してもらって
値下げして欲しいと言いやすい
という面もあります。

 

例えば、

「5階建てのエレベーターなしの5階だから」
「その部屋だけ日当たりが悪いから」

など、他の部屋と比べると
劣っている点がある場合は
交渉しやすいようです。

 

値下げ交渉のポイントは、

  • 大家さんの考え方
  • その物件の空き状況
  • その部屋にしかない不便な点

を例に挙げながら進めていくことです。

 

3.値引き額を最初は多めに言っておく。

本当は
「1000円でも下がればいい」
と思っていても、
「2000円下がりませんか?」
と聞いてみて、
NOと言われたら、
「そしたら1000円だけでも…」
と金額提示をしていく方法です。

成功するかはわかりませんが、
双方の心理戦に似た交渉術です。

 

4.そのエリアの家賃相場を下調べしておく。

家賃はその土地の値段も反映されています。

  • その地域の価値
  • 駅からの距離のような利便性

といった周囲の環境も含めて
総合的に判断した結果、
その土地にも大体の家賃相場があります。

その地域の家賃相場より高い場合は、
その地域の家賃相場を例に挙げながら、
値下げ交渉出来る手段となります。

 

5.体験談として、賃貸物件の探し方

体験談として、
賃貸物件を探すときの方法
をご紹介します。

 

家賃は同じですが、
同じ物件であっても不動産会社によって
諸費用が異なっていました。

 

不動産会社を通じて物件を探す場合、
どの不動産会社にお世話になるか
も重要なポイントです。

賃貸物件を契約する場合、
不動産会社へ支払う料金も発生します。

不動産会社によって、

【期間限定で仲介手数料が無料です】

という場合や、

【今月15日以降の入居の場合は
その月の家賃は無料】

【敷金・礼金が無料もしくは安く設定】

というように、
細かな条件が異なっていました。

 

不動産会社の営業マンの進め方も異なり、
「今契約をすればこうします」
というように交換条件を提示しながら
契約に持っていこうとする営業マンもいます。

家賃の値引き交渉は大家さんによるな
と実感しまいた。

結局、家賃の値引き交渉は出来ませんでした。

 

仲介手数料、敷金・礼金の交渉は、
不動産会社を相手に応じてくれました。

 

家賃の値下げ交渉について、
数件見た物件の中で
入居時の日にちによって
入居時のひと月は無料としてくれる
大家さんは何人かいました。

 

「家賃さえ下がればそれでOK」
と思う人もいますし、
その後の生活はずっと続くのですから、
気持ちよく貸し借り出来る関係は保ちながら
決断するという気持ちも
大事にしたい人もいると思います。

 

不動産会社を通じて選ぶ場合は、
営業マンの物件探しや条件提示の方法に、
合う合わないもあると思います。

 

結局、条件提示をすり替えながら
営業を進める営業マンは、
一見得に感じるけれど、
何がどこまでなら許されるのか
あいまいに感じたため、
私たち夫婦には
もう一方の不動産会社の営業方法が好みだったので、
そちらの不動産会社と契約を決めました。

 

借りたい人、
貸したい大家さん、
そのパイプ役を担う不動産会社
という関係があって、
みんなが納得したら、
ひとつの結果が産まれるのが物件探しです。

 

なにかの決め事で、
誰が得をする、損をする
という部分が大き過ぎる場合は、
なんとなく後味が悪くなるのも事実です。

 

まとめ

家賃の値引きをしたいけれど
相場はどれくらいか、
お得に交渉する方法について
ご紹介しました。

 

気になる物件があれば、
その家賃は妥当か、
自分がどう見極めるか、
まず考えてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました