冷凍のご飯をお弁当に入れるのは安全?危険?前日の正しい仕込み方法!

スポンサードリンク

スポンサードリンク





ご飯って、
ちょうどの量を炊くことは
難しいですよね。

家族の人数にもよるし、
誰がおかわりするかわからないですし…

足りないと困るので、
いつも少し余るのではないでしょうか。

少しずつ溜まっていく余りのご飯。

「もったいないので
冷凍して保存しておこうかな?」

と考えることもありますね。

でも、冷凍したご飯を
また温め直して食べるのって、
あまり美味しくないな、
というイメージはありませんか?

ましてやお弁当には使えなさそうですよね。

味もさることながら、
お腹を壊したりする
原因にはならないでしょうか?

そもそも「古いご飯」なわけですから。

冷凍したご飯を普通に温め直して食べると
美味しくないです。

これには科学的な理由があります。

ですが、冷凍ご飯の特徴を知って、
温度や水分、ちょっとした工夫をすれば
美味しいご飯に甦らせることができます!

お弁当に詰めることもできます!

お弁当のご飯は、
炊きたてを詰めるのが
一番美味しいということは確かなのですが、
余ってしまった冷凍ご飯を
有効活用する方法もあります。

傷まないよう気をつけて
前日から詰めておくことができれば、
朝の時短に役立ちますね。

これから、
冷凍ご飯を再加熱する場合の注意点や、
美味しく甦らせる方法について
考えていきます。

冷凍ご飯をお弁当にすると腐る?それとも腐らない?大丈夫なの!?

スポンサードリンク

冷凍ご飯をお弁当に入れても
腐ることはありませんが、
圧倒的に美味しくないです。

ご飯を炊くと、
米の中のデンプンがアルファ化して
粘り気が出てきて美味しくなります

このアルファ化したデンプンは、
ご飯が冷めると老化していってしまい、
粘り気がなくなってパサパサになり、
風味が落ちます

また、消化されにくくなるので
胃腸への負担もかかります。

アルファ化したデンプンが
劣化しやすい温度は
0から3度です。

これはまさに、冷蔵庫内の温度!

つまり、
ご飯を美味しく保存するには
冷蔵庫は不向きです。

前日のご飯をお弁当に詰めたいのであれば、
ご飯を冷凍保存してから
ちょっとしたコツを守って
再加熱するのがおススメです!

ご飯を美味しく解凍する方法は?炊き立てがよみがえるやり方!

まず、翌日食べるにしても
冷凍するご飯は、
炊きたてのほうが美味しいです。

1回に食べるくらいのご飯を
ラップで小分けにして冷凍します。

冷凍ご飯を電子レンジで
解凍する際のコツは
フタをしないことです。

タッパーなどの容器で
フタをして加熱すると、
水蒸気がフタに付いて垂れてくるため、
ベチャベチャになり過ぎてしまいます。

フタなしで冷凍ご飯を加熱すると
凍っていた水分が溶けて、
適度に周りのご飯に湿り気を与え
ふっくらさせてくれるのです。

電子レンジで冷凍ご飯を再加熱する際に
大事なポイントがあります。

それは、途中でほぐして混ぜ
温めムラをなくすことです。

電子レンジは
マイクロ波が水分を発熱させて
食材を温めます。

水は氷と比較し温まりやすいため、
冷凍ご飯の周りの部分が先に溶けて水になると
周りだけどんどん熱くなってしまい、
団子のような塊になってしまいます。

均一に温まるよう
途中でほぐす作業は
とても大事なのです。

元のご飯の固さや
ご自宅の電子レンジのクセを
把握することも大切です。

最初に2分くらい加熱したら、
ほぐして30秒、1分と追加していき、
ちょうど良い仕上がりのご飯にしてください。

「冷凍保存したご飯を保冷剤代わりにして
そのまま持って行き、
食べる頃までに自然解凍する」
というアイディアを時々見かけます。

溶けるまでの時間やその日の温度が
ちょうど良ければ大丈夫かもしれませんが、
菌の繁殖という点からは不安のある方法です。

冷凍して保存しておいたご飯は
再加熱してきちんと殺菌し、
よく冷ましてから
お弁当箱に詰めて持っていくのが
おススメです。

まとめ

ご飯を冷凍保存しておき
お弁当に利用することができます。

炊きたてのご飯を1回分ずつ
ラップに包んで冷凍し、
電子レンジで加熱します

冷凍ご飯を電子レンジで加熱する際には、
水滴でベチャベチャにならないよう
フタをせずに温めます

また、温めムラをなくすため、
途中でほぐす作業が重要です。