写真館の下見した!?七五三の写真で後悔しない為に確認すべきこと!

季節のイベント

七五三の写真。

綺麗に撮れても、失敗しても、
後になってみると、
それも思い出となるのが
写真の良いところではないでしょうか。

 

けれど、七五三のようなイベントや
一度しかない行事においては、
確実に綺麗に撮りたいと思って
撮影に臨むのが人情ですよね。

 

例えばそれが
ご自身で撮影する写真ではなく、
プロのカメラマンが撮影する写真であれば
尚のことその思いは強くなるのではないでしょうか。

 

しかし、
プロのカメラマンに撮ってもらっても、
写りがイマイチだった…なんて話もあるようです。

 

七五三の写真を後で後悔しないためには
どの様に準備すると良いのでしょう。

まずは、後悔のない七五三写真が撮れるように、
写真館を下見しましょう!

 

今回は、来る七五三に向けて
写真館の下見をどのような点に注意しながらするべきなのか?
写真館での写真の成功・失敗談についてもご紹介致します。

 

七五三の写真を撮る写真館はしっかり下見して決めた方がいい!

スポンサードリンク

 

写真館で七五三の写真を撮るぞ!

と、決めたならば一度行ってみようかなと思っている
写真館に下見に行っておきましょう。

今は、見学や下見ができる写真館もたくさんあります。

 

予め下見をしておけば衣装のサイズなども合わせられますし、
ゆっくりとお子さんや旦那さんと衣装を選べます。

その時に雰囲気がちょっとな…とか、
店員さんがちょっとな…とか、
衣装がちょっとな…とか、
思ってしまったのなら、
他の写真館を検討できますよね^^

 

お子さんも一緒に見学に行けば、
写真館の雰囲気に慣れさせてあげることにもなりますよ〜。

子供がスタジオ内の雰囲気に慣れておくのは意外と大事です。

一度来た楽しい場所で写真を撮るのと、
初めての場所で写真を撮るのとでは、
子供のテンションや笑顔が違います。

また、
パパとママにとっても予めスタジオ内の様子を知っておくのは安心ですよね。

パパとママの緊張もお子さんには伝わってしまうものです。

 

ぜひ、本番の前に写真館へ下見や見学をしにいきましょう!

 

「写真館を予約する前に見学や下見はできますか?」
という質問の答えに多かったのが、

はい、事前の見学はできます。
しかしながら撮影のお客様を優先させていただいておりますので、日程のご予約は承れません。
お手数ですが、見学されたい日の当日に、店舗に直接電話でご確認いただきますようお願いします。

このような感じの回答だったので、
ぜひお目当の写真館に電話で聞いてみましょう。

 

七五三の写真館撮影で後悔しないようにしておくべき事は?

七五三の写真で後悔しないためには
どんな事をすれば良いのでしょうか?

お子さんを写真館や衣装や飾り物に慣れさせておいてあげる

お子さんが写真館に慣れている事。

また、当日の衣装や髪飾りなどを嫌がらないように
着物やドレスを着ることへの期待感を高めてあげたり、
予定している髪飾りやそれに似たものを普段から付けて慣れさせてあげるなど、
お子さんが楽しめるように準備してあげましょう。

 

普段の家族写真をあえて写真館で撮影してみる

下見がてらに家族で記念撮影というのはいかがでしょうか。
下見よりももっとわかりやすいですよ^^

 

前撮り撮影をしておく

早めの撮影であれば写真の出来映え次第で、
別の写真館で再撮影に臨むことも出来ますね。

早めの撮影ですと、
料金が安いなどの特典もあります。

 

年上のお子さんをお持ちのママ友の経験談を参考にする

体験談に勝るものはありません。

仲の良い人だったら感じ方も似ている場合が多いと思うので、
参考になる意見も多いはずです。

失敗談も成功談も聞いてみるといいですよ♪

こちらの記事にも、
七五三での失敗談などをまとめていますので、
ぜひ参考にしてみてください!

七五三の失敗談!写真や衣装など後悔しないために必見のアドバイス!

 

七五三の写真を大成功させる為には、
事前リサーチあるのみですね!

 

自称でも、
七五三の写真で良かった事・後悔している事をまとめています。

たくさんの事例を見て後悔のないようにしましょうね〜

 

七五三の写真館撮影で良かった事と後悔している事!

良かった事

まずは七五三の写真で良かった例のご紹介からいたします。
ご参考にどうぞ。

  • 子ども達が素敵な着物を着て嬉しそうにしている顔を見て、とても幸せな気持ちになれた。すっごく可愛かった!
  • 素晴らしい出来栄えの写真とアルバムを作ってもらえてとっても嬉しかった!何回も見返しては幸せ気分に浸っている
  • 撮った写真を見本として使ってもらえることになって、写真館の入り口にデカデカと飾ってもらえている
  • 両親が離れているところでも、写真館のスタッフさんたちと楽しそうにポーズを決めて写真撮影をしている娘を見たときに成長を感じられてとっても幸せを感じた
  • 前撮りをしたら混雑回避が出来た。子供がご機嫌なうちに撮影できて良い笑顔の写真が撮れた
  • シーズン外でに写真を撮りに行ったので料金が安くついた
  • 撮影だけでの来館であったため、時間に余裕があり、セットの入れ替えなど撮影自体を楽しめた

後悔している事

続いて失敗例のご紹介です。

  • 主役の子供がぐずってしまって撮影どころではなくなった
  • 事前に予算を考えていなかったため、たくさん撮影した写真のほとんどがアルバムに入れられなかった
  • 繁忙期に訪れたため、撮影に丁寧さが足りず、出来映えに満足できない
  • 歯の抜け替わり時期と重なり、ちょっと気になる写真に仕上がった。ま、可愛いけど。笑

 

歯の抜け替わりの記事に七五三写真を残せたのは、可愛いですし、話題にもなりますし、逆に良かった例にもなりそうですよね!

お子さんの機嫌は写真を撮る上で重要な事も伺えます。

また、繁忙期をさけるのもストレスなく楽しく写真撮影をするのには大切みたいですね!

 

まとめ

 

過ぎゆく時の中での貴重な瞬間をどの様に残すのか。

 

ご両親にとっては
期待と緊張の瞬間でもありますが、
一番大切なのは主役であるお子さんの素直な笑顔!

そして、幸せで楽しい思い出として、
記憶にも写真にも残す事ですね^^

 

事前準備と、
お子さんの気持ちの盛り上げと共に
最高の写真やアルバムを作って下さいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました