ひとりぼっち!?小学校に同じ保育園の子がいないってどんな感じ?

学校のあれこれ

 

いよいよ春から、子供が小学生。

 

小学校入学へ向けての準備も
少しずつ進めていると、
嬉しい気持ちと同時に、
ドキドキ緊張する気持ちも
膨らむことでしょう。

 

 

さらに、入学する小学校に、
同じ保育園や幼稚園の
お友達が0の場合…
最初はとっても不安です。

 

そんなとき、子供も親も
不安を最小限にし、
小学校入学に向けて
出来ることについて
ご紹介致します。

 

知り合い0スタートだと 子供や自分は寂しい思いをする?

スポンサードリンク

 

保育園入園は、待機児童もいる中
入園できるだけでも感謝の気持ちで、
仕事と育児の両立で
駆け抜けてきたママもいると思います。

 

小学校へ入学の時期が近付くにつれ、
新しい環境のうえに
知っているお友達がいないのは、
子供にとっても親にとっても
不安、寂しい、
周囲はなんだか楽しそう…と
感じることは、あると思います。

 

実は、私もそのうちの一人です。
幼稚園から一緒に小学校へ
入学するお友達、0です。

 

小学校では、入学前に
健康診断や入学説明会というものが、
大体どこの小学校区でもあると思います。

 

その時の様子と感じた事を、
体験談をもとにご紹介致します。

 

 

学校説明会での様子から…

 

子ども

知っているお友達がいない、
名前が解らないため、
緊張する…と言っていました。

 

 

親であるわたし

知らないママさんばかりですが、
隣や近くに並んだママさんとは
あいさつ程度で、
特に話はしませんでした。

 

同じ幼稚園、保育園同士だろうなと
感じるママさん同士は、
談笑している様でしたが、
特に何もせず
一人でいるママさんもいました。

 

 

全体を見て感じたこと

知っている人がいない場所で、
周囲はなんとなく
顔見知りだという場にいることは、
やはり落ち着きませんし、
不安に感じることはあります。

 

しかし、それはほんの一時だと思います。

 

子供は、おそらく
顔を知って名前が解っていくと、
幼稚園の時と同じように、
新しい環境に馴染んでいくように
感じます。

 

親の関わりとしては、
特にママ友意識を持たなくても
良いと思います。

それぞれの考え方にも
よると思いますが、
最低限のマナーとして、
挨拶はする、不機嫌な雰囲気を避ける、
これだけしていればまずは
OKだと思っています。

 

同じ保育園同士、幼稚園同士だと
親同士は確かに安心しますし
話しやすいでしょう。

 

だからと言って自分を省みて
一人だ、孤独だ、のような気持ちを
意識しなくても
良いのではないでしょうか。

 

知っているママさんがいない現状は、
変えられない事実ですので、
今後に期待、別に気にしない
という気持ちです。

 

子供が小学校で 楽しく過ごす為に してあげられる事

子供の性格をまずは大切にし、
見守ること、受け止めることが重要です。

 

子供は、同じ保育園、幼稚園ではなくても、
順応性が高いことが大半です。

 

性格によることも確かにありますが、
同じ保育園のお友達がいる子供も、
初めての環境には、
不安や戸惑いはあります。

 

子供が小学校で
楽しく過ごす為にしてあげられる事とは…。

 

体験談と実践中のことを中心に
ご紹介致します。

 

 

1.入学までに、一緒に 小学校まで歩いてみましょう。

集団登校があるなしに関わらず、
一度小学校まで一緒に
ママと歩いてみましょう。

 

保育園や幼稚園のときは、
ママの自転車や通園バスが
多いと思いますが、
小学校は徒歩での登校が多いと思います。

 

通学路の確認、
歩いて行くんだということも
実践しながら子供が理解で来ます。

 

具体的イメージが膨らみ
理解できることは、
子供の安心にもつながると思います。

 

 

2.校区内の公園で、 一緒に遊んでみましょう。

校区内の公園は、
近所の子供が遊んでいることが多いです。

 

特別友達を作ろう!という意気込み
はいりません。

 

なんとなく、他の子供の様子を親子で知り、
雰囲気を少し感じることは出来ます。

 

子供と遊んでいるときに、
もしかしたらあのお姉ちゃん、お兄ちゃんと
同じ小学校かもしれないね。と
一言かけるだけで、
子供は安心することもあります。

 

子供が不安に感じる気持ちは、
知っている人がいない、
どんな友達がいるのか分からない
ということが大きいと思います。

 

公園で見かけたという雰囲気だけでも
なんとなく知ることは、
安心につながると思います。

 

 

3.子供の不安には、 共感しながらも大丈夫!という笑顔です。

子供も不安な気持ちを
抑えきれないと思います。

 

友達出来るかな…。
ということを話してきたら、
不安だよね、でもきっと
友達出来るから大丈夫だよ!と
明るい気持ちになれるように接しましょう。

 

ママの笑顔は、
子供が一歩踏み出す勇気も作ると思います。

 

 

4.小学校の先生には、 伝えておくと良いと思います。

入学までに、先生と話す機会、もしくは
書面で伝える機会はあると思います。

 

入学に備えて気になることとして、
子供が知っているお友達がいなくて
子供も親も不安だと
思っているということを、
学校側に伝えておくことも
一つだと思います。

 

特別先生が気にかけてくれることは
期待していませんが、
なにか子供が不安そうだな、
悩んでいそうだな、というときの、
先生の判断材料の足しになるのでは、と
思います。

 

 

5・子供の様子をまずは見守りましょう。

慣れるまでの一つの目安としては、
入学後1週間、と言われているようです。

 

朝起きる時間や、登校までの準備、
帰宅後の様子や夜の寝かしつけまで、
子供がママやパパに話しやすい環境を
いつも以上に準備しておくと良いです。

 

保育園や幼稚園への入園時は
どうだったでしょうか。

 

最初は新しい環境で
不安定なこともあったかもしれません。

 

慣れやすい、馴染みやすい、
打ち解けるまで時間が必要など、
子供の性格があると思います。

 

そういった
親が理解している子供のことも
踏まえながら、
ちょっと慣れてきたかな、
まだ緊張するよね、というようなことを
子どもの視点で一緒に考えてみましょう。

 

万が一、例えばおねしょなどの
普段はしない失敗をしてしまった場合でも
責めないで見守りましょう。

 

緊張が精神的な負担となって
身体が反応してしまう場合もあるようですが、
その場合も時間が経つにつれ
必ず新しい環境に慣れてきます。

 

必要とする時間は、
子供それぞれに異なりますので、
親が、子供に合った環境と
言葉かけを意識しながら、
日常を一緒に作っていくと良いと思います。

 

 

5.親の不安には、 気持ち半分でお付き合いを…。

親は、ママ友、ママ友…と
意識しすぎることなく、
普通に過ごしてみて
良いのではないでしょうか。

 

最初はやはり、
知り合い同士が仲良くなるのが
普通だと思います。

 

長い小学校生活ですので、
気が合う人が見つかればいいな、
という気持ちで十分です。

 

PTAのような、
親同士の関わりがあれば
顔見知りのママさんは出来るようです。

 

そこから仲の良い友達関係に
なるかどうかは、未知です。

 

気が合えば友人になるかもしれませんし、
PTAの関係でとどまるかもしれません。

 

どうしてもママ友が欲しい!と
感じるようであれば、
親が参加する学校行事には、
積極的に参加すると近道のようです。

 

ママ友に関わらず、人間関係は
人と接点があればあるほど、
親密度は増す傾向にあります。

 

個人的に思うこととしては、
低学年のうちは特に、
子供が先生からの連絡の
聞き漏らしがないか、
宿題の指示を理解しているかが
心配になることがあります。

 

その場合に備えて、
連絡を取り合えるママさんが
一人でもいればいいな、と
感じることはあります。

 

今の段階では、知り合いがいないので
突然連絡先教えて欲しいです!とは
言えない状況ですが、
時期を見てなんとなく
話しやすそうだな、と感じるママさんには
相談できればいいなという気持ちはあります。

 

まとめ

知り合い0スタートで
小学校へ入学するとき、
子供と親の気持ちと
出来ることについてご紹介致しました。

 

子供は慣れる
しかし親が子供目線になって
見守ることは必要です。

 

親はママ友が出来ればいいな、という
軽い気持ちでしばらくは過ごしてみると
楽だと思います。

 

小学校は、保育園と比べると
異なる点が多数あります。

 

まずは家庭で
子供が朝起きてから夜寝るまで、
日常生活を落ち着いて
習慣化できるような環境づくりに
努めてみてはいかがでしょうか。

 

きっと、時間が解決してくれるはず…、
と信じています。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました