想像以上に大変!?子育てをしながら家事も上手にするコツを知ろう

子育て&ママ

子育てはとても楽しく、

赤ちゃんはとても可愛いですよね。

 

でも、そんな子育てですが、

なかなかうまくいかない事もでてきます。

そこに家事も並行してやるとなると、

なかなか時間的にも余裕ができません。

 

そうなると心にもゆとりができませんよね。

 

時間を少しうまく使って、
家事の終了後に
10分でも休めるようにする事が大切ですよ〜。

 

主婦の家事の効率化 ・・・しながら・・する

スポンサードリンク

 

私は子供が小さい頃は本当に眠くて、
子供と一緒によく寝ていました。

 

毎日クタクタになっていましたから。

 

子供が高校生になったら、
お弁当がいるようになって
朝、課外もあったりで5時起きでした。

 

けれども、早起きをすると
朝の時間を
有効に使うことができました。

 

その頃は
夫が一番遅く出ていっていたのですが、
8時ごろには茶碗洗いと洗濯を終え、
大嫌いな掃除をざぁっとして、
8時半にはお茶を飲んでいたかなぁ?と
思い出しています。

 

専業主婦だったので
できたことだと思います。

 

お勤めをしているママさんだったら、
朝は戦争じゃないかな?

今の家の隣は保育所なのですが
朝早く、早い人は7時半ころから
お子ちゃまを預けに来ています。

 

家で主婦をして、外でお仕事して、
帰ってきてからはママさんやって・・・
本当に脱帽しちゃいます!

 

朝から少し時間のある日などは、
朝ごはんをつくるついでに
夕方のオカズを1品作っておいたり、
下ごしらえをしておくと
夕方の忙しさが半減するように感じます。

 

例えば洗濯しながら、
台所ではコンロで肉じゃが作りながら、
朝ご飯を食べるみたいな・・・

 

これは私が今でもやっていることです。

 

夕飯の準備も
できるだけ時間を掛けたくないので、
煮物などは朝のうちに仕込みをし、
時間を掛けて味を染み込ませます。

 

煮物はどうしても時間が掛かりがちですが、
焼き物、炒め物ばかりよりも
お腹にたまりますし、
食卓のバリエーションも増えますね。

 

煮物系は
朝から作っておくことをお薦めしますよ!

 

とにかく家事は、
~しながら~をやるということが
時間の節約にもなりますので
やってみましょうね。

 

ちなみに私は今、洗濯しながら、
ひじきを炊きながら、
パソコンカタカタやっています。

 

家事の時間を うまく配分するためには?

できれば家事を集中してやれることに
こしたことは無いと思うのですが、
現代人はとても忙しく、難しいものですね。

 

そんな時、スキマ時間・ながら時間
利用してみてはいかがでしょう。

 

例えば歯磨きしながら、
ちょっと洗面台を片付けてみる、

 

顔を洗ったら、
さっとボウル部分を拭いておく、
みたいな。

 

お風呂の最後の人が蓋をして、
窓を開けて換気する、
お風呂の残り湯に漂白剤を入れて
風呂ふたや椅子、洗面器を
浸けておくとかね。

 

もう一つ言えるのが
やはり早起きでしょうか。

 

朝の時間を有効に使えますし、
午前中は脳みそが疲れていないので
何でもちゃちゃっと
やれるような気がします。

 

それに引き換え、ゆっくり寝坊した朝は、
だるくて何もする気が起きず、
結局ダラダラ
過ごしてしまっているように思えます。

 

一日も短く感じてしまうし。

 

たまに、ゆっくり寝るのは
構わないと思いますが、
できるなら朝は早起きしたいものですね。

 

親と同居の時の家事分担

私は親との同居の経験はないのですが、
年末年始等、
泊まりに行った時のことを思い出すと、
夫の実家に行った際には
全部家事は任せてもらっていました。

 

台所に立つ女性は
一人でいいってのいうのが
私の持論なもので・・・

 

というのも、喧嘩、衝突しないためにも、
どちらか一人がやった方が
いいと思うのです。

 

そしてもしお姑さんがやってくださったら、
「ありがとうございました」の
一言を言いましょう。

 

「親しき仲にも礼儀あり」といいますでしょう。

 

やってくれて当然、
アタシは働いているんだから~
なんて考えは捨てて、
やはり、何事もうまく回らせる為に
感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

 

自分の親との同居では
また気持ちが違ってくるかもしれませんが、
やはり感謝の気持ちだけは忘れずに

 

実の親だとどうしても
なぁなぁになりがちですよね。

 

甘えも出てくるけど、
きちんとすべきところはしましょうね。

 

両方のご両親共、一緒に暮らすと
大変なこともあるかと思いますが、
やはりぐっと抑えて、
言う時にはちゃんと
筋道を立てて話せるよう、
感情でものを言わないようにしましょう。

 

一度言った言葉は消えませんよ。

 

まとめ

家事はしだしたらきりがありません

 

ですが手を抜こうと思っても
どこまでも抜けるのが家事です。

 

その線引きをどうするかはあなた次第です。

 

スキマ時間を作って、
少しずつやってもいいし、
どっぷり家事に浸るのもいいでしょう。

 

お子ちゃまが小さい頃は
中々自分の思うようにことが進まず、
イライラもするかもしれませんが、
なるようにしかならない。
え~い、ままよっ!と
開き直るものアリかもしれません。

 

たまには、だんな様に
お願いするのもいいでしょう。

 

いかにストレスを少なくして
家事をこなすか、
時間のやりくりは人それぞれなので、
いろいろと試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました