宛名を旧姓で書いても届く!?実家にいる友人に年賀状を送る時!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





ご結婚されている方の場合、お正月は仕事休みや
里帰り出産など色々な理由に合わせて、
実家に帰ることが多いと思います。

そんな実家に帰っている友人へ年賀状を送りたいとき、
旧姓で書くべきか?
結婚後の名字で書くべきか?
悩んだことはありませんか?

結婚後の名字で書いてちゃんと届くのでしょうか?

逆に、
旧姓で書くこと自体はマナー違反なのでしょうか。
真相をまとめてみました。

実家に帰省している友人に年賀状を書くときの宛名の書き方は?旧姓はダメ!

スポンサードリンク

実家に帰省している友人に年賀状を送りたい時、
宛名は旧姓が良いのでしょうか?

実は年賀状だけでなく、プレゼントやその他荷物を送る場合でも、
そこに住んでいる方の姓が違う届け物は配達されない可能性があります。

配達員の方は毎日の配達により、
そこにどの姓の方が住んでいるのかを把握しています。

もしその中で違う姓のものがあった場合は、
居住している方へ口頭にて確認を行ったり、
宛先不明として送り返してしまうケースもあります。

ですので、マナーとしてではなく、
郵便物としては旧姓が入っていないと
相手に届かない可能性が出てきてしまいます

宛名を旧姓で書くと失礼に当たる!年賀状の正しいマナー

それではマナーとしてはどうなのでしょうか。

相手の姓は変わっています。
相手は新しい家族とともに生活をスタート
させていますので、やはり新しい姓で挨拶を
してあげることが一番お互いに気分が良いはずです。

しかし、旧姓で書くことに対しては
マナー違反ではありません

それに、
郵便物としては旧姓で書く必要があります。

ではどのように書いたら良いのか?と思いますよね。

そのような場合には、
新しい氏名の前に旧姓+様方を入れましょう。

宛名例:
○○県○○市1-2-3
○○様方
○○ ○○様

そうすれば郵便局員さんを混乱させることなく、
また相手にも新しい姓で送ることができます。

ただし、間違っても相手の名前に対して
「旧姓」と記載しないでくださいね

差出人は旧姓で出せる?

結婚後初めて年賀状を送る場合、
差出人側の姓はどのようにしたら良いのでしょうか。

その場合、旧姓で一度送ってしまうと、
次の年も以前届いた年賀状を参照して送る方が
ほとんどだと思いますので、相手も旧姓で
送り返してきてしまいます。

また、旧姓にて長い付き合いのある方は、
なかなかあたらしい姓を覚えることもできません。

そこで差出人欄には、
新しい姓を書きつつ、
最後の行に(旧姓:○○)と付け足してあげると良いでしょう

その次の年からは、旧姓表記は必要なく、
新しい姓で送ることが可能です。

帰省のタイミングによっては送らないという決断も!

帰省するので年賀状は実家に送ってほしいと
友人から言われたとしても、送る側としては
年賀状の準備が早々にできているとは限りません。

元旦に届くには引き受け開始日の
2019年12月15日~最終投函日12月25日
の間にポストへ入れる必要があり、
それ以降に投函した場合は、元旦を過ぎてしまいます。

年賀状を出したけれど、届く頃には、
帰省している友人が、帰ってきてしまうかもしれません。

そこで、まずは友人に帰省がどのくらいの
日数なのか確認をしてみてください

友人が実家にいる間に送れる自信がない方は、
通常通り普段住んでいる住所へ送るか、
思い切って相手のことを考えて送らない
という相談をしてみるのも良いでしょう。

最近では年賀状もデジタル化していますので、
相手の状況をみて、メールやLineなどで
送ることも検討してみてください。

まとめ

実家に帰省している方へ年賀状を送る場合は、
配達する方のために、旧姓表記も必要です。

しかし、旧姓表記をしてしまうと、
相手によっては快く思わないかもしれません。

そこで、住所の最後に旧姓+様方を追加して
新しい姓で送ってあげることで、しっかりと
配達されますし、相手への気遣いにもなります。

新年早々から相手との関係をこじらせないためにも、
宛名の書き方を一工夫してスマートに年賀状を完成させましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク





関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする