お年玉っていつまであげるものなの?何歳になったら終わりになる?

季節のイベント

お正月と言えばお年玉。

子供の頃はもちろんもらう側。

しかし、今ではあげる側。

 

もらう側の子供の頃は嬉しい楽しみでしかなかったお年玉も、
あげる側になってみると悩みの種の一つだったりします。

特に、あげる相手が成長してくると、
いつまであげるべきなのか考えてしまいます。

 

お年玉をあげる期間に正確な決まりはありません。

 

各家庭で違ってくることなので、
だからこそいつまであげるべきなのか決めかねますよね。

 

お年玉をいつまであげるのか?
目安はなにかあるのでしょうか。

また、お年玉の年齢ごとの相場はどのくらいかもきになるところですよね。

 

詳しく見ていきましょう!

お年玉は何歳まであげるべき?年齢で区切る?学生の間?

スポンサードリンク

 

お年玉は、早ければ生まれた年から渡す人もいます。

しかし、お年玉を渡すきっかけとして多いのは
幼稚園入園や小学校入学です。

 

決まりがあるわけではありませんが、
小学校に入学してから渡すケースが最も多いでしょう。

またお年玉は子どもに渡すものなので、
成長と共にいずれ渡さなくなります。

 

一般的にお年玉を渡さなくなるきっかけは高校卒業や成人です。

また社会人になるまでを目安とするケースもあります。

学生のうちはと考える家庭が多いです。

 

 

お年玉は自分で稼ぐことができない子どもたちに、
自由に使えるお金を与える機会でもあります。

このことから、自分でお金を稼げる人には、
お年玉は必要がないという考え方もあります。

 

就職していない大学生や大学院生などは、
こうした意味を考えても悩みどころですね。

高校を卒業してすぐ働く人もいますし、
大学生ともなればバイトで働いてお金を稼ぐこともできます。

 

しかし、学生のうちは

お金を稼げる=自立

ということではありませんよね。

年齢というよりは、高校を卒業したら、
大学を卒業したらと区切りをつける方がよいかもしれません。

 

お年玉の相場はいくら?年齢別の平均金額はこれ!

 

気になるお年玉の金額ですが、基準はあげる相手の年齢です。

年齢別にお年玉の相場をみていきましょう。

 

未就学児(0~6歳)

未就学児の場合、特に0~3歳くらいの子どもの場合は
渡さないことも多いようです。

渡す場合は500円から1,000円程度が相場です。

大人から見ると少ない金額ですが、子どもがお菓子を買ったり、
絵本を買ったりと自分で使うには理想通りの金額といえます。

 

小学校低学年(6歳~9歳)

小学校低学年にあたる6~9歳へのお年玉は
1,000円から3,000円が相場です。

小学校入学をきっかけにお年玉をあげるようにした
というケースもあるでしょう。

 

年を重ねるごとに少しずつ金額をあげていくなどルールを
決めておくといいですね。

 

小学校高学年(9歳~12歳)

小学校高学年になると3,000円程度が相場です。

 

中学生

中学生になると5,000円が目安となります。

金額的にもきりがよく、渡しやすい金額といえるでしょう。

 

高校生

高校生になると、お年玉の相場は5,000円から1万円ほどです。

 

5,000円だと少ないし、1万円は多すぎるという場合は、
段階的に上げてもいいでしょう。

 

大学生

大学生になればお年玉をあげなくてもいいという意見もありますが、お互いの関係によっては渡すことも珍しくありません。

大学生に渡すお年玉は1万円が一般的です。

 

お年玉の金額の考え方

お年玉の金額は、受け取る側との関係によって変わります。

自分の子どもに渡すお年玉であれば、
あまり悩むことはないと思います。

 

しかし、甥っ子姪っ子に渡すとなると、
金額が親に伝わることもあるため相場にあった金額にするのが無難です。

祖父母から孫へのお年玉は、一般に金額が高くなる傾向が。

 

子ども同士でお年玉の金額を話すこともありますので、
不公平と思われないように配慮するようにしたいところです。

子どもの年齢によって、ルールを決めておくと楽かもしれません。

 

また、遠い親戚や職場の知り合いの子どもなどに
お年玉を渡すケースでは、子どもの年齢に合わせて
気持ち程度の金額を包みましょう。

 

 

家族や親戚のような親密な間柄であれば高額でも
遠慮なく受け取れますが、関係性が遠いとそうはいきません。

急に高額を渡すと、親の方が困ってしまうことがあるので注意しましょう。

 

まとめ

 

お年玉をいつまであげるかは悩ましい問題です。

家族間の関係性をよく考え、適切なタイミングを話し合ってくださいね。

 

家庭によって違いますが、
「高校生まで」という考え方の家庭が多いようです。

年齢だと18歳頃までですね。

高校を卒業して就職をする場合もありますので、
つまり「学生まで」という認識でいる家庭が多いということです。

 

また、相場も気になるところですが、

基本的には子どもの成長を祝い、
子どもに喜んでもらうために渡すものです。

 

相手を思いやる気持ちを持って相当の金額を渡すことが最も大切ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました