年賀状の宛名を印刷しよう!はがきのみ持参でコンビニでできちゃう!

季節のイベント

今年も残すところあと2カ月あまり。

月日が流れるのは
本当に早いものです。
(毎年こんなことを言っていますが…)

 

それはさておき、
そろそろ年賀状を準備しなければなりません!

毎年早めに終わらせてしまおう!
と思いつつも気がつけば12月…。

やっぱりバタバタ。

計画性のない自分に嫌気がさしながらも準備。

そしてギリギリ…。

 

「わかる、わかる」
とうなずいているそこのあなた。

知っていましたか?

 

コンビニのコピー機で年賀状の印刷が出来ちゃうのです!

裏面印刷はもちろん、
宛名の印刷もできます。

これ使ってみると、
とても便利で簡単なんです♪

おすすめですよ~!

 

でもでも、
宛名印刷ができるコンビニとできないコンビニがあるので注意!

では、詳しく見ていきましょう。

年賀状の宛名の印刷はコンビニでできる?コピー機で可能だった!

スポンサードリンク

 

年賀状の宛名印刷ができるのは、
コンビニでは
セブンイレブンだけです

インクジェット対応の年賀状は不可能なため
注意してください。

普通紙の年賀状を
用意する必要がありますが、そこはコンビニ。

その場でも買えますね!

もちろん自分で用意した
裏面デザインを印刷することもできます。

 

裏面はカラーデザインであることが
多いかと思いますので、
印刷料金は1枚60円かかります。

表面の宛名はモノクロですので
1枚20円です。

表、裏、別々に印刷をかけますので、
1枚80円ということになります。

決して安くはないのですが、
即日出来上がるという便利さが大きなメリット。

 

年に一度の年賀状のためだけに
プリンターを購入しようとしているあなた。

プリンターの純正インクも
結構高いですから、
コンビニのコピー機を使用する方が
好都合かもしれませんよ。

 

 

また、最近のマルチコピー機は大変優秀で、
紙詰まりがほとんどないそうです。

紙詰まりって
結構イライラさせられるものです。

 

その他にも、
インクが滲んだりかすれたり、
ズレて書き損じになったり…。

うまく行かないときは
結構ストレスがたまりますよね。

 

そんなことも考えると、
コンビニのコピー機は非常に便利です。

 

年賀状は持ち込みのデータで印刷できる!準備物と作業の流れ!

 

コンビニでは、
USBデータの持ち込みで年賀状印刷ができます。

USBのみならず、
microSDやCD等でもOK!

裏面デザインや
表面の宛名のデータは、
USBに落としてコンビニに持って行きましょう。

専用の差込口に差し込むだけで
中のものを読み込み印刷ができます。

 

セブンイレブンでの印刷方法の流れ

メニュー画面から
「プリント」-「はがきプリント」
を選択します。

1.マルチコピー機へ年賀状をセットする

給紙カセットには
既に印刷用のはがきがセットされているため、
仮置場へ移動させてから年賀状をセットします。

年賀状をセットする向きは、
印刷面が上、頭を奥」です。

間違いやすいので注意しましょう。

 

2.マルチコピー機へUSBを挿入

印刷データをマルチコピー機へ転送するために、
メディアをセットします。

メディアは次のものが使えます。

micro SD
メモリースティック DUO
コンパクトフラッシュ/マイクロドライブ
CD/DVD
SDカード
USBメモリー
赤外線通信
Wi-Fi(無料通信)

 

3.いざ年賀状印刷へ

準備が整ったら印刷を開始します。

印刷する年賀状の種類は、
普通紙に限ります

インクジェット紙は未対応のため、
年賀状を購入する際は
種類に気をつけましょう!

 

コンビニに行く時間さえないあなたは

ネットで5分で注文しちゃいましょう。

受付完了後2営業日で発送してくれます。

パソコンやスマホで簡単にデザインを選んで注文するだけ!

宛名印刷ももちろんしてくれます。

 

あとはご自宅に年賀状が送られてくるのを待って、
ポストに入れるだけ!

 

まとめ

 

年賀状の宛名印刷は
コンビニのコピー機で出来ます。

USBなどにデータを
保存して持っていくだけで
簡単に印刷できます。

毎年の年賀状の準備は
楽しいけど大変な作業です。

でも、
コンビニのコピー機を利用すれば便利だし、
プリンターを使うよりコスパも良いです。

できるだけ夜間などの
お客が少ない時間や、
比較的住宅地にある店舗の方が、
次から次へとコピー機を利用する人が少ないと思います。

落ち着いて印刷できることでしょう。

ぜひ挑戦してみて下さい!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました