奈良公園の紅葉のライトアップ情報2019!時間や期間と見頃もご紹介!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





奈良と言えば鹿で有名な奈良公園。
たくさんの鹿に囲まれながら、
広々とした公園を散策できるのは、
奈良公園ならではです。

鹿せんべいをあげようとして、
大量の鹿に追い掛け回されるという、
軽い恐怖体験をすることもありますが…
(皆さんが思っているより鹿はアクティブです、
気を付けましょうね。)

そんな奈良公園、
実は紅葉の観光スポットとしても有名なのです!

紅葉といえばライトアップを期待してしまいますよね!
奈良公園の紅葉にはライトアップはあるのでしょうか?

また、ご存知の通り奈良公園は、
奈良県屈指の観光名所なので混雑しやすいです。

しかも非常に広いので、できれば
なるべく効率よく回りたいですよね?

「紅葉がきれいだったら、できるだけきれいに見たい!」
という方へ、おすすめのスポットをご紹介します。
よかったら是非参考にしてくださいね!

奈良公園の紅葉のライトアップ情報!時間や期間は?

スポンサードリンク

奈良公園の紅葉のライトアップは、
紅葉を見せるためのものは残念ながらありません。

ですが、浮見堂と猿沢池は暗くなるとライトアップされ
ここは同時に紅葉を楽しむこともできます!

ライトアップ時間は日没から22時まで。

あまり明るいライトアップではありませんが、
ぼんやりとした明かりの中に浮かぶ浮見堂と、
その光を反射して池に映る紅葉は、非常に幻想的ですよ!

奈良公園の紅葉の見ごろ時期はいつ?

奈良公園に限った話ではありませんが、
紅葉は気温により見ごろとなる時期が変わってきます。

では今年(2019年)はどうなのでしょうか?

予測では今年は例年より遅めで、
11月上旬~12月中旬となっています。

楽しめるようになるまでまだかかるというのは残念ですが、
その分日が落ちるのも早くなるので、

ライトアップされた紅葉を楽しめる時間が長くなる!

と考えれば、むしろプラスポイントかもしれませんね。
ちなみに理由は後述しますが、紅葉の見ごろの期間が
長いことが奈良公園の紅葉の特徴です。

奈良公園の紅葉の見どころとオススメスポット

この投稿をInstagramで見る

. Sunset in Nara . . 浮見堂の夕景 . . . 早くも10月 ・ 10月言えば神無月(かんなづき) ・ 神無月は島根県の出雲大社に全国の八百万の神々が会議のために集まる。 ・ 出雲以外には神様が居なくなる月 出雲大社に神が集まるのは、一般には縁結びの相談?のためとされているらしい。 ・ 出雲に行くのは大国主神(おおくにぬし)をはじめとする国津神(地に現れた神々の総称)だけであるという説や、 ・ 天照大神(あまてらすおおみかみ)を始めとする天津神(天降った神々の総称)も出雲に行くという説もあるらしい。 ・ 出雲に神々が出向いてしまっては、その地域を守るものがいなくなるということから、留守番をする神も考え出されるようになった。 ・ 一般には恵比須さん、10月に恵比須を祀る恵比須講を行う地方もある。 ・ らしいです。 . Nara Sunset from the Nara park.

masanaoさん(@i_masanao)がシェアした投稿 –

奈良公園はとても広く、紅葉を見ることができるスポットも、
有名なところから穴場的なところまで、
たくさんの場所があります。

その中で、数か所ピックアップしてご紹介したいと思います!

浮見堂

まず最初にご紹介するのは、奈良公園に紅葉と言ったらここ!
前の項目でも挙がった浮見堂

浮見堂とは、奈良公園の南西に位置し、
浅茅ヶ原園地の林を抜けた先の池の中に立っている東屋です。
この東屋を池のほとりから紅葉を背景にするように見るのですが、

これが絶景なんです!

池の周りに紅葉が広がり、その中にふわっと浮かび上がる浮見堂。
これぞ日本の秋!という感じで、和の素晴らしさを体感できます。

池には貸しボートもあるので池の上から
紅葉を楽しむこともできます

また、この浮見堂自体も屋根がある休憩所ですので、
他の場所を見回ってからの休憩所としても
利用できるおすすめスポットです!

前述のとおり、夜はライトアップされるので、
一日を通していろんな表情を楽しめますよ!

ですが…この浮見堂、紅葉スポットとして非常に有名なため、
行楽シーズンの特に土日は非常に混雑します。

猿沢池

次にご紹介するのは、これも前項でご紹介した猿沢池

こちらは、東大寺や興福寺といった仏閣の
近くにある、周囲360mほどの池です。

パンフレットなどで、興福寺にある五重塔が紹介されるときに、
この猿沢池からの眺めが写真として掲載されていることがあります。
カメラや携帯を構えた方を特に多く見かけるのもここです。

そしてこの猿沢池の外周には紅葉する木が並んでいて、
さらにこれも秋の風物詩と言える柳も植えられているので、
ゆっくりと散歩がてらぐるっと回ってみる、というのもいいでしょう。

こちらもライトアップされる場所なので、
夜でも紅葉が楽しめるスポットですよ!

五重塔やその周りの景色が池の中で反転している眺めは、
これもまた風情があり、古都の風を感じる場所として
申し分がないと言えます。

さらにもう一つ猿沢池について。
タイミングが合えばですが、
ぜひ満月の日に行っていただきたいのです!

というのも、猿沢池に満月が映りこんだ景色は、
南都八景の一つに数えられており、
はるか昔から愛されている屈指の絶景スポットです。

もしたまたま満月の日に訪れることができたのなら、
ぜひとも押さえておきたい紅葉スポットです!

今ご紹介した浮見堂と猿沢池を回るルートの一例として、

東大寺→猿沢池→浅茅ヶ原園地(浮見堂)→春日大社

なんていうのはいかがでしょうか?
奈良公園の象徴ともいえる東大寺と春日大社、
そして紅葉スポットとして名高い猿沢池と浮見堂。

奈良公園に来たのならここでしょう!!
というスポットを押さえたルートです。

奈良公園には行きたいけれど、
どこをどう回っていいかわからない…
という方は、ご紹介したルートを軸に
考えていただくと間違いないと思います!

ただご紹介したルートは王道ルートなので、人は多いと思います。
そこで、

「人込みは避けたい!でもゆっくり紅葉を楽しみたい!」

という方にオススメなのが、
奈良公園内でも穴場的スポットの、
公園の東に位置する春日山、若草山への遊歩道です。

こちらは大きな公園のはずれだからか、シーズンでも人は少なめ。
ですが遊歩道自体は非常に整備されており、道も平たんで
のんびりと散策することができます。

もともとこの一帯は、
春日山原始林として特別天然記念物に指定されています。

なので、奈良都市部の中でも、非常に自然が豊かで、
様々な角度から紅葉を楽しむことができます!

うっそうと生い茂る木々の葉が真っ赤に染まり、
そしてその葉を通った光が見渡す限り一面を赤く染め上げる光景は、
この世の秋を独り占めしたかのような不思議な感覚に包まれます!

こちらも一見の価値ありですよ!!

おススメとしては、まず若草山山頂を目指し、
そこから春日山北遊歩道を通り下山するルート。

若草山山頂の展望台からの奈良都市部と、
山のふもとに広がる紅葉した森林を同時に見渡すことができ、
広場があるのでそこでランチなどもいいかもしれませんね。

それから複数ある下山ルートの中でも、
とりわけ紅葉が鮮やかな北遊歩道を通って帰ってきます。

ハイキングやピクニックのような感覚で楽しめる、
こちらも十分に紅葉を楽しめるルートになります!

注意していただきたいのは、こちらはライトアップされません
ですので、夜は真っ暗になります。

紅葉の時期は日が落ちるのも早く、
暗くなってからは危ないので、
時間に余裕をもっていきましょう!

奈良公園で紅葉する木の種類は?

奈良公園で紅葉を楽しめる木の種類は

ナンキンハゼ、イチョウ、モミジ、ケヤキ、サクラ

などです。
この奈良公園は木の種類が多いことが特徴です。

木の種類によって紅葉する時期が違うので、
期間内であれば行くごとに違った表情を
見ることができるのも、奈良公園が紅葉の
オススメスポットの一つと言われる理由の一つです。

前述の奈良公園の紅葉は見ごろが長いというのは、
木の種類が豊富で紅葉の時期がずれるから、なんです。

奈良公園の営業時間は?

奈良公園の営業時間ですが、
奈良公園自体は一般開放されている公園なので、
24時間開いています!

ただ…
ライトアップの終了時間は22時なので、
それ以降は紅葉を見るには適しません。

公園が広いので、
(全体で考えると約500ヘクタール、
東京ドーム141個分もあります)
時間には気を付けましょうね!

奈良公園の紅葉の混雑状況

この投稿をInstagramで見る

Location:Nara JAPAN🇯🇵 ・ Nara City event “Naramachi Walk”. Pond reflection. ・ 昨夜より始まった「ならまち遊歩」。猿沢池の提灯ライトアップがリフレクションしていました😊 ・ _._._._._._._._._._._._._. #instagramjapan #土曜日の小旅行 #sonyalpha #igersjp #kf_gallery_vip #whim_member #広がり同盟メンバー #tokyocameraclub #dpj_member #bestjapanpics #team_jp_ #japan_of_insta #Lovers_Nippon #bestphoto_japan #japan_vacations #visitjapanjp #retrip_nippon #art_of_japan_ #photo_shorttrip #ap_japan_ #Rox_Captures #espacio_world #japantravelphoto #lost_world_treasures #wonderful_places #super_japan_channel #奈良県景観資産 #ならまち遊歩 #猿沢池 #colore_de_saison our

wasabitoolさん(@wasabitool)がシェアした投稿 –

奈良公園は紅葉に限らずいろんな
観光スポット、イベントがあるので、
(どんなイベントがあるかは後ほどご紹介します。)
常にある程度の観光客がいます。

なので、独り占め!とできるほど空いている可能性は低いです。

ですが、奈良公園自体が非常に広いので、
ゴミゴミした中で窮屈な思いをしながらの
紅葉狩りとなることはないかと思います。

ですが…
「ライトアップした紅葉」を楽しみたいとなると少し話が変わります。

最初の方で書きましたが、奈良公園は
紅葉を見るためのライトアップはありません

ライトアップされるのが「紅葉」ではなく「場所」なので、
ライトアップされる所が非常に限られています。

具体的には常時ライトアップされるのは、
前述の浮見堂と公園の南西にある猿沢池
この二か所のみです。

ですので、日が落ちてから奈良公園を観光する方は、
ライトアップされる場所に集まる可能性が考えられます。

しかもどちらも奈良公園の紅葉スポットとしては有名なので、
暗くなるにつれて昼間以上に混み合うかと思われます。

そこで、ライトアップした紅葉をゆっくり楽しみたいのであれば、

  • 事前に見やすい場所を下見しておく。
  • 日が落ちる前からスタンバイし、見やすい場所を確保しておく。
  • 少しでも人が少ない平日に行く。

など少し工夫をされた方が楽しみやすいかもしれません。
(場所取りなどはほかの方のご迷惑にならないように
気を付けてくださいね。)

奈良公園の入場料はいくら?

奈良公園の入場料は、先ほど少し触れましたが無料です!

公園と付くぐらいなので、扱いとしては近所の公園と変わりません。

ただ、若草山への入山東大寺への入堂など、
一部お金がかかるところはあるので、
紅葉以外でも観光しようとお考えの方は注意しましょうね!

奈良公園の駐車場情報

車で移動する上で駐車場の料金は割と重要ですよね!
特に行楽や観光など、長時間滞在する場合は、
その時に支払う駐車場の料金はバカにできません。

車で行こうかな?とお考えの方は、無料駐車場があるか?
というのは気になるところ。

結論から言うと、残念ながら奈良公園に
無料駐車場はないとお考えいただいた方がいいです。

一応一か所だけあるにはあるのですが…
そこは若草山頂駐車場です。

ただここは、小高い若草山の山頂にあり、
なら公園へのアクセスが非常に悪いうえに、
そもそもこの駐車場につながる若草山山頂への
道がそもそも有料なのでおススメできません。

近くの商業施設の駐車場を利用し、
割引を受けるという方法もありますが、
そもそも奈良公園は非常に広く、
短時間の利用で回るのは困難なので、
多少マシになるかも?くらいの認識の方がいいと思います。

民営の駐車場は周りにいくつもあり、
料金にも多少の差はあります。
ですが文中でも何度か触れているように、
奈良公園は観光客が非常に多いです。

当然車で来園する方も多数いらっしゃるので、
安い駐車場を事前に調べていったとしても、
空いているかどうかは怪しいです。

なので、基本的には空いているところを見つけ次第、
停めてしまうのがいいと思います!

…と、これだけバッサリと書いてしまうと身も蓋もないので、
参考までに駐車場に関する奈良公園近辺での、
自治体の混雑緩和の取り組みの一つをご紹介します。

「パーク&ライド」というもので、特に混み合う時期に、
公営の駐車場を一部無料開放し、
さらにレンタサイクルを無料で貸し出すというものです。

また、同取り組み期間中には、奈良公園はもちろん、
奈良市内の主要名所などを巡回するバスを運行し、
そのバスの運賃はなんと100円

これなら近隣の駐車場ではなくても
不便なく、紅葉を楽しめるかと思います。

実施される期間は2019年9月14日~11月24日の土日祝です。
ちょうど今の時期ピッタリですね!

ただご注意いただきたいのは、
無料駐車場の開放は9:00~18:00までで、
ライトアップの時間まで停めておくのは難しいです。

加えて、現状はハイシーズンのみで、
一年通しての取り組みではないようなので、

車で行く予定の方で
「利用したい!」

とお考えの方は、事前に実施期間中かどうか、
駐車場がどこかなどを確認してからお出かけください!

奈良公園へのアクセス方法

電車、バスでのアクセス

近鉄奈良駅より徒歩5分

JR奈良駅からは徒歩で20分前後かかるため、
東口2番乗り場から奈良公園行きのバスが出ていますので、
そちらが便利だと思います。

車でのアクセス

奈良県の主要道路である国道169号線、国道369号線沿いにあります。
奈良市中心部を通る高速道路はないため、一般道を利用しましょう。

また、混雑が予想されますので、安全運転で時間に余裕をもった
予定を立てましょうね!

奈良公園の紅葉の気温とオススメ服装

奈良公園で紅葉が見ごろの11月から12月というのは、
奈良では初霜が観測されることが多いころだそうで、
朝晩の寒暖差が非常に大きい時期と言えます。

11月は、日中の気温は16度前後
比較的過ごしやすいと言えますが、
夜間の最低気温は10度を大きく下回り、
6度近くまで下がることもあるようです。

12月も、日中は11度前後とお日様が出ていれば
寒さはそこまで厳しくありませんが、
夜間は2度ほどまで下がり、場所によっては氷が張るそうです。

数字だけ聞いても結構寒そうですよね…

ただ、広い奈良公園を歩いて回っていると、体があったまるので、
昼間は上に挙げた数字ほどの寒さは感じないかもしれません。

ですが、その分ライトアップを楽しめる夜間の気温は、
寒暖差もあって余計に寒く感じるのではないかと思います。

広い公園を動き回ることを考えれば、ブーツやヒールなど
歩くのに負担になる履物は避けた方が無難でしょう。

また服装も、昼間は動きやすい服装がいいでしょうね。

男性ならば、ジ-ンズに長袖のTシャツやトレーナー、
ニット系などを組み合わせて、
温度調節がしやすいような格好で。

女性ならばワンピースやパンツスタイル、
それに薄手のコートやカーディガンなどで
寒さ対策、などはいかがでしょうか?

特にライトアップされた夜に行きたい!ということであれば、
冬物に近いジャケットやコートなど、
寒さ対策を万全にしておいた方が、
寒くて紅葉に集中できなかった…
なんてことはなくなりそうです。

付け加えると、動き回るので多少なりとも汗をかくと思います。
タオルやハンカチなど、汗を拭けるものも持参した方がいいでしょうね。

紅葉はすごくきれいだったけど、寒くて風邪を引いた…

なんてことになったら台無しですからね。

奈良公園では紅葉祭りは行われる?

残念ながら、奈良公園では紅葉祭りは行われません。

奈良公園へ行ったら鹿にも会える!

やはり奈良公園といえば鹿!
実はこの鹿、野生なんです!!

野生とはいっても、生まれてからずっと
奈良公園内で生活しているので、
人には非常に慣れています。

奈良公園内におよそ1000頭ほど生息しているそうです。

もともと、この鹿は公園内にある
春日大社の神使であるとされています。
つまり鹿たちは神様なのです。
とはいっても鹿は鹿なので、非常にかわいいです。

公園内では至る所で鹿を見ることができ、
紅葉の中で鹿とたわむれることもできます。

また、奈良公園で鹿といえば鹿せんべいですよね。

鹿せんべいは園内の売店で購入することができ、
直接手渡しで鹿にあげることができます。

ただ気を付けていただきたいことが数点あります。
まず一点目に、鹿に襲われないように気を付けることです。
基本的に鹿は草食動物でおとなしく、襲ってくることは稀です。

しかし、人間から危害を加えたり、鹿せんべいをあげる際に、
もったいぶるなど鹿が嫌がることをすると、
攻撃してくることがあります

毎年のように、鹿に襲われ重傷を負うケースが出ています。
相手は野生動物であることを忘れず、
くれぐれも必要以上に干渉しないようにしましょう。

二点目に、奈良公園の鹿は国の天然記念物に指定されています
むやみに危害を加えると罰せられますので、こちらも気を付けましょうね。

三点目に、鹿は公園内だけではなく、周囲の公道などにも出没します。
毎年100以上の鹿が絡んだ交通事故が発生しています

ある程度大型の動物との事故になると、
動物自身はもちろんですが、
車に乗っている方もケガをしたり、
鹿を避けようとして別の場所に衝突したりすることも考えられます。

奈良の鹿は天然記念物ですが、
不意の事故であれば処罰されません
ですので、落ち着いて対応しましょう。

また鹿の事故は夕方に集中しています。
車で奈良公園を訪れる際はくれぐれも
鹿との事故に気を付けてくださいね。

ここまで長々と怖い事ばかりを並べてしまいましたが、
きちんと節度を守って接していれば、
それほど危険なことはありません。

鹿せんべいをあげようとするとねだるようにお辞儀をしたり、
鹿の子供も間近で見ることができます。
これだけ近くで野生の鹿と触れ合えるのは奈良公園だけです。

鹿は草食動物なので、鹿せんべいだけではなく
葉っぱや木の実を食べている姿も見ることができるようです。

このように奈良公園と鹿は切っても切れない、
奈良公園の醍醐味ともいえる動物なので、
ぜひ紅葉だけではなく、鹿とも遊んでみてください!

ただ、鹿は夜は寝床に帰るようなので、
夜のライトアップの時間帯には鹿は減っているようです。
ひょっこりと夜更かしな鹿が、顔を出すかもしれませんけどね。

ちなみに、たまに鹿せんべいめがけて
突進してくることがあるので、
その時はパッとせんべいから手を放しましょう!

奈良公園の楽しみ方

この投稿をInstagramで見る

2019.10.09 久しぶりにランチ 東大寺でのんびり 若草山に登るには少し暑かった。やっぱりこの赤ワイン煮はお気に入り♡#奈良公園#キッシュ

kokoさん(@39kokoriko)がシェアした投稿 –

ここまで奈良公園は鹿紅葉が見ものです!
と書いてきましたが、
決してその二つだけしか魅力がないわけではありません。

一日ではとても回ることができない敷地内には、
東大寺や春日大社に代表される世界遺産が複数あります

また、複数ある神社仏閣には、数多くの国宝や重要文化財があり、
有名なものにはいわゆる「奈良の大仏」があり、
その他にも金剛力士像や阿修羅像など、枚挙に暇がありません。

数々の文化財に見る、触れることができる奈良公園は、
1000年以上の時を越え、あたかもタイムスリップしたような、
そんな不思議な感覚に浸ることができます。

名のとおり奈良時代という一時代を築いた、
「古都・奈良」を存分に楽しめるのも奈良公園ならでは。

他にも、奈良市の市街地であるにもかかわらず、
若草山や春日山のように豊かな自然に触れることができ、
森林浴やハイキングなどを手軽に楽しむこともできます。

春には桜が咲き乱れ、夏はアジサイや新緑が広がり、
秋には一斉に紅葉が燃え、冬は時に一面の銀世界。

四季折々で表情を変える山々や山頂からの眺めは、
都市部とふもとの自然を一気に堪能することができ、
その光景は唯一無二のものと言えるのではないでしょうか。

まだまだ奈良公園にはいろいろありますよ!

伝統的なものから近代的なものまで、多種多彩なイベントが
年間通して開かれており、飽きることがありません。

例えば若草山焼きなら燈華会送り火といった昔のイルミネーション
言えるような伝統的なものもあれば、

しあわせ回廊なら瑠璃絵や前述の若草山焼きでは、
花火イルミネーションが楽しめます。

さらに、フードイベントや音楽イベント、
はたまたビールイベントまで、
新旧含めれば、年中何かのイベントをやっている、
と言っても過言ではないくらいです。

他にも紹介しきれないほどの数々のイベントがあります。
興味が引かれるようなイベントが必ずあると思いますので、
ぜひ一度何があるか調べてみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ただの歴史公園ではない、想像以上に見どころ、楽しみどころが
満載で魅力的な場所というのがお分かりいただけたのではないでしょうか?

春夏秋冬、家族や恋人、友人はもちろん、
一人でも十分に楽しめますよ!

いつ行っても、誰と言っても楽しい!!

それが奈良公園です。
一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか?