138タワーイルミネーション2019!花火はいつ?料金や開催期間も!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





138タワー
愛知県の北西部にある一宮市の、
さらに北端に位置する
国営木曽三川公園内の展望塔です。

一宮市では冬の風物詩ともいえる
イルミネーションが、
2019年も11月16日より開催されます。

138タワーイルミネーションは
毎年テーマがあり、
今年のテーマは
「THE BEAUTIFUL EARTH
~未来をつくる、SDGs~」
となっています。

これは、
世界中の人々が幸せに暮らすために国連で採択された
国際目標(SDGs)を知ってもらうことを目的として盛り込まれました。

そのような壮大なテーマと、
138タワーの名の通り高さ138mのタワーが
煌々と照らし出される姿は、
ただきれいなだけではない
心に残るイルミネーションだと言えるでしょう。

さらに、
このタワーを背景に
開催される花火もあります。

夏とはまた違った趣がある、
澄んだ冬空の中打ちあがる花火を
楽しみにしている方も多いのではないでしょうか?

今回は、138タワーイルミネーションを
目いっぱい楽しむための情報をお届けします。

花火の日程はもちろん、
料金やアクセス、
楽しむうえでの注意点なども
紹介しますのでぜひ参考にしてください。

138タワーイルミネーション2019の花火はいつ?

スポンサードリンク

138タワーイルミネーション
開催期間中には、
クリスマスミュージック花火ショーと題した
花火イベントが行われます。

花火イベントは
11月24日と12月8日の2日間で開催され、
それぞれ19時30分より、
10分間花火が打ちあがります。

138タワーイルミネーション2019の料金は?

138タワーイルミネーションの観覧は、
基本的には無料となっています。

ただ、
138タワーの展望階への
入場は有料となっています。

料金は
15歳以上500円
65歳以上は250円
6歳以上15歳未満200円
4歳以上6歳未満は100円
3歳以下は無料です。

そして、
有料入館者が20名以上だと
団体割引として20%引きになります。

また、障がい者手帳の提示によって
本人と介護者一名が半額になる
といった割引もあります。
お持ちの方はご確認ください。

回数券や年間パスポートもオススメ

もう一つ、
複数回訪れる予定の方には、
回数券年間パスポートもおすすめ。

回数券は6枚つづりとなっていて、
15歳以上2,750円
6歳以上15歳未満1,100円
4歳以上6歳未満は550円なので少しお得です。

年間パスポートは
15歳以上2,000円
65歳以上は1000円
6歳以上15歳未満800円
4歳以上6歳未満は400円となり、
4回以上利用される方はお得になります。

こちらでも手帳や高齢者割引があるので
ご確認ください。

ちなみに、
パスポートご利用の方には、
展望階でのドリンクが
50円引きになったり、
パスポートを持っていない方の同伴も
2割引になったりと
特典もあるので合わせてチェックしてくださいね。

138タワーイルミネーション2019の開催期間は?

138タワーイルミネーションの開催期間は、
少し変則的になっていますのでご注意ください。

まず、
通常のイルミネーション開催期間としては、
11月16日から12月25日まで毎日開催となっています。

この期間はクリスマスイベントなので、
クリスマスが区切りです。

続いて、
2020年1月1日から1月5日まで、
ニューイヤーイルミネーションという
新春イベントとして開催されます。

三が日だけではなく
5日までと少し余裕があるので、
初詣の帰りなどに寄ってみるのも
いいかもしれませんね

138タワーイルミネーション2019の点灯時間は?

138タワーイルミネーションの点灯時間は、
17時から21時までとなっています。

あたりが暗くなってから
比較的早い時間から点灯するので、
たくさん楽しんだ後でも
帰りの時間に余裕が持てるのはいいですね。

138タワーイルミネーション2019の口コミは?

138タワーイルミネーションの
評判は非常に高く、
無料な上にクオリティも
文句なしと好評です。

口コミの一部を紹介しますので、
参考にしてくださいね。

無料なのに、
広い敷地に凝ったイルミネーションが
用意されています。
有料ですが、タワーに登って、
上からの眺めを楽しむ事もできます。
ここは、
タワーパークになっていて、
特に冬のクリスマスの
イルミネーションはとても素敵です。
一宮では有名な場所です。
あっちこっちたくさんカラフルで
煌びやかなイルミネーションでした。
暗くなると、お客さんも増え、
写真撮影コーナーなど行列でした。

冬になるとイルミがとても綺麗で、
人がたくさんいます。
毎年違うイメージになるので、
毎年楽しめます。
子供もとても喜んで
イルミを一緒に見ています。

この一帯では非常に有名な
一大イベントとあって
様々な人からの口コミがありましたが、
高評価の口コミが多く、
低評価の口コミはほとんど見つかりませんでした。

人気の高さがうかがえますね。

138タワーイルミネーション2019の見どころは?

138タワーイルミネーションには
様々なイルミネーションが設置され、
非常に見どころが多いです。

その中で、
特にこれは押さえておきたいもの
をいくつか紹介します。

「THE BEAUTIFUL EARTH~未来をつくるSDGs~」

まずは、
タワーのふもとに設置されている
「THE BEAUTIFUL EARTH~未来をつくるSDGs~」

こちらは今年のテーマとなっている
SDGsのシンボルです。

持続可能な世界を実現するための
17の目標を模して、
17色のカラーホイールが光り輝いています。

今年のイルミネーションは、
このテーマをもとに
作成されていますので、
ここは全体のイメージをつかむためにも
見ておくといいでしょう。

美しい地球の階段

そのシンボルから園内へと続く階段
デコレーションされており、
「美しい地球の階段」
という名前がついています。

虹色に彩られた階段は、
これからの地球の在り方を明るく示す道しるべ。

きらきらとした光の階段を通れば、
気分が高まってくるでしょう。

緑豊かな地上

続いては、
階段を進んだ右手にある
「緑豊かな地上」
と銘打たれたイルミネーション。

緑豊かで美しい地球に、
生命を感じさせる優しいイルミネーションを
木々にちりばめられています。

地球を大事にしながら
さらなる生命を育んでいこうという、
これからの目標とする
生命観を考えさせてくれます。

ちなみにこちらのイルミネーション、
いわゆるクリスマスを
連想させる配色になっています。

緑を基調として
赤や黄色がちりばめられていて非常に華やかです。

時期とテーマを融合した
素晴らしいイルミネーションですよ。

幸せの虹

写真映えするスポットとして
おすすめなのは、
「幸せの虹」

138タワーイルミネーションの中心にある
このイルミネーションは、
流れ落ちる滝のような
青いデコレーションを背景にして、
見上げなければ見えないほど
大きなアーチ状の虹が輝いています。

その足元には、幸せを呼ぶ
白とピンクのバタフライがお出迎え。

全体的にかわいく
幻想的な雰囲気なので、
カップルや小さい子供に
大人気なスポットとなるでしょう。

いのちをつなぐ川

「幸せの虹」から少し進むと、
頭上を真っ青にデコレーションされた道に出ます。

ここが
「いのちをつなぐ川」です。

流木や魚たちがあちこちで輝いていて、
その様子はまるで川の中から空を見上げているかのよう。

ここでも
自然や生命とともに歩んでいこう
という願いが感じられます。

地面のデコレーションも

また、
「世界中の絆」
「SDGs 大地の輪」では、
地面がデコレーションされていて、
イルミネーションの上を歩くことができます。

世界中の絆

「世界中の絆」
たくさんの円が置かれていて、
ケンケンパと飛び跳ねながら
遊ぶことができます

「SDGs 大地の輪」
迷路のようになっているので、
どちらも子供が大喜びするスポットです。

138タワーに登る!

そして、
イルミネーション開催中でも、
138タワーに上ることができます。

最初に上って全体を把握するのもいいですし、
全部を回り終わった後に、
総仕上げとして最後に上るのもいいでしょう。

ここは138タワーイルミネーションの特等席。

色とりどりに彩られた公園全体を見下ろせば、
特別なイベントとして強く思い出に残ると思います。

展望階では、
SDGsの具体的な活動についてのパネル展示も行われます。

イルミネーションのテーマである
SDGsを知って、
それぞれのデコレーションに
どのような意味や願いがあるのかを
考えながら巡るというのも面白いかもしれませんね。

スターライトトレイン

さらに、
イルミネーション期間中には
たくさんのイベントが行われ、
12月20日から22日には
スターライトロードトレインという、
光り輝く機関車にデコレーションをされた乗り物が運行します。

スターライトロードトレインは
一人につき500円で、
園内のイルミネーションをぐるっと回ってくれます。

3歳以下は保護者の膝の上に
載せることで無料になるので、
小さなお子さん連れでも
楽しく回ることができます。

その他音楽イベントも多数あり、
行くたびに違う楽しみ方ができます。

中には地元幼稚園の園児たちが
演奏などを披露してくれたり、
SDGsに関するミュージカルが開催されたりと、
ここでしか楽しむことが
できないものもありますよ。

やっぱり花火が見たい!

最後に、やはり
花火は外すことができないでしょう。

花火は前述の通り、
11月23日と12月7日に開催されます。

その中でも12月7日には
特別な試みが予定されています。

その試みとはこの日にSDGsのロゴをイメージした
オリジナルの打ち上げ花火が行われるようになっています。

このオリジナル花火の打ち上げ資金を
クラウドファンディングで募集するというものです。

138タワーの公式ページから、
クラウドファンディングのページにアクセスし、
その詳細ページから参加することができます。

参加した方には返礼品として、
毎年先着順である
1月1日の初日の出イベントの優先券や、
一年間有効な
自転車貸し出しチケット10枚セット
用意されています。

特に初日の出イベントは
人数が限定されている上に人気があるので、
通常であれば早い時間から並ぶ必要があります。

この優先券を持っていれば
寒い中朝早くから長時間並ぶことなく、
しかも確実に入場することができます。

一口の金額は
返礼品の種類によって異なります。

初日の出イベントの優先券2,000円
自転車貸し出しチケット10枚セット1,700円
となっており、
それぞれ数に限りがあります。

クリスマスとお正月との両方で
138タワーイルミネーションを
楽しもうとお考えの方は、
出資してみるのもいいかもしれませんね。

注意点等詳しい情報については、
一度クラウドファンディング
公式ページをご確認ください。
出資の締め切りは11月22日となっています。

138タワーイルミネーション2019の混雑状況はどのくらい?

138タワーイルミネーションは、
有名なだけあって
混みあうことがあります。

ただ、連日混みあっているわけではないので、
なるべく混雑を回避する方法を紹介します。

まずは基本中の基本、
平日に行くことです。

138タワーイルミネーションは
期間中毎日開催しているので、
平日でも見ることができます。

どうしても土日祝日は
人が多くなり混雑しやすいので、
それを避けて平日に行くというのは
非常に有効です。

とはいえ、
平日に行くことが難しい方も多いでしょう。

そういった方におすすめなのは、
11月中に行くことです。

イルミネーションはどうしても
クリスマスに近づけば近づくほど混んできます。

逆に言うと、
クリスマスまでの期間が
空いているうちは混雑しにくいのです。

なので、
早めの11月中に遊びに行く
というのがおすすめ。

11月中は混みあうことが少ないので、
ゆっくりと楽しむことができます。

ただ、
冬に打ちあがる花火は貴重ですので、
混んでいてもいいから花火も楽しみたい、
と思う方もたくさんいると思います。

やはり一番混みあうのは、
なんといっても
11月23日と12月7日に開催される花火の時間前後

138タワーイルミネーションの目玉とあって、
開催日には人が集中します。

気をつけていただきたいのが、
公園内だけではなく、
公園の周辺道路も非常に混雑するということ。

花火を見たいから
時間に合わせて行ったけど
間に合わなかった…
といったことも十分に考えられます。

つまり、
138タワーの花火を見るうえで大切なのは、
時間に余裕をもって
混雑に巻き込まれる前に
到着しておくこと。

メインである花火を
見逃してしまった後では、
イルミネーションを見たとしても、
心から楽しむことはできないのでは
ないでしょうか。

花火の場所取りをするため、
という気持ちで早々に到着しておけば、
このような後悔はなくなるので、
目いっぱい楽しむために早めの到着を心掛けましょう。

138タワーイルミネーション2019の駐車場情報!

138タワーイルミネーションが
行われる国営木曽三川公園には、
900台収容可能な大きい無料駐車場があります。

時間を気にする必要がない
無料駐車場は非常にありがたいですね。

これほど大きな駐車場であれば、
満車で停められないといったことは
ほとんどないでしょう。

ただ、花火が打ちあがる
11月23日と12月7日
大変な混雑が予想されるため、
臨時駐車場が設置されます。

この日は駐車できない
可能性が考えられるので、
早めに到着するようにしましょう。

138タワーイルミネーション2019の場所とアクセス方法は?

138タワーイルミネーションは、
国営木曽三川公園内にある
138タワー周辺の
138タワーパークで開催されます。

138タワーパークへの
アクセスは以下の通りです。

名古屋方面から
国道22号線を北上、
「一宮木曽川インター北」を右折、
1本目を左折。
東海北陸道下の道を直進し、
つきあたりを右折

岐阜方面から
国道22号線を南下、
「北方町」交差点を左折し、
約3km後「光明寺」交差を左折

高速道路を利用される場合は、
名神高速一宮I.Cより
国道22号線を北上し約20分

または、
東海北陸自動車道
一宮木曽川I.Cより約8分です。

138タワーイルミネーション2019へのバスはある?

138タワーイルミネーションが
行われる138タワーパークまでは、
名鉄一宮駅から
直通のバスが運行しています。

また、名鉄一宮駅には
JR尾張一宮駅が隣接していますので、
バスをご利用の方は
名鉄尾西線、
名鉄名古屋本線、
JR東海道本線
のいずれかをご利用ください。

バス乗り場は名鉄一宮駅から出て、
右手に進んだすぐのところに
バスターミナルがあり、
138タワーパークへのバスは
3番乗り場から乗車できます。

乗車するバスは
名鉄バス「一宮総合体育館行き」
約30分で「138タワーパーク」
に到着します。

バスの運行は
一時間おきとなっていますので、
駅への到着時刻と発車時刻を
事前に確認しておくと、
待つことなく
スムーズに乗車できます。

ただ、花火が開催される
11月23日と12月7日や、
クリスマス前後は周辺道路が混みあうので、
バスやタクシーを使った来場にも影響が出ることも予想されます。

そのため到着が
予定時刻より遅れることが考えられますので、
せっかくの花火を見逃さないよう早めの到着を心掛けましょう。

138タワーイルミネーション2019の雨天時は?

138タワーイルミネーションは、
嬉しいことに雨天時でも点灯します。

雨の日には、
濡れた路面や雨に反射して
ぼんやりとした光が広がり、
イルミネーションがさらに大きく幻想的に見えます。

雨天時は人が少なくなりがちなので、
いつもとは違った
雰囲気のイルミネーションが
ゆったりと楽しむことができます。

隠れた狙い目といえるのかもしれません。

ただ、
11月23日と12月7日に行われる
花火の打ち上げは、
雨天の場合は中止となってしまいます。

ですが、雨天時はそれぞれ代替日として
翌週の11月30日と12月14日に
開催されるようになっていますので、
花火が見られないといったことにはならないので安心ですね。

中にはこの日に行くと決めて
予定を組んでいる方も
いらっしゃると思いますので、
そういった方は事前に天気予報を確認しておくのがいいでしょう。

ちなみに、12月7日には
クラウドファンディングで募った
オリジナル花火が打ちあがる予定ですが、
12月7日が雨だったときは
この花火も翌週の12月14日に打ち上げが行われる予定です。

最後に、
可能性は非常に低いのですが、
毎週末に雨が降ってしまうという
悲しい可能性もゼロではありません。

こういった事態になったときに
花火の打ち上げがどうなるかというのは、
現状まだ決まっていません。

万が一雨が続いてしまったときは、
花火をどうするかを改めて告知する
ということなので、
公式ページをチェックしましょう。

138タワーイルミネーション2019の気温と服装のオススメは?

138タワーがある一宮市は、
気温的には全国平均に近いのですが、
冬季に伊吹おろしと呼ばれる
季節風が吹くことがあり、
気温以上に寒さを感じやすい地域と言えます。

そして、138タワー周辺の
138タワーパークは、
一宮市を横断する
木曽川沿いの河川敷に近い場所なので、
より風の影響を受けやすい場所です。

なので、
138タワーイルミネーションを
楽しむうえで気をつけたいのは、
時期的に防寒はもちろん、
加えて風の対策も必須でしょう。

厚手のコートや
ウィンドブレーカーのような、
風を通しづらく
温かい服装で行くのが安心です。

公園内には売店が入った
屋内のレストスペースがあるのですが、
イルミネーションが始まる時間帯には
閉まってしまうため、
体が冷えてしまったときに
駆け込めるような場所が公園内にはありません。

ちなみに、
公園内で唯一暖を取れる場所は138タワーの展望階です。

ここにはエアコンがありますので、
寒さや風を防ぐことができます。
冷えてきたら眺めを楽しみに行くこともかねて、
展望階に上ってしまうのも一つの手といえますね。

138タワーとは?

138タワーは、
正式名称をツインアーチ138といい、
二本のアーチがてっぺんで
交差しているようなデザインで、
アーチ式タワーとしては
世界2位の高さ(138m)を誇ります。

ちなみに138タワーの138は、
一宮の語呂合わせなのですが、
元々は一宮の三八市という江戸時代に、
このあたりで開かれていた
大きな市に由来しています。

タワーの展望階は
地上100mの位置にあり、
展望階からは足元の138タワーパークはもちろん、
木曽川の流れや一宮市を囲む鈴鹿山脈や中央アルプスなどの山々、
名古屋市内や岐阜市内の夜景も一望することができます。

天気予報してくれている!

138タワーのおもしろい点として挙げられるのが、
夜間ライトアップ時に138タワーを照らすライトの色によって
翌日の天気を教えてくれるということです。

天気予報をするタワーは他にもあるのですが、
138タワーでは
晴れがオレンジ、ピンク、
曇りがグリーン、イエロー、
雨がパープル、ブルー
と2色ずつあり、
30分おきに交互に点灯します。

ただ、残念ながら
イルミネーション期間中は、
天気予報ライトアップはお休みです。

また、138タワーがある
138タワーパークには、
目いっぱい体を動かせるたくさんの遊具があります。

イルミネーションも楽しみですが、
子供連れでも退屈しない、
一日遊べるスポットですよ。

住所:愛知県一宮市光明寺字浦崎21-3
代表電話番号:0586 51 7105

まとめ

いかがでしたか?

見どころがたくさんある
イルミネーションスポットであることが
お分かりいただけたのではないでしょうか。

無料で公園全体にわたる
イルミネーションと花火まで楽しめる、
このようなスポットは非常に貴重です。

公園内では昼も夜も
たくさんのイベントが行われているので、
行くたびに新しい楽しみを
見つけることができます。

誰といつ行っても
楽しくきれいなイルミネーションスポット、
ぜひ一度足を運んでみてくださいね。