結婚式の写真入り年賀状はうざい?独身の友達に嫌がられない方法は?

スポンサードリンク

スポンサードリンク





おめでたい結婚式の様子を、
次の年の年賀状に印刷して送ることは
昔からの定例として今も続けられています。

しかし、
そんな年賀状を受け取る側は、
必ずしも喜んでくれるとは限りません。

独身の友達にとっては
捨ててしまいたいくらい…

でも写真入りで捨てるに捨てられない!

なんて思っているかもしれません。

嫌がられないように、
どんな年賀状を送るのが良いのでしょうか。

結婚式の写真入り年賀状はうざがられる?独身の相手に送るのはダメ?

スポンサードリンク

結婚式の写真を年賀状にして送る前に、
相手との関係性を考えてみましょう。

相手が結婚式に参列してくれた親族や
いつも気兼ねなく話せる友人の場合には、
特に気を使わずに送っても問題ありません。

また、参列することができなかった
遠方の親戚などには、
写真入りの方が結婚相手の紹介にもなりますし、
喜ばれることが多いです。

年に1回または年賀状でしか
挨拶しない知り合いの場合は、
相手が独身だと、
二人の幸せな姿が逆効果になる場合があります。

また、相手も
写真が大きく印刷されているものは、
捨てるに捨てれないと感じてしまいます。

幸せオーラを全面に出すことよりも、
年賀状は本来、
新年の挨拶と昨年の感謝の気持ちを伝えるもの。

結婚したことの報告はサラッと小さくまとめて、
新年の挨拶とお世話になった方への気持ちを表現することがベストです。

結婚式の写真年賀状でうざがられない方法は?デザインにひと工夫

もし結婚式の写真を
年賀状に印刷するのであれば、
先に記載した通り、
親戚には写真スタジオで撮影した
結婚式の写真などを大きく使っても問題ありません。

しかし、
友人や同僚に対しては挨拶文をメインとして、
写真は小さめにのせるのが良いでしょう。

デザインの一部のように
オシャレに配置することも写真だけを目立たせないコツです。

引越しが伴う結婚の場合には、
引越ししたことと住所などの情報を必ず記載してください。

また、
相手によって年賀状のデザインを変えることも検討してください。

何種類も作成することは面倒ですが、
後々の人間関係がこじれるよりも簡単なことです。

友人へは結婚式の写真を載せずに、
一文結婚したことを報告する文章を
入れるだけでも良いでしょう。

妊娠・出産報告の年賀状にもひと工夫を!

結婚式だけでなく、
妊娠・出産報告の年賀状もよく目にしますが、
こちらは結婚よりもさらにデリケートな問題です。

やはり親戚には
子供の顔を見せたいということで、
写真を印刷することは問題ありませんが、
友人の場合は仲が良いとしても、
相手がどんな悩みを抱えているかわかりません。

特に、
妊活中の方へは少し配慮が必要です。

本来であれば、
祝福してあげたい友人のおめでたい話ですが、
そこをなかなか喜んであげられない状況の方もいます。

新年の挨拶・昨年のお礼をメインに、
子供の写真を載せるよりも、
近況報告として一文入れてあげるのが良いでしょう。

子供の写真だけでなく、
マタニティフォトはもってのほかです!

年賀状が自己満足になってしまう恐れがありますので、
本来の送る意味を今一度考えて、
相手によって少しの気遣いが必要となります。

まとめ

結婚の報告として、
年賀状に結婚式の写真を使うことがありますが、
相手によっては快く思わないことがあります。

年賀状は本来、
挨拶とお礼のためのツールです。

特に、なかなか会えずに、
年賀状でしかやり取りをしない友人などには、
相手が今どんな状況で
悩みを抱えているのかわかりません。

相手によって
デザインを変更するのがベストですが、
できない場合には、
結婚式の写真を小さめに印刷したり、
デザインの一部として配置・加工するなど、
幸せオーラ全開にせずに控えめに見える工夫が必要です。

年賀状も送る自分の事ではなく、
受け取る相手のことを考えて作成してみてくださいね。