年賀状は結婚相手の親にも出すべき?出すべき事例と例文もご紹介!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





自分の実家に年賀状を出す人・出さない人は色々あると思います。

どちらだとしてもあまり揉めるようなことはないですよね。

ですが結婚した後

相手の親に年賀状を出したほうが良いのか??

となると悩んでしまいます。

そもそも年賀状というのは新年のご挨拶です。

ということは、直接会う予定がある場合は必要ないのかな?
という気もします。

もし、お正月に結婚相手の実家で過ごすとしたら、自分の
書いた年賀状が届くと変な気持ちですね。

元々は、新年には親しい方、お世話になっている方には
ご挨拶回りをするものだったので、ご挨拶に行けない方に
対して代わりに年賀状を送っていました。

なので、ご挨拶に行く予定があるから年賀状は出さない
というのは正解なのです。

ただ、こういった古来の習慣は、最近では失われてきている部分もあるため年賀状の意味合いも変化してきています。

お正月に実際会うかどうかに関わらず

「新年の挨拶として年賀状は送るもの」

という考えの方も多いです。

義理のご両親が年賀状のやり取りを当然のことと考えていた
場合に、出さないとがっかりされてしまいますね。

配偶者となった方と相談して決めれば良いですが、ご両親が
どのように考えているかよくわからないという場合は

出しておいたほうが無難です。

いらないと思っていた方に年賀状を出しても「余計なことをして」と怒られることは滅多にありませんが

期待していた年賀状が届かないと不快に思われます。

また、「新年の挨拶は元旦にすべき」という考えの方にとっては、三が日のうちであっても遅いと思われてしまいます。

会う予定があったとしても、元旦ではない場合は、先に年賀状が届いているほうが印象が良くなります。

「直接会う予定があるのに何を書いたら良いかわからない」

「目の前で年賀状を見られたら恥ずかしい」

という方もいますよね。

結婚相手の親に年賀状を出す場合どんな内容にすれば
良いのか?

いくつか好まれる題材がありますのでご紹介します!

結婚相手の親に年賀状は出すべき?
出す人と出さない人で分かれる!?

スポンサードリンク

義理のご両親から「年賀状、楽しみにしてるね」と、直接
言われたというように、考えがはっきりわかっている場合は
当然出します。

結婚相手の親に年賀状を出す派の方の考えとしては

結婚式や旅行などの写真を見せるため

産まれた子供の写真を見せるため

というように、普段なかなか会えないため様子を知らせたい
という意図で写真を見せたいから、という方が多いです。

同じく、自分たちのことをよくわかって欲しいからという理由で趣味のことや今年の目標などを書く方も多いです。

一方、年賀状は出さないという方は

元旦は結婚相手の実家にいるため

自分の居るところに年賀状が届いたら恥ずかしいから

という理由が多いです。

それ以外には、年賀状に使った写真を大きく印刷したものや
子供が写っている写真をカレンダーにしてプレゼントしているという方もいます。

また、近くに住んでいる親戚でも、会いに行くのが難しい場合は
年賀状にするという決まりの方もいます。

年賀状を出さない場合でも、何らかの形で近況を知らせたり
新しい年のご挨拶はしたほうが良いという考えの方が
多いのですね!

結婚相手の親に年賀状を出すときの例文集!

結婚相手の親に年賀状出す場合、テンプレートのような
文面だけでは寂しいですね。

ハガキの紙面ですから、長い文章は必要ありません。
年賀状に入れると良い内容をいくつかご紹介します。

まず、今年の目標を書くのは良いです。

「お料理を上手になりたいです」

「趣味のテニスの大会に出たいです」

といった自分の目標を書くのは簡単ですね。

また

「2人で登山をしたいです」

「週末は一緒にドライブしたいです」

などと、夫婦のことを書くとより好ましいです。

更に、義両親の健康を祈る内容も良いです。

「寒い季節が続きますが、風邪などひかれませんように」

とか

「お仕事がお忙しいと思いますが健康に留意なさってください」

といった事で大丈夫です。

そして、義理のご両親としては我が子やその結婚相手が
帰省してくれたら嬉しいですので、会いたい気持ちを述べると
喜ばれます。

「○○の時には伺いたいと思います」

「昨年はご無沙汰してしまいましたが今年は是非遊びに
行きたいです」

という簡単な内容で構いません。

まとめ

年賀状はもともと、新年の挨拶に行けない方へ送る性質のもの
でしたが、近年は実際会うかどうかに関わらず送るという習慣の方も多いです。

結婚相手の両親に年賀状を出す場合は

自分たちの近況や子供の写真などを載せたり

今年の目標を書いたりしましょう。

義両親の健康を気遣う内容や会いたい気持ちを述べるのも
好ましいです。

実際に会うので年賀状は出さないという考えの方でも
年賀状に使った子供の写真を大きく印刷してプレゼント
するなど何らかの新年のご挨拶はしたほうが良いと
考えている方が多いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする