生チョコの消費期限はいつまで?市販と手作りの差も解説!

疑問解決法

生チョコって美味しいですよね。

口に入れた瞬間とろける舌触りと、広がる甘さで、
食べた瞬間に幸せな気持ちになってしまいます。

生チョコは人気のスイーツですので、コンビニやスーパーでも売っていますし、
また生チョコを家で作るという人も中にはいると思います。

しかし、そんな生チョコですが、気になるのは賞味期限ですよね。

生チョコの賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

また手作りと市販では生チョコの賞味期限が違うのでしょうか?

 

ここではそんな生チョコの賞味期限、そして保存方法について解説をしたいと思います。

生チョコの消費期限はいつまで?市販と手作りでは違う!

スポンサードリンク

そんな美味しい生チョコですが、
賞味期限はどのくらいなのでしょうか?

結論から言うと、
市販の場合は1ヶ月弱、手作りの場合は3日程度と、
手作りと市販では大きな違いがあります。

 

ではどうして、同じ生チョコなのにこれまで大きな違いが出るのでしょうか?

生チョコの秘密や賞味期限の違いについて解説をしていきましょう。

まず、生チョコとは一体どういうものなのでしょうか?

一般的な板チョコや焼いたチョコレートの場合は、
だいたい水分の含有量が3%以下となっており、日持ちもしやすいものとなっています。

しかし、生チョコの場合は水分の含有量が10%以上になっており、
加えて生クリームを使っているため滑らかな舌触りになる分、
賞味期限も短くなっています。

 

ですが、それでも製品として売っている生チョコの場合は、
多くの場合は賞味期限は1ヶ月弱と長くなっています。

それはメーカーの徹底した衛生管理や保存料、原料を工夫することによって、
できるだけ長い期間美味しさを保てられるように作っているからなのですね。

ですので、逆にそのような原料が使えない手作りの生チョコの場合は、
どうしても賞味期限が市販のものよりも大幅に短くなってしまいます。

 

ただ賞味期限は基本的にはその製品が美味しく食べられる期間になります。

ですので、賞味期限が切れたところでいきなり製品が食べられなくなることはありません。

多少賞味期限が切れたところで生チョコは美味しく食べることはできます。

ただ食べる際に異臭や変な味がした場合は、それは腐っている可能性が高いです。

その場合は食中毒などを引き起こす可能性があるので食べるのはやめておきましょう。

生チョコを長持ちさせる方法を知って美味しく食べよう!

生チョコですが、長持ちする方法はあるのでしょうか?

結論から言えば、あります。

その方法とは冷凍庫に生チョコを保存をすることです。

冷凍庫に保存をすれば市販のものでも賞味期限以上の保存が可能ですし、
手作りでも1ヶ月ほどの保存が可能になります。

 

ただ、生チョコをそのまま冷凍しても生チョコの風味が落ちてしまいます。

生チョコを冷凍保存する際には、ジップロックなどの密閉容器に入れて、しっかり空気を抜くようにします。

そして一度冷蔵庫に入れて、冷やしてから冷凍庫に移すことで、
急激な温度変化を防いで、生チョコの風味を落とさないで保存をすることができます。

 

生チョコを解凍する際は、食べる分だけを冷蔵庫に入れて、自然解凍をさせるようにします。

ゆっくりと自然な速さで解凍をさせることで、生チョコの舌触りや風味を再現したまま解凍をすることができます。

 

また半解凍ぐらいで食べると、少し硬さの残った冷たい生チョコが楽しめて、夏にもぴったりです。

このように好きな生チョコの状態を探す楽しみも生チョコの冷凍にはあります。

ぜひ生チョコの冷凍を試してみてくださいね!

 

まとめ

生チョコの賞味期限についてはおわかりいただけたでしょうか?

生チョコの賞味期限は市販のものだと一ヶ月弱で、手作りのものだと3日ほどになります。

市販のものと手作りだと大きく賞味期限が違うので注意をしましょう。

そして、生チョコを長持ちさせるには冷凍保存がオススメです。

ぜひこれらを試して最後まで美味しく生チョコを楽しんでくださいね!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました