宛名に旧姓を書いていい?結婚した友人へ送る年賀状マナーと注意点!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





学生さんでも社会人でも、年末年始は実家に居るから年賀状は
実家に送ってと頼まれること、ありますよね。

独身であれば悩むことは何もないのですが
お友達が結婚して苗字が変わっている場合

実家に送る年賀状の宛名はどうしたら良いのでしょう??

表札はご実家の苗字でしょうから、結婚した後の姓を書いても
郵便局の方にはわからないですね。

もしかして

「宛名と住所が一致しません」

なんて戻ってきてしまうかもしれません。

かといって旧姓を書いてしまったら

「もう結婚してるのに」

と気を悪くされないか心配です。

ポイントは、年賀状はフォーマルな挨拶状だということと
ハガキなので、いつ誰が見るかわからないということです。

普段は旧姓を使ったニックネームで呼び合っているような
お友達でも年賀状は後々まで残るものです。

それに、お友達本人は気にしなくても、実家の親御さんや、
もしかして婚家の親御さんが目にしたとき、不快に思われるようなことがあるといけません。

結婚したお友達が実家に居る時、

宛名はどのように書いたら良いのか!?

きちんと決まりがあります。

正しいマナーを守って書き、恥をかいたりしないよう
見た方を不快にしないよう気をつけましょう!!

結婚した友人への年賀状の宛名に旧姓を書くのはあり?正しいマナーは?

スポンサードリンク

結婚したお友達へ年賀状を書く際宛名に旧姓を書いて
良いものか?悩んでしまった時に考えるポイントがあります。

それは

年賀状はフォーマルな挨拶状である

ということです。

迷った時は正式で丁寧であるほうが良いのです。

となると、結婚している方に旧姓を書く、というのはありません。

堅い言い方になりますが

戸籍上の正式なお名前を書くのが正解です。

でも、実家の表札は旧姓ですから、今の結婚後の苗字を書いても郵便屋さんは「あれ?違う」と思ってしまいますよね。

それを解決する「一言」があります!

宛名にアレを付け加えれば問題解決ですよ!!

結婚した友人が実家に帰省している時に年賀状を送るなら「様方」を付けるべし!

引っ張ってしまいましたが、実家に帰省中の結婚したお友達に
年賀状を出す際宛名はどうするのか?

いよいよ正解をお伝えします!

それは

「様方」を付ける

ということです!!

住所の最後に「○○様方」と表札に書かれている旧姓を書き
宛名の欄には結婚後の今の苗字を書きます。

「○○さんのお宅に滞在中の方」といった意味になります。
下宿している方などもこの書き方で郵便物を届けてもらえます。

くれぐれも宛名の欄には旧姓を書かないでくださいね!

実家にいるのだし、ご実家の方たちは自分の苗字なのだから
気を悪くすることはないなどと軽く考えてはいけません。

「お友達に結婚したことを言ってないの?」

とか

「この人は娘の結婚を良く思っていないのかしら??」

などと余計な心配をかけてしまうことがあります。

もちろん、自宅に持ち帰った年賀状を婚家のご両親が目にしたら不快に思う可能性大ですので、旧姓はダメです。

まとめ

年末年始は実家に帰省する方も多く年賀状を実家に送ってと
頼まれることもありますね。

でも、お友達が結婚していて苗字が変わっている場合
宛名はどのように書いたら良いのでしょう?

結婚後の苗字を書いても実家の表札と違うので郵便局の方に
間違いと思われ戻ってきてしまうかもしれません。

かといって旧姓のまま書くのは問題があります。年賀状は
ハガキのため誰が見るかわからず実家の両親や婚家の
方々が目にした際色々心配をかけることがあります。

普段は旧姓を使ったニックネームで呼んでいたとしても
年賀状のような正式な挨拶状には戸籍上の苗字を書くべきです。

この問題を解決するには、住所の最後に「○○様方」と表札と
同じ旧姓を書き宛名の欄には結婚後の苗字を書きます

新年の大切なご挨拶ですから失礼なく、気持ちよく受け取って
いただきたいですね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする